Amazon輸出

amazon輸出ビジネスで気をつけたいFDA

輸入ビジネスは日本の法律に準拠して輸入・販売をすれば大丈夫ですが、
輸出となれば、その国の法律を守る必要が出てきます。

輸出する国によって法律や商習慣などが大きく違うためビジネスを
始める前に対象国について調べる必要があります。

日本では認められている事でも海外では禁止の物も有るので
非常に厄介です。

法律的に認められていない商品を扱った場合は商品が
返却されてきたり、場合によっては滅却処分となる場合が
あります。

アメリカamazonの輸出を実践されている方が非常に多いと思いますので
今回は、FDAについてご紹介をして行こうと思います。

amazon輸出ビジネスに関する詳細はコチラ

FDAとは

FDAとは、アメリカ食品医薬品局で食品・医薬品・化粧品の安全を守る公的機関で
販売などの許可や違反品の取り締まりをしています。

日本の厚生労働省に当たる機関です。

ご存知の方も多いと思いますが、日本では食品衛生法や薬事法でガイドラインや許認可などが
制定されており、厚生労働省が最終的な取り締まりをされています。

FDAとはこれのアメリカ版だと思って頂けるとイメージしやすいのではないかと思います。

先に書いた通り、食品・医薬品・化粧品・日用品等、アメリカ国内で販売される商品については
FDAの認証が必要になってきます。

アメリカamazonで良く売れる商品としては、コンドームやローションなど
食品や化粧品など多岐にわたりますが、出品して販売しているセラーの殆どは
FDAの認証を得ないまま販売している方が非常に多いと思います。

後々トラブルになれば「知りませんでした」では済まされない大事に至るケースも
有りますのでキチンと理解の上、認証が必要な商品は扱わないか、認証を取って
販売するようにお願いします。

FDA認証を受けずに販売した場合

化粧品や食料品、医薬品関連商品はFDAが定める
許認可を取得する必要が有ります。

FBAに納品した場合は商用扱いになるため、取り締まりや
処罰が厳しくなります。

やり方によってはamazonやebayでもアメリカ向けで販売を
する事が可能ですので以下のURLを参照いただければ幸いです。

amazonの出品規約と気をつけるべきポイント

amazonやebayでFDA商品を販売する方法

通関

アマゾンでFDAの認証が必要な商品を無許可で販売しているセラーさんは何人か
いらっしゃいますが、そもそも認証が必要な商品を海外へ輸出しようとしたら
まず通関で止まってしまいます。

通関で止まってしまうと、FDAに準拠している事の書類を求められますが、
許認可がないセラーさんの荷物であれば、輸出する事が認められないため
発送元へ着払いでの返送となります。

しかし、通関も全ての箱を開けてチェックをする事は行っていないので、
割と通関が通ってしまう事が多々あります。

競合セラーの通報

運悪く通関が通ってしまってamazonのFBAに納品されて販売されてしまった場合
まず、キチンと認証を取って販売しているセラーから通報される可能性が有ります。
大きなコストを支払って許認可を得ていますので、自分たちの利益を守るために
無許可のセラーを排除するのは当然の動きになってきます。

通報されてしまった場合は、通関の時と同様で書類を求められます。
承認を取らずに販売しているわけなので、提出しろと言われても出来る分けが
有りません。

そうなると、最終的には、アマゾンに出品している商品は販売が出来なくなります。

在庫の返送・破棄

全てFBAから回収をするか、破棄するかのどちらかになります。

悪質な様であれば、罰金や営業停止の措置を取られます。
amazonであれば、アカウントの閉鎖に追い込まれてしまいますので
注意が必要です。

ちなみに、アメリカFBAから返送しようとしても、アメリカ国内の住所にしか
発送してくれません。

その為、転送してくれる海外の個人と一時的に契約をするか、別で
MYUSの様な転送会社と契約をする必要が出てきます。

送料に加えて転送料や新規契約料金など無意味なコストが大量に
発生しますし、そこに使う手間を考えると損失は計り知れないと思います。

このように膨大なコストを支払って日本へ返送するか、アマゾンで破棄するかの
2択を迫られるわけです。

不可商品を発送した場合の諸経費と損失についてはコチラ

FBAに商品を納品して販売する際の注意点はコチラ

カスタマーからのクレーム

また、一番厄介なのが購入者からのクレームです。

化粧品を使って肌荒れした等のトラブルが発生すると訴訟問題にまで
発展します。

もし、FDAの認証がないまま販売してトラブルが発生した場合は
億単位の損害賠償にまで発展しますので、くれぐれもご注意ください。

最後に

FDAの認証が必要な商品は、許認可をとるためにハードルが高いので
ライバルセラーが少ないため、差額が有るうえに高回転で販売できますので
思わず仕入れたくなります。

しかし、許認可がないまま輸出をしようとすれば、通関で止められてしまいますし
運悪く通関が通ってしまった場合はライバルセラーからの通報等が有り
amazonで販売する事が出来なくなってしまいます。

そして、最悪のケースとしては、訴訟になり億単位の損害賠償を
求められることも考えられます。

通関で止まった場合、アマゾンで販売できなくなった場合、
訴訟問題になった場合の損失を考えると取り扱わない方が良いと
言えます。

くれぐれもご注意をお願いします。

今回はFBAや実店舗への販売を想定した説明をさせて頂きましたが
amazonやebayでもアメリカ向けで販売をする事が可能です。

詳細は以下のURLを参照いただければと思います。

amazonやebayでFDA商品を販売する方法