Amazon輸入実践記

【輸入転売の実践記②】新規アカウントで20万近く購入したらUSAmazonアカウントがロックされた。

こんにちは!

最近輸入転売をスタートした鈴木です。

先週は実践記を更新できず、すいませんでした。。

言い訳になってしまいますが他の業務に追われてしまい、記事の更新まで手を回せませんでした。。

さて、それでは気を取り直して報告していきます!

この2週間も、なかなか大変な2週間でした。。

外注さんを教育したり外注さんように資料を作ったり、

Amazonアカウントがロックされたり、

とにかく作業量が多く、以前決めたルール①の時間制限をさっそく破ってしまいました。

作業時間は5時間を軽く超しました。。

スタートアップということで許してくださいw

前回の記事が気になる方は以下からチェックしてみて下さい!

【輸入転売の実践記①】輸入転売ビジネスって儲かるの?気になったから軍資金100万で始めてみた。初めまして、こんにちは! 物販naviの管理をしている鈴木です。 今回は新規プロジェクトとして、輸入転売をスタートすることに...

 

ちなみにこんなゴールとルールで進めています↓

 

輸入転売プロジェクトのゴール

1週間にかける時間を2時間以内にして、月利10万円

輸入転売転売のルール

①1週間にかけてもいい時間は5時間

②軍資金は100万円スタート(外注費含む)

③仕入れに使うカードはアメックス

(締め日:月末、引き落とし:カード利用日の翌月27日)

④仕入れ先は欧米Amazon、販売先は日本Amazon

文字数が多くなってしまうので、

この記事ではアカウントがロックされた話を中心にさせて頂きます。

外注さんの教育についての報告は、また後日ご報告します(^^)

USAmazonの購入アカウントがロックされた

早速ですが、残念なことが発生しました。

商品を仕入れた翌日に、仕入れた商品を確認しようとUSアマゾンにログインしようとしたら以下の画面が表示されました。

 

 

「え、アカウントがロックされてるじゃん!なんで!?」

僕には英語はよくわかりません。ですが、アカウントがロックされたことは一瞬で理解できました。

合わせて以下のメールもAmazonから届いていました。

 

 

英語が苦手な僕は、グーグル翻訳を頼って文章の内容をとにかく把握。

 

どうやらメールの内容は、

「請求先の住所があってるか確認したいからカードの情報がわかる書類出せ」

という内容でした。

なんでアカウントロックされたんだろう。。

アカウントロックの原因予想

「請求書の確認?不正でもなんでもないのになんで?」

とパニック状態でしたが、少し思い当たる節がありました。

新規アカウントで高額の仕入れ

会社で昔使っていたUSアカウントがあったのですが、新規プロジェクトということで新しい購入用USアカウントを作成しました。

そして作成した直後に、

20万円近くの商品仕入れしましたw

($1≒110円)

確かにこんな額を、新規アカウントで一度に購入したら怪しくもなるよね。

請求先とカード情報の差異

アカウントの登録情報を確認したら、

仕入れの請求先住所がアメリカの代行業者

仕入れに使ったクレジットカードの請求先情報がうちの会社

になっていました。

一番の原因はこれっぽいですね。。

アカウントに登録されている請求先と支払いに使っているカードの請求先が違っていたら、止められても面白くないですよね。

それと、アカウントの登録名義が僕で、カードの請求先名義が社長の名義でした。

求められているクレカ情報の提示ができない

とにかくAmazonから言われた通り、クレジットカードの情報を提出することに。

僕のカードではなかったので、社長に事情を説明してカードの情報をお聞きしたところ、

 

「最後にカード使ったの半年以上前だよ。だから書類用意するの難しいかな」

 

と言われてしまいました。

「え、どうしよう。。とりあえずAmazonに問い合わせてみるかー」

と考え、Amazonにメールを送って様子を見ることにしました。

アカウントがロックされても商品は届いた!

アカウントがロックされてしまったので、

「購入した商品てたぶん届かないよね。。」

と、少し落ち込みムードになっていたところ、こんなメールが届きました。

 

これ、ロックされたアカウントで仕入れた商品じゃん!

「delivered」って配達済みってことじゃん!

 

はい、アカウントがロックされていても商品は出荷されていました。

確認のためにアメリカの代行業者に聞いてみても、荷物は届いているとのことでした。

商品は全部出荷されなかった。届いたのは9箱中5箱

「アカウントがロックされても商品は発送される」

思い込んで安心していたところ、今度は急に商品が届かなくなりました。

おや?到着予定日過ぎてるのに、全然届かないぞ?

荷物は9回に分かれて発送される予定だったのですが、実際に送られてきたのは5回分。

商品数も少なく5商品のみ。

やっぱりロックされると発送されないのかなぁ。

そんなことを考えていたら、

以前Amazonにメールで問い合わせていたのを思い出しました。

問い合わせてもAmazonからの返事が来ない。

Amazonに問い合わせてから一週間が経過しましたが、

Amazonから全く返事がきません。。

僕にメールを送ってきたときには、

「24時間以内に返信しますよー」

みたいなことが書かれていたのですが、未だに何も連絡ありません。

僕の荷物はいったいどうなっているのだろうか。。

新規アカウントを作成して、仕入れ再開!

Amazonがお返事くれないので、仕方なく別のアカウントを新規で作成することになりました。

もしかしたら新規のアカウントも住所とかが紐づいてて、またブロックされるかも。。

という不安もありましたが、

Amazonの請求先情報とクレカの請求先情報を一致させれば大丈夫だろう!

という思いもあったので新規アカウントを作成して、仕入れてみることに。

このアカウントでもダメだったら、次は過去のアカウントを使って仕入れてみます。

今週の感想

アカウントの作成ミスでここまで面倒になるとは考えていませんでした。

やはり、お金が発生することに関してはミスなく記載しないとですね。。反省です。

それにしても、

スピードが取り柄なAmazonのメール対応が遅いことにびっくりしました。

日本のAmazonに何回か問い合わせたことありますけど、アメリカと違って毎回すぐに対応して貰えています。

アメリカの方が規模が大きい分、人手が回っていないのかな?

来週の動き

来週はアカウントの様子見ること以外は、ひたすら外注さんの教育します!

作業は一通りお伝えしてあるので、その完成度を高める作業です。

・仕入基準の把握(仕入れ時の注意事項なども)

・リサーチ方法

の把握をメインに進めていきます。