Amazon輸入

輸入・輸出ビジネスで資金は必要?

輸入・輸出ビジネス問わず、商品を販売する以上は、販売する商品を
仕入れないといけません。

セールスページやメルマガ等では、【資金不要で稼げます】と
言っていますが、商品を現金でもクレジットカードにしても
仕入れをしないといけないので、多少なりとも資金は必要になってきます。

しかし、手法によっては大金が必要なやり方も有りますしが
最小限の資金で大きな金額を稼ぐ手法も実際には御座います。

今回の記事では、少額資金で勝負できる輸入、輸出について
ご紹介をして行きたいと思います。

有在庫転売

在庫を持つ以上、商品が売れない限りは利益確定しないですし
現金化が出来ないので、在庫リスクを抱える事になります。

支払いは、クレジットカードやペイパル、キャッシュフローが悪くなりがちです。

クレジットカードで仕入れたとしても、決済日までに販売をする事が
出来なければ、手持ちの現金を支払う事になりますので
現金ゼロで運用する事は至難の業です。

早期に現金化をしたいと考える方が多いので、比較的に値下げ競争に
なりがちです。

在庫を抱えるリスクを抱えるとともに、激しい値下げ競争が
起きるため、利益を出しにくくなります。

参入障壁が低く、定額資金から出来るので初心者向けのビジネスなので
最初のうちに経験を積んで、代理店やOEM等の仕入れの上流に行く事を
視野に入れて取り組んでみて下さい。

無在庫転売

無在庫転売はその名の通り在庫を持たないので、在庫リスクを抱える
事は皆無です。

また、売れてから仕入れて、クレジットカードで仕入れをするため
クレジットカードの支払いよりも売り上げの入金が先に来ます。

無在庫転売は実質資金ゼロで、ビジネスを運用する事が出来ます。

資金ゼロ、在庫リスクゼロで出来ますがリスクが全くないわけでは
有りません。

どんなリスクが有るかと言いますと、アカウントのリスクになります。

amazonの場合は、アカウントサスペンドになった場合は
90日間支払いが留保されますし、メルカリの場合は入金予定額が
全てキャンセルされてしまいます。

キチンと規約を守って顧客対応や商品発送をしなければアカウント閉鎖の
憂き目にあいますので十分ご注意ください。