中国輸入

並行輸入品と正規輸入品の違い

amazonでは、正規輸入品と並行輸入品を明確に分けていて
並行輸入品は、商品タイトルに必ず記載するように義務付けています。

並行輸入品である事を知らずに購入した消費者が
代理店に修理や部品交換の依頼をしたときに知ると、
amazonの信頼を落とすことに繋がってしまいます。

amazonは顧客とのトラブルやイメージダウンを嫌いますので
規約で厳しく制限を設けています。

どのような商品が並行輸入品として定義づけられているかなどを
今回はご説明していこうと思います。

並行輸入品の定義

並行輸入品とは、メーカーが認める正規輸入代理店以外のルートで
国内に輸入された商品を差します。

一般的にはメーカーの日本法人か、総代理店、代理店などから
仕入れた商品以外の商品は全て並行輸入品となります。

一般的に海外amazonや、ebay等で仕入れをする際には
全て並行輸入品となりますので、出品する際にはご注意ください。

メーカー、代理店は並行輸入品のトラブルが続出しているため、
中には並行輸入での出品を禁止しているものも有りますので
詳細はamazonのヘルプページから確認をお願いします。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/?nodeId=200940690

購入者側からい見た並行輸入品のメリットとデメリット

並行輸入品は正規輸入品よりも安価で販売されている場合が
非常に多いです。

正規品と同じ商品が2割~3割安い金額で販売されているので
消費者としたらココは大きなメリットとなります。

しかし、安く販売されているのには理由が有ります。
それは、
・メーカーの国内補償や修理サービスが受けられない
・正規代理店商品と異なり国内の使用に制限が有る
などのデメリットが有ります。
そのほかにも、PSE認証や電波法の義適マーク等の
許可が取れていない商品の場合は日本で使用する事が
出来ない場合や、法律に違反して取り締まられる可能性も
有ります。

基本的にトランシーバーやブルートゥース商品は電波法に
違反しますし、コンセントが付いている物や、リチウムバッテリーは
全てPSE規格に反しています。

勿論、販売者側にも責任が及びます。
これは法律的にもそうですが、アマゾン側にも警告や
アカウント閉鎖などの処置を取られますので扱いには注意を
お願いします。