Amazon転売

Amazon転売 出品禁止の規約を対策して稼ぐ方法

Amazon転売で出品禁止の規約を対策して稼ぐ

「Amazon転売で確実に稼げる!」という言葉を信じで参入したあなたは、Amazon転売に成功していますか?

気合をいれて商品の仕入れをし、さて販売するぞーと張り切っていたのに……

「規約に違反していた!」

「出品禁止の商品を仕入れてしまった!」

なんてトラブルにあっていないでしょうか?

Amazonの規約が変更になってから、あなたと同じようなトラブルに合っている人が結構いるんです。

あなたが出品中の商品は大丈夫か、確認してください。

もし、怪しいなと思う商品があれば、まずは出品停止にしておきましょう。

「これ以上Amazon転売にかかわらない方がいいの?」

「もう諦めたほうがいいの?」

と、落ち込んでしまいまいましたか?

でも、大丈夫です!

まずは、規約上禁止されていること、Amazonの規約変更した部分をしっかりと理解することが必要です。

・どんな商品が出品禁止なのか

・個人からの仕入れはいいのか

・メーカーやAmazonから仕入れた商品はどうなのか

・Amazonで販売していい商品なのか

・新品なのに、新品として出品してはいけないのはどんな商品なのか

これらの疑問を解決し対策をすることで、Amazon転売で稼ぐことが出来るようになります。

大切なのは、規約違反しない信頼される出品者になることです。

Amazonから販売する場所を借りて、出品しているのだから、Amazonの規則に従うこと。

ここでは、出品が禁止されている商品を販売せず、Amazon転売で稼ぐ対策を解説していきたいと思います。

もし、あなたが「信頼される出品者になりたい」と思っているのなら、ぜひチェックしてみて下さい。

 

Amazon転売で規約上禁止されていること

稼ぐためには、Amazon転売で規約上禁止視されていることを、しっかりと理解するが重要。

では、規約上禁止されているのは、どのようなことなのでしょうか。

 

出品ガイドライン

売りたい商品がある場合、まずはその商品が制限対象商品に当てはまっていないか出品ガイドラインに沿って、チェックします。

【出品を禁止されている商品】

・安全ではない商品

・処方箋が必要な薬など

・ワシントン条約に違反する商品

・知的財産権・その他権利の侵害する商品

・偽造品

・不快感を与える商品

・リコールの対象となっている商品

中でも、Amazon転売では知的財産権・その他権利の侵害・偽造品に注意していきましょう。

 

知的財産権・その他権利の侵害

知的財産権やその他の権利を持つ商品を転売してはいけません。

簡単に言うと、人のアイディアや創作物を自分のものとして売ってはいけないということです。

たとえば、商品販売用の写真をネットから適当に拾って使うとします。

しかし、その画像がフリーの画像でなければ、著作権の侵害にあたります。

その商品者写真を撮った人から訴えられしまうかもしれません。

「そんなことで?」

と、思うかもしれませんが、知らないうちに侵害してしまっている可能性って高いんですよ。

もし、Amazon転売で知的財産権を侵害してしまい、それが発覚した場合は出品は停止されてしまいます。

そのままにしてしまうと、アカウント停止になる可能性が高いので気をつけましょう。

 

偽造品等の出品

偽造品の出品は、取り締まりが強いと言われています。

常識的に考えても、偽物を販売してはダメですよね。

自分は本物だと思って販売したけれど、実は偽物だったとしても販売してしまった自分に責任があります。

フリマやヤフオクなどで、ブランド物を仕入れて転売する時によく起きるトラブルです。

本物と証明できる商品を販売するようにしましょう。

 

規約変更で新品としての出品が禁止になった?

2017年9月に新品で出品する時の規約が変更され、3つの注意点が加わりました。

そのことで、「新品」で仕入れた商品の場合でも新品として出品できない商品が出てしまったんです。

3つを詳しく説明していきます。

1.個人から仕入れた場合(個人事業主はOK)

ヤフオクやメルカリなど個人間での仕入れの場合、新品としてAmazonで転売することは禁止となります。

販売自体がダメなのではなく、新品扱いでの販売が禁止ということなので、中古品やほぼ新品でのコンディションなら大丈夫です。

出品する時の、コンディション選びを慎重にしていきましょう。

 

2.メーカー保証のある商品の出品で、その保証を購入者が受けられない場合

メーカー保証が終わっているのにもかかわらず、新品で出品するのは禁止です。

家電量販店なので家電を購入すると、その日から保証の対象期間が始まりますよね。

本来なら1年間のメーカー保証が受けられるのに、その商品が売れたのが半年後だとすれば購入者が受けられるメーカー保証が半年になってしまいます。

直接メーカーや卸売業者からの仕入れなら問題はないと思うのですが、保証期間については確認してから出品しましょう。

3.Amazonから仕入れた商品

Amazonのタイムセールなどで格安で仕入れ、Amazonで新品として販売するとは禁止です。

もちろん、中古品としてなら出品は可能です。

1と3に関しては、一見バレなそうにも思いますが、取り締まりが強化されればバレる可能は高いです。

規則を守って安心してAmazon転売していきましょう。

 

出品者が出来る対策

知的財産権や偽造品を販売しないことを徹底しましょう。

少しでも疑わしいものは、販売しない。

少しでも怪しいな、どうかな?と思う商品があれば、Amazonのテクニカルサポートを活用してみるといいですよね。

新品の仕入れ先を、個人事業主や店舗に限定するなどの対策を取りましょう。

その際は、領収書や納品書を残しておくことをオススメしまうす。

Amazonで仕入れた新品の商品は、メルカリやヤフオクで売るなどの対策を取りましょう。

もちろん、Amazonでも中古として販売することは可能です。

でも、販売する場所はAmazonだけではないと思うことで、気持ちが楽になりますよね。

Amazonの規約の裏をかく方法ではなく、販売する場所を変えてたり、扱うジャンルを変えたりすることも必要であるということです。

 

Amazon転売で今後も稼ぐ為に必要なこと

出品者がやることは、Amazonの規約に素直に従って販売することです。

そして、購入者が気持ちよく買い物してもらう、購入者のイメージしたものをお届けすることが大切です。

なんとかしてライバルに負けないように、規約を無視して、嘘をついて稼ごうとしていると規約違反で捕まってしまいます。

アカウント停止になってしまい、たくさんの在庫が残ってしまったら困りますよね。

ルールを守ることが、しっかりと稼ぐポイントです。

また、この先も規約の変更はあると思うので、最新情報はチェックしておきましょう。

 

最後までご覧頂き有難うございます!