ebay輸出

無在庫転売におけるamazon以外の販路について

輸入・輸出を問わず、無在庫転売をする場合はamazonを使ったほうが
最も短期間で結果が出やすいと言えます。

amazonは集客力が有りますし、商品ページの作成等はしなくてもだれでも
出品し販売する事が出来るので初心者の方でも比較的簡単に結果をだせます。

しかしながら、amazonに依存しすぎるとアカウントのリスクにさらされる
事になります。
amazonのアカウントが無くなってしまったら翌日から収入が無くなってしまいます。

今回の記事では、amazon以外で無在庫転売を行う方法についてご紹介をさせて
頂きますのでぜひ、参考にしてみて下さい。

輸入

ヤフーショッピング

ヤフーショッピングは出品手数料や販売手数料が0で販売する事が出来るので
非常に良い市場であると言えます。

また、集客力も高いため、出品数を増やせば大きな売り上げを見込む事が出来ます。

amazonと比べて出品作業と価格改定作業、商品登録が非常に多くなってきます。

例えば、amazonは既存のページに出品するだけでいいですが、ヤフーショッピングは
商品ページを作成するところからスタートしなければいけません。

数万商品単位で大量出品するとなると、手動での作業では追いつかなくなります。

その為、出品作業はCSVでの一括登録になります。

amazonに出品している商品をそのまま商品画像や、商品説明文をamazonから
流用して作成するのが一番手っ取り早い方法になります。

その為には、画像URL、商品説明文、商品タイトルの情報をダウンロードする
ツールを作成する必要が有ります。

クラウドワークスで依頼すれば5000円程度で作成する事が出来るので
チャレンジしてみて下さい。

しかしながら、amazonの画像を流用すると著作権の問題も出てきますので
こちらは自己責任で対応するようにして頂ければと思います。

楽天

楽天は、amazonと肩を並べるほどのショッピングサイトになります。
出店する際の手数料が割高になるので、amazonと比べて参入者が少ないぶん
稼ぎやすいプラットフォームであると言えます。

出品方法はヤフーショッピングと同じようにCSV形式で出品をします。
商品説明文や、画像をamazonのモノを流用するようでしたら、ヤフーショッピングで
使ったツールをそのまま流用すればオッケーです。

そのため、amazonとヤフーショッピングで実績と資金を作ってから
参入する事をお薦めいたします。

輸出

ebay

輸出の場合は、世界的なオークションサイトである、ebayがお薦めです。

ebayは、アメリカだけではなくヨーロッパやアジアなど全世界が販売対象の
国になります。

大量出品するためには、リミットアップが必要なので売り上げが上がるまでに
amazonと比べると時間を要する事が多いです。

その為、先ずはamazonで実績を作りながらebayでアカウントを育てると言った
流れで進めて頂ければと思います。

リミットアップが一番の障壁になりますが、通訳を雇うか手数料を
支払ってリミットアップ代行会社に依頼する事をお薦めいたします。