Amazon輸出

Amazon輸出をアジア向けに実践することのメリットとデメリット

Amazon輸出でアジア向けに商品を出品するメリット

Amazonは世界中の各国で展開されているECのプラットフォームです。

アメリカ、カナダ、欧州、豪州などに向けてAmazon輸出を行っている実践者は多いです。

初心者の方でも副業でも稼げるのがAmazon輸出です。

市場規模とネットビジネスの中で情報が多いのは、

・北米(アメリカ、カナダ)

・欧州(イギリス、フランス、ドイツetc)

・豪州(オーストラリア)

ですよね。

どんどん実践者も情報も増えてきており、特に米国への輸出に関しては成熟期にあると言えます。

それに続いてヨーロッパやオーストラリアなどに輸出を開始する方も徐々に増えてきている状況です。

その次に続くのが日本、中国を含むアジア圏のAmazonのマーケットプレイスへの輸出になります。

今後アジアへの参入を考えている方もいらっしゃるかと思います。

こちらの記事ではAmazon輸出におけるアジアへの参入することのメリットとデメリットをお伝えしようと思います。

 

Amazon輸出をアジア向けに行うことのメリット

アジア圏のAmazonのプラットフォームは現在、日本と中国になります。

それぞれにかなりの顧客を抱えている状況ではありますが、それぞれ独自のシステムを使用して運営されています。

Amazonという限られた市場で考えれば、米国や欧州、カナダなどと比べればかなり閉鎖的なシステムであると言えます。

その中で、現在Amazonではインドでのサービス開始を予定しています。

かなりの数の技術者を採用してプラットフォームを構築しているとのこと。

インドの15億人という人口の市場に向けて商品を販売できるようになれば、かなり幅広い攻め方が出来るようになります。

また、アジアはインドだけではなく、シンガポールやタイ、ベトナム、マレーシアなどの新興国が数多くある経済圏です。

それらの各国でもAmazonは進出していくことになると思います。

そうなれば、これまでアプローチ出来なかった人達への販売を行うことが出来るはずです。

 

Amazon輸出をアジア向けに挑戦するデメリット

まだまだ情報が足りていないということが唯一のデメリットです。

間違いなく市場が大きいことは確かですし、サービスが開始された時点で参入することが出来れば利益を得られることは確かです。

最初の段階では情報が不足していて進めにくい部分があること。

ツールなどもまだ整わないなかでの実践になると思いますが最新の情報を取ることが出来れば大きな利益を取ることが出来るかと思います。

 

まとめ

アジアへのAmazon輸出はかなり期待度は高いと思います。

日本からの距離も比較的近い距離にあります。

また、これはかなり予測の部分になりますが日本のセラー向けにアジアに向けた輸出のサポートなどもある可能性があります。

事実、Amazonでは公式に、日本の中小企業向けに輸出の為の支援を行っています。

そういったサービスの拡充を期待出来るのもアジア圏のAmazonかと思います。

もし最新の情報などが入手できればこちらの記事を更新していきたいと思っています。