ヤフオク転売

ヤフオクで商品が売れない場合に改善すべきポイント

ヤフオクはamazonとは違い、商品ページを
一から作らないといけません。

商品画像を用意して、商品説明文を作成したり
商品のタイトルを考えないといけません。

少々難易度が高くなりますが、ここの部分で
押さえるべきポイントを押さえておかないと
ページのアクセスが伸びないし、入札もされません。

問題なくキチンと高値で入札されていれば問題有りませんが
アクセスが集まらない、、
安値でしか売れない、、
といった、お悩みを抱えている方は、以下の部分を
改善して頂ければ大幅に変わりますので、是非実践してみて
下さい。

タイトルを見直す

ヤフオクのユーザーがまず最初に検索ボックスから
欲しい商品を検索します。

どれだけ良い商品が安く販売されていても検索で引っかからなければ、
売れる事は有りません。

検索でヒットするかどうかは、タイトルのキーワードで
ほぼ決まります。

商品のブランド名、型式は勿論ですが、サイズ、容量
カラー、年式など購入を検討している人が知りたいと思う様な
情報は全て入れるようにして行きましょう。

ヤフオクのタイトルで設定できる文字数の上限は
65文字なので、思いつくキーワードは、沢山入れるように
してみて下さい。

商品画像を見直す

消費者は、検索でヒットした多くの商品の中から選ぶ際に
一番良く見るポイントは、画像です。

特に中古の場合は、商品本体の状態を確認するために
重要視するポイントです。

落札後のトラブルを防ぐために傷が有るか否かは
キチンと画像に残す必要がありますが、なるべく
背景等は綺麗な方が入札されやすくなります。

業者に依頼すれば一発ですが、不用品を販売されている
方はなるべくコストを掛けずに、改善をして行くことを
お薦めいたします。

具体的なやり方としては、画像の背景を白にする、窓際で
自然光を取り入れて明るくするだけで大きく変わりますので
コチラをぜひ試してみて下さい。

開始価格の見直しをする

設定する価格が余りにも高すぎると、入札が入りません。

逆に安くしすぎると、利益が出ないので絶妙な所で
価格設定をして行かないといけません。

オークファンで過去の落札金額を調べれば、相場をある程度
把握する事が出来ます。

過去の落札金額なので、どれだけの需要が合って、
幾らで購入しているか?が分かります。

相場通りの価格で開始値を設定して頂ければ
高い確率で購入されます。

また、商品を仕入れる際に利益の目安として把握するための
指標にもなりますのでオークファンは非常に使えるツールなので
是非使ってみて下さい!