OEM

中国輸入ビジネスで稼ぐ方法

amazonを販売先とした転売ビジネスは少額資金から
スタートできるのでサラリーマンの方が副業で取り組まれる
ビジネスとしては最適です。

主な仕入れ先は国内、海外を問わず沢山あります。

輸入、輸出、せどり、国内転売などその手法は沢山ありますが、
中でも中国のタオバオやアリババで販売されている商品は
単価が安く、高回転で販売をする事が出来ます。

その為、少額資金でスタート出来ますし、資金の回転率も
良くなります。

相乗り出品

相乗り出品とは、amazonの既存ページに出品する方法です。

ノーブランドと記載されている商品だったり、他者がOEM商品として
登録したページに出品をします。

既に有る商品ページに出品するので、キチンとリサーチをして、売れ行きと
利益率を確認してしまえば、比較的に短期間で販売する事が出来ますし、
結果も出やすいです。

ただし、商品にロゴが刻印されていたり、オリジナルパッケージの商品に
出品すると規約違反になりますのでご注意ください。

中国商品のリサーチ方法はコチラ

相乗り出品をする際の注意点はコチラ

相乗り出品の欠点

相乗り出品は上記の通り比較的に短期間で結果が出るため、
参入者が非常に増えやすいです。

参入者が増えると、どうしても価格競争になるので販売数も
利益率も減ってしまいます。

相乗り出品の場合は、常に新しい商品を探しながら、競合と
価格競争をしながらの販売になりますので継続的に稼いでいくことが
困難になります。

簡易OEM商品

中国の相乗り出品で利益を出せるようになったら、次は簡易OEMを
して行きましょう。

amazon中国輸入における簡易OEMとは、一般的なOEMとは少し違います。

具体的には、中国のタオバオやアリババで販売されているノーブランド商品に対して、
商品ロゴを刻印したりオリジナルのパッケージを作成して、他者が参入できない様に
商品を差別化して販売する方法を指します。

パッケージやロゴの刻印は、数十円程度のコストで出来ますので、
リスクは非常に低くなります。

是非挑戦してみて下さい!

簡易OEMのやり方はコチラ

OEM商品を相乗り出品された際の対応方法

気をつけるべきポイント

海外の商品を輸入するうえで注意しないといけないポイントは
輸入する際に規制が掛るモノ、販売するうえで許認可が必要な
商品が有ります。

法令に違反した場合は罰則等の処罰を取られる場合も有ります。

「知りませんでした」では済まされない問題なので十分注意を
して頂きますようお願いします。

電波法についてはコチラ

PSEマークについてはコチラ

食品衛生法についてはコチラ

海外から日本に発送する場合に気をつけないといけないのは
日本に輸入する事が禁止されている商品と、航空輸送が
出来ない商品については扱いを控えるという所です。

特に中国製品は品質が悪い事も有り、欧米では航空輸送が可能ですが
中国製品では禁止される場合が多い事も有ります。

中国から航空輸送が出来ない商品

輸入禁止商品はコチラ

マルチプラットフォーム化

amazonで商品登録をしてから売り上げが立つまでに時間が掛りますので、在庫商品を
抱えていてもお金を生まないのでamazonだけではなくヤフオク、メルカリ、
ヤフーショッピングなど、販売できるぷらっとふぉーむすべてを駆使して
販売していきましょう。

販売手数料もamazonと同等かそれ以下で販売出来ますし、アカウントを作るのに
初期費用等も一切掛りませんので、リスクゼロで出来ます。