国内転売ビジネス

Amazon転売やせどりは違法なのか 実践者が気を付けるべきこと

Amazonでの転売やせどりは違法なのかを解説

「今やっているAmazon転売って、もしかして違法?」と心配になることありませんか。

せっかく始めた転売ビジネスも、違法と思われていると知ったら尻込みしてしまいますよね。

結論から申し上げて、Amazon転売やせどり自体は違法ではありません。

では、なぜ転売行為は違法だと思われてしまうのでしょうか?

例えば、大量購入したチケットを高額で転売して逮捕されたというニュースは有名ですよね。

転売行為で逮捕された事例は多々あります。

それが発端で転売ビジネスは違法行為や犯罪行為と見られがちなのです。

そもそも転売は、会社員の副業から主婦のお小遣い稼ぎまで、幅広い層で行われているビジネス方法のひとつです。

仕入れ値よりも高く売れてしまえば利益がでますし、何より誰でも始められる手軽さが魅力といえます。

販路も多様化し、ネット転売が主流の昨今では、Amazon・ヤフーオークション・メルカリなどのサイトで転売ビジネスを行う方が多くいます。

しかしながら、転売ビジネスを進めていくには守らなければならない法律や、扱ってはならない商品があることをあなたはどこまでご存知でしょうか。

知らない間に犯罪行為を働いていた、では後の祭りです。

何も知らずに転売ビジネスに手を出そうとしているなら、まずこちらの記事をご覧ください。

転売ビジネスを健全に行うために注意したいポイントをご紹介いたします。

思わぬ「転売の落とし穴」に引っかからないように、是非最後まで読んでみてくださいね。

 

Amazon転売やせどりは違法なの?

 

先述したようにAmazon転売やせどり自体は違法ではありません。

では何をしてしまうと違法行為や犯罪行為になるのでしょうか。

最も代表的な例がチケットの転売です。

ダフ屋という言葉、聞いたことありますよね。

入手困難なアーティストやアイドルのコンサートチケットを買い占め、ファンへ異常なほど高額で売りつける転売屋を指します。

最近では顔認証や身分証提示などで不正入手対策もされているようですが、偽造の身分証とセットでチケットを転売し、それを回避しようとしたツワモノまでいます。

→詳しくはこちらをご覧ください。

チケット転売行為(ダフ屋行為)には下記2点において違法性があります。

・転売目的でチケットを買う行為

・購入時よりも高い値段で売る行為

法律では迷惑防止条例違反に問われることが多いです。

ダフ屋がチケットを独占したことで価格が高騰、さらに転売によって高騰した分の利益を得るというやり方はとても悪質ですよね。

このようなチケット転売を絶対にしなければ、転売やせどりで犯罪に問われることは先ずありません。

ちなみに、行けなくなってしまったコンサートチケットを購入価格そのままで譲る、という場合は違法行為ではありませんのでご安心ください。

違法になってしまう恐れがあるケース

 

転売行為は、「絶対にやってはいけないこと」をやらなければ違法ではない、ということは分かりましたね。

しかし、チケット転売以外でも違法になってしまう恐れがあるケースがいくつか存在しています。

Amazon転売やせどりの手法は一見簡単そうですが、注意して実践しないと思わぬところで法に触れてしまうことがあります。

ビジネスを円滑に進めていくためにも、危険は事前に回避したいものですね。

転売ビジネスで成功するためには何に気を付けていけばよいか、次でご紹介していきます。

 

古物商許可証の未取得

 

Amazon転売やせどりを行うのに忘れてはいけないのが、古物商許可証の取得です。

許可証を取得するには、所在地を管轄する警察署で申請が可能です

古物商許可証がないまま営業していた場合、古物営業法違反に問われる場合がありますので注意してください。

「古物」とは以下の物品を指します。

一度使用された物品

使用されない物品で使用のために取引されたもの

上記に該当する物品に幾分の手入れをしたもの

一度でも人の手に渡ったものであることが重要です。

よって中古品だけでなく、新古品でも「古物」に該当するということになります。

では、なぜAmazon転売やせどりに古物商許可証が必要なのでしょうか。

それは、商用目的の転売であるからです。

転売することを目的に古物を入手した時点で、あなたのビジネスは古物営業法に触れることとなるのです。

しかし、すべての転売行為に古物商許可証が必要かといわれると、そうではありません。

例えば、自宅の不用品を売る場合です。

これは、「自分が使用する目的」で買ったものであるため、たとえ古物であったとしても、許可証取得の対象にはならないのです。

→詳しくはこちらで説明されていますのでご覧ください。

古物商許可証の取得ポイントは、「一度でも人の手に渡ったものを扱っている」、「転売行為が商用目的である」の2点です。

どちらも満たしているAmazon転売やせどりは、古物商許可証を取得のうえ業務を開始するようにしましょう。

 

並行輸入品の出品

 

Amazon転売やせどりにおいて、並行輸入品の出品には気を付けなければなりません。

並行輸入品とは、正規代理店の輸入ルートとは別ルートで輸入した商品のことです。

例えば海外ネットショップなどから輸入した商品は並行輸入商品といえます。

並行輸入商品を扱うこと自体に違法性はありません。

ここで問題となるのは、並行輸入商品が本物であるかどうかです。

とくにブランド品でいえることですが、万が一偽物であった場合は商標権侵害にあたります。

並行輸入商品は直接メーカーから仕入れないため、本物である証明をきちんとしないと違法の恐れがあるのです。

Amazon転売やせどりで並行輸入商品を扱う際には、偽物ではないとしっかり証明できるものに限ることが先決です。

そのうえAmazon転売において、並行輸入商品は正規品と同じページで販売することができません。

Amazonでは並行輸入商品を正規品として販売する行為は禁止されています。

同じ商品だとしても必ず商品説明に「並行輸入商品」の表記が必要となります。

もし表記もなく正規品と同じページで販売してしまうと、アカウントの停止や削除の可能性もありますので注意してくださいね。

並行輸入商品でAmazon転売やせどりを行う際には、「本物のみを扱うこと」と「Amazonの出品ルールを守る」という2点のポイントが重要といえるでしょう。

 

その他法令・条例違反

 

今までご紹介してきた以外にも法令・条例違反となる場合があります。

Amazon転売やせどりを行っている方にありがちなのは、脱税の危険です。

会社員の副業でも、給与所得以外に年間20万円を超える収入がある場合は確定申告が必要です。

個人の転売でも年間38万円以上の収入があるなら、確定申告の対象となりますので注意してください。

副業ではとくに自分で稼いだ金額に対して鈍感になってしまうかもしれません。

しかし納税は国民の義務ですから、該当する方は忘れずに確定申告しましょう。

次に、扱う商品で気を付けるならば、酒税法違反も考えられます。

お酒を販売するには酒類販売免許が必要です。

この免許は主に酒類販売業者であれば必要ですが、個人で尚且つ単発で転売するくらいであれば必要ないといわれています。

しかし、継続的に大きな利益を上げている酒類転売者についてはこの限りではありません。

何本売ったか・いくら利益を上げているのかなどの線引きは明確化されていませんが、個人が不要な酒類を転売するにはあまりに転売数が多い、と判断されれば酒税法違反に問われることはあります。

継続的に酒類を転売するのなら、酒類販売免許の取得は必須でしょう。

他にも、食品衛生法や医薬品医療機器等法などに関わる輸入品は審査が必要になります。

審査を受けずに販売すると違法になりますので注意しましょう。

 

違法では無いが規約違反の場合もある

 

Amazon転売やせどりにおいて、違法の恐れがあるケースについてはお分かりいただけたと思います。

ところが、違法では無いものの規約違反でサイト側から警告を受けたり、アカウントを停止されてしまうケースがあるのです。

Amazon転売で代表的な規約違反は、ブランド品の偽物の転売です。

先述した通り、ブランド品の偽物の転売は商標権侵害にあたりますが、偽物と知らずに転売している場合もありますよね。

Amazonの場合、例え意図的な転売でなかったとしても、購入者から偽物だとクレームが出ればAmazon側はあなたの商品を偽物と判断します。

Amazonは顧客至上主義ですから、購入者が偽物だと言えばそのまま意見を受け取ってしまうのです。

よって偽物を転売したことによる規約違反として、アカウント停止措置がとられる場合があります。

この場合、例え本物の転売だったとしても、Amazon側の判断を変えるためにメーカーや正規販売店の請求書などで本物である証明をする必要が出てきてしまいます。

改善策を講じてそれをAmazon側が認めない限り、販売が止められ、売上金は保留となるのです。

アカウントを停止されてしまうと仕入れ金も払えなくなりますし、ビジネス自体が危機的状況に陥りますよね。

このリスクは何としても回避できるよう対策しておくべきでしょう。

各サイトは厳しく規約を設けていますので、それを正しく理解しペナルティーを受けないように気を付けてください。

 

アカウント停止では済まされない!

 

アカウント停止だけでも転売ビジネスにおいては死活問題といえますが、最悪の場合はアカウントが削除されることもあります。

例えば、意図的な偽物の転売は法律的にも規約的にも違反行為といわざるを得ませんので、アカウント削除のリスクは大いにあります。

Amazonでアカウント削除の措置を受けると、アカウントの復活はほぼ不可能です。

加えて、売上金は90日間保留となり、返品などがあった場合には売上金からマイナスされてしまいますので最も厳しい状況といえますね。

他にも、フリマアプリのメルカリでは、無在庫転売を行ってしまうと規約違反になります。

メルカリの利用規約では「手元にない商品の出品は禁止」とありますので、商品が売れてから仕入れる無在庫転売は規約違反なのです。

措置としては、アカウントの停止や強制退会、利益没収の可能性があります。

無在庫せどりでメルカリサイトを使用している方は要注意です。

 

まとめ

 

Amazon転売やせどりを実践していくには、気を付けるべきことが本当にたくさんあることがお分かりいただけたと思います。

しかし、要はやり方にちょっとした工夫や知識が必要なだけなのです。

もう一度言います。

Amazon転売やせどりは違法ではありません。

ポイントさえ押さえてしまえば、安心して上手に稼ぐことのできる魅力的なビジネスモデルといえますよ。

是非、今回ご紹介した内容を基に実践に臨んでくださいね。

 

最後までご覧頂き有難うございます!