Amazon輸入実践記

【輸入転売の実績記(最終回)】コロナの影響がすごいので一度ストップします。

こんにちは。

輸入転売の鈴木です。

タイトルの通り、輸入転売の活動を中止することになりました。

原因は、世間を騒がせまくっている「コロナウィルス」です。

僕の仕入先はコロナ発祥地の中国ではなくアメリカなので

「アメリカから仕入れなら大丈夫だろ」

といった声も上がるかもしれませんが、そんなことはありません。

というのも、実は、

コロナの感染者数が一番多い国はアメリカだからです。

今回は輸入転売に関係ありませんが、コロナウィルスのお話をさせて下さい。

こいつらはウィルスのくせに、

生命力はセミと同じくらいあります

それに加えて、

驚異的な感染力もあります。

 

こちらの実践記が初めての方へ、

僕はこんなゴールとルールで輸入転売を進めていました↓

輸入転売プロジェクトのゴール

1週間にかける時間を2時間以内にして、月利10万円

輸入転売のルール

①1週間にかけてもいい時間は5時間

②軍資金は100万円スタート(外注費含む)

③仕入れに使うカードはアメックス

(締め日:月末、引き落とし:カード利用日の翌月27日)

④仕入れ先は欧米Amazon、販売先は日本Amazon

 

【注意】今回は輸入転売のお話はほぼありません。

コロナウィルスとは?

中国発祥のコロナウイルスは7種類あります。

そしてその中のほとんどが、症状としては軽症です。

今世間を騒がせているウイルスは「新型コロナウイルス」です。

世間を騒がせているのは新型コロナウイルス

七種類のコロナウイルスのうち、

問題になっているのは「新型コロナウイルス」です。

症状としては、以下の二つです。

・重症急性呼吸器症候群

・中東呼吸器症候群

漢字ばっかでわかりずらいですが、

言い換えたら「肺炎」です

つまり、コロナウイルスにかかると肺炎になります。

セミ並みの生命力

コロナは他のウイルスと違って、生命力が非常に高いです。

インフルエンザは1日で死滅すると言われているのに対し、

コロナは、付随した物質にもよりますが約1週間近く生き残ります。

成虫になったセミと同等の生命力です。

つまり、コロナの菌を持った人が触った個所には、

1週間菌が残り続けるということです。

水盤の蛇口、電車の中のつり革、、、

みんなが頻繁に触るところは危険です。

コロナウィルスはどうやって感染するの?

コロナウイルスには大きく分けて二パターンの感染方法があります。

飛沫感染(ひまつかんせん)

飛沫(飛沫)とは、くしゃみ・咳・つばどのことです。

そして飛沫感染は、

飛沫によって飛んできたウイルスが体内に入って感染することです。

インフルエンザとかも飛沫感染ですね。

病人の近くにいて病気が移るのもだいたいこれです。

接触感染

接触感染はその名の通り、

ウイルスとの接触で感染することです。

感染者が触ったドアノブや手すりなどについているウイルスからも、

感染することがあります。

コロナウィルスにマスクって意味あるの?

コロナウイルスにマスクって意味あるかどうか。

これはよく聞きますよね。

予防としてのマスクはほとんど意味がない

少し驚いた方もいるかもしれませんが、予防としてはほぼ意味がありません。

なぜかというと、、

コロナウイルがマスクじゃ防げないサイズだからです

 

一般的なマスクの網目は10~100μmに対して、

それに対してウイルスは0.1μmです。普通に通り抜けてきます。

 

さらにコロナは、口や鼻だけが入り口ではありません。

コロナウイルスは「目」からも感染します。

なので、

「マスクすれば無敵!」

なんてことは全くありません。

感染者が菌のばら撒きを抑えられる

上記を読むと、

「じゃあマスクってする意味ないじゃん」

と思うかもしれませんが、意味がないわけではありません。

マスクは予防する人というよりは、感染した人に着けて頂きたいものです。

マスクをつけることによって、

飛沫の広がりをある程度防ぐことはできます。

なので、感染者が増える確率を減らすためにも、

未感染者よりも感染者にマスクをしてもらいたいです。

コロナウィルスを予防するには?

上記でお伝えした通り、コロナの感染力は非常に強いです。

人込みを避ける

当然ですが、人込みは菌だらけです。

用事の無いときは極力、人込みを避けましょう。

みんなが触りそうなものに直接触らない

みんなが頻繁に触るようなものはなるべく触らないようにしましょう。

手すり・ドアノブ・電車のつり革・スイッチ・ボタン…

これらの物はなるべく素手で触らないように気を付けましょう。

手洗いの頻度を上げる

人間は一日にたくさんの物に触れます。細菌だらけです。

帰ってきたら手洗いを徹底して、なるべく清潔に保ちましょう。

ぜひ、潔癖症になってください。

マスクを使うよりよっぽど効果的です。

まとめ

コロナウイルスは非常に強い感染力を持ったウイルスです。

予防にマスクはほとんど意味がありませんが、飛沫を広げないのには十分効果があります。

人込みの多いところはなるべく避けて、手洗いの頻度を上げましょう。

今後の動き

コロナはゴールデンウィークまで続くと言われていますが、個人的にはもっと続くと思っています。

残念ですが、コロナが落ち着くまでは輸入活動を控えます。

落ち着いてきたら再開予定ですので、良かったらまた見て下さい!

それでは、失礼します。。