輸出ビジネス

amazonで同じ理由で2回アカウントが一時停止された場合の対処法

規約に違反する行為が有ると、amazonから警告が来ます。
いきなりサスペンドになってしまうケースも有りますが、
17日間の一時停止措置を取られるケースが非常に多いです。

アカウントが一時停止になると、17日以内に同じ違反が出ない様な
改善案を提出する必要が有ります。

提出した改善案に対して問題なければアカウントの再開をする事が
出来ますが、ダメな場合は再度修正をすれば再開の可能性が有ります。

アカウント再開後の対応

提出した改善案の通りに運用をして行けば、同じ違反は起きないと
amazonが判断して頂いたので、アカウントが再開される事になります。

その為、アカウント再開後については、amazonに提出した改善案を元に、
再発防止に努めなければいけません。

アカウントが一時停止される原因としましては注文不良率悪化や、
知的財産権が多いので、改善案に応じた対応をお願いします。

同じ理由でアカウントが一時停止した場合どうなるか?

一回目が注文不良率悪化、二回目が知的財産権という内容であれば
改善案を提出すれば十分にアカウント再開の可能性はあります。

しかし、同じ理由で二回アカウントが一時停止になった場合は
再開は殆ど不可能であると考えて頂ければと思います。

それは、前回停止した時に作成した改善案について十分に徹底されず
同じ規約違反をした事になります。

再開されるケースも少なからず有りますが、ほぼ間違いなく
永久サスペンドになると考えて頂ければと思います。

本来であれば1回でも警告が来るだけで重大問題であると認識
されます。

一時停止になる前にまた、何度か警告が来ますので、
その都度、改善するように徹底して頂ければと思います。