クラファン

【実践記①】海外商品を輸入して国内でクラファンしてみた

こんにちは、立石です。

突然ですが、クラウドファンディングはご存知ですか?

クラウドファンディングと言われて

「何のことかまったく分からない」

という人は少数なんじゃないかと思うくらい

2018年前後から一気に世間にも浸透した資金調達方法。

 

そうです、もう答えを書いてしまいましたが

クラウドファンディングは「資金の集め方」の1つです。

 

「これからビジネスを立ち上げる!」

といったスタートアップの企業や個人の場合は、銀行などから資金を調達することが難しいこともあります。

そこで、

 

たくさんのお客様(CROWD)から

資金を少しずつ調達(FUNDING)する

 

という新しい資金調達手段の1つとして行われてきたのが

クラウドファンディング=クラファンです。

日本でも盛んに行われるようになったのが2018年前後くらい。

 

そんなブームにガッツリと乗ることを決めた私。

 

私は元々国内外での物販ビジネスを行っていたため、選択肢としては

1.海外の商品を輸入し国内でクラファンする
2.自社で新しく作った商品を国内外でクラファンする
3.日本の商品を海外でクラファンする

という3つがありました。

 

クラファンは聞いたことがあって、

「クラファン用のプラットフォームで売ればいいんだろうな~」

程度の薄い知識しかなかった私は

【まずはクラファンで売れる経験をしよう!】

ということで、上記選択肢の中からは比較的簡単であろう
(過去の事例が見つけやすいであろう)

1.の「海外商品を輸入し国内でクラファンする」から取り組むことに決めました!

 

「とりあえずクラファン知らないからやってみよう」

そんなふわっとした気持ちから始めたクラファンですが、

今ではクラファンで売上を立てるための方法もマスター。

 

現在は、

クラファン→ECサイト

クラファン→店舗への卸

という流れを綺麗に作り込む段階にシフトしています。

 

この実践記では私が経験して分かった、

クラファンでプロジェクトを成功させる秘訣

をお話させて頂きます。

 

記事は週1ペースで更新予定なので、続きは来週記載します。

それでは!