国内転売ビジネス

Amazon転売やせどりで使えるおすすめの便利ツールを紹介!

Amazon転売やせどりで使えるおすすめツール

Amazon転売・せどりをしている人の中には

「労力の割に儲からない」

と感じている人も多いのではないでしょうか。

売れそうな商品を検索し、価格をリサーチする

実際に商品の仕入れをする

仕入れた商品をAmazonで出品登録する

商品を発送する

これだけの作業を経てようやく利益が生まれるわけですから割に合わないと感じるのも無理もないですよね。

さらに言うと、ここまで頑張っても出品した商品が売れるとは限りません。

特に商品選択に慣れていない初心者は在庫を抱えやすいので、

「時給に換算したらアルバイト以下だった」

なんてこともよくある話です。

しかしこれらの作業の効率を上げる方法があったらどうでしょう。

「効率が上がる = 時間が短縮される = 時給が上がる」

こんな図式が見えてきませんか?

この記事ではAmazon転売・せどりで使えるおすすめの便利ツールを機能別にご紹介します。

便利なツールを使うことで回転が上がり、利益をもっと増やすことができますよ。

無料のものから有料のものまで様々なツールの解説をするのであなたに合うツールが必ず見つかります。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

Amazon転売で使えるツールの種類

Amazon転売で使えるツールには大きく分けて3つの種類があります。

それぞれ使用するタイミングや機能が異なります。

どのような違いがあるのか注目しながら見ていきましょう。

 

商品リサーチの為のツール

商品のランキングを調べたり、配送料・手数料の計算をするのに便利なツールです。

Amazon転売をする商品を決める際

需要があるか(実際に売れているか)

送料や手数料などを差し引いた上で利益が出るか

この二点をまず考えなければなりません。

全て自分で調べるのは時間がかかってしまいます。

ツールを使うとこれらの情報をすぐに把握できるようになるので時間を短縮することができます。

 

仕入れを楽にする為のツール

初心者が陥りやすい

「何を仕入れたら良いかわからない」

という問題を解決してくれる種類のツールです。

転売で仕入れる商品というのは当然利益を見込める商品でなければなりません。

利益を見込める商品とは「ショップ間で差額が大きい商品」のことです。

差額が大きい商品を自動で見つけてくれるツールを使うと初心者でも仕入れの失敗が減るのでおすすめです。

 

出品後の商品管理の為のツール

出品した商品の自動価格変更や売上の管理などが主な機能です。

せどりではライバルも多く、同じ商品を複数人が出品することも頻繁に起こります。

その度に価格を調整していては他の作業をする暇がなくなってしまいますよね。

そんな問題もツールを使えば簡単に解決してしまいます。

この手のツールを使うだけでまるで社員を一人雇ったかのように効率がアップすることでしょう。

 

商品リサーチの手間を省くツール

商品リサーチの手助けをしてくれるツールを一つ一つ見ていきましょう。

それぞれの特徴を掴み、使い分けや併用をすることでせどりの幅が拡がります。

 

モノレート

【料金】無料

【HP】モノレート

検索した商品のAmazonでの出品状況を調べるツールです。

具体的には

・商品の最安値

・出品者数

・ランキング

をそれぞれグラフで確認することができます。

例えば、モノレートのランキンググラフが下降した時は商品が売れてランキングが上昇した事を意味します。

このようにグラフの推移だけでもその商品の売れ行きがひと目で分かります。

 

FBA料金シミュレーター

 

【料金】無料

【HP】FBA料金シミュレーター

AmazonのFBAを利用した際の純利益・純利益率を計算してくれるツールです。

出品したい商品を検索し

・販売価格

・配送料

・仕入れ価格

を入力するとFBAの手数料などの経費を差し引いて純利益と純利益率を表示してくれます。

このシミュレーターで利益が出ているのを確認できれば、仕入れをしても問題ないと判断できます。

 

せどりすとプレミアム

【料金】初月:10,800円、次月以降:5,400円

【HP】せどりすとプレミアム

主に店舗での仕入れに役立つiPhone用アプリです。

アプリのスキャン機能を使いバーコードを読み取るだけでその商品のAmazon内のランキングや出品状況を見ることができます。

さらに粗利計算やその場で出品する機能まで付いています。

商品リサーチから出品までの作業が店舗内で完結するため、店舗せどりが格段に楽になりますよ。

 

オークファン

【料金】無料会員、有料会員(プランに応じて月額324円~)

【HP】オークファン

オークション・ショッピングサイトの過去の相場を調べられるサイトです。

商品を検索すると実際の落札データが表示されるので仕入れ価格の参考にすることができます。

オークファンの有料会員には種類があり、プランに応じて機能が増えていきます。

無料会員と月額980円のプレミアム会員の違いをいくつか抜粋したものが以下の表です。

 

無料会員プレミアム会員
落札相場検索6ヶ月10年間
期間おまとめ検索月3回まで月1000回まで
Amazon検索機能制限あり
利益計算ツール×
売上集計システム×

 

プレミアム会員になると機能が充実しているのがわかりますね。

まず無料会員で試し、欲しい機能が出てきたら有料会員になるという方法も良いかもしれません

 

サヤ取りせどらー最終バージョン!

【料金】買い切り:19,800円

【URL】サヤ取りせどらー最終バージョン

Amazonと対象のネットショップ間で価格差が大きい商品を自動で検索してくれるツールです。

対象のネットショップとは

・ブックオフオンライン

・フルイチ

・駿河屋

・ネットオフ

・7ネットショップ

・ビックカメラ

・楽天

以上の7つです。

他のツールでは対応していないショップが多いのが特徴ですね。

さらにこのツールは「保証付き」となっており

・2,000円以上利益の出る商品が1,000点以上見つからなかった場合

・30日でツール代金(19,800円)以上の利益が出なかった場合

・120日後までに月30万円以上利益が出なかった場合

以上のケースに一つでも該当すればなんと全額返金されます。

それだけ機能に自信があるということでしょう。

 

仕入れをサポートするツール

転売において重要な仕入れに関するツールは以下の通りです。

まずはこれらのツールを使って仕入れの感覚を掴むのも良いかもしれません。

 

フリマハッカー

【料金】買い切り:21,800円

【HP】フリマハッカー

せどりをしている同業者がフリマアプリでどんな商品を仕入れているのかを調べるツールです。

せどり上級者が仕入れる商品は稼げる可能性が高いため、それに便乗しようという戦法ですね。

これを使えば知識がなくても仕入れができるので初心者でも稼ぎやすいです。

また、稼げる商品の傾向を掴むために利用するのも良いかもしれません。

月額制ではなく買い切り制という点も初心者には嬉しいですね。

 

セドリオン

【料金】1ライセンス:49,800円

【HP】セドリオン

Yahoo!ショッピングと楽天のショップを検索し、Amazonとの価格差が大きい商品を探してくれるツールです。

注意する点としては対象の全ショップではなく、指定したショップの全商品をリサーチする形ということです。(例:ヤマダ電機 楽天市場店の全商品)

その為、稼げる商品がありそうなショップを見極める力が必要となります。

初心者よりも知識や経験が豊富な上級者向けのツールと言えます。

 

出品後の商品管理の為のツール

どのツールも出品後の価格を自動で変更してくれる機能がメインです。

しかし細かい部分でそれぞれ違った強みがあるため個別に詳しく見ていきましょう。

 

プライスター

【料金】月額:4,800円(2年以上利用すると3,900円に)

【HP】プライスター

特筆すべきは価格変更の速さです。

市場の価格が変動してから「最短2分」で価格を自動変更してくれます。

その自動変更のパターンも

・状態合わせ(FBA商品限定 or 全商品)→ 自分の商品と同じ状態の最安値に合わせる

・最安値(FBA商品限定 or 全商品)→ 全ての状態の最安値に合わせる

・カート → 新品の場合のみ、カートを取得している価格に合わせる。

・カスタム → 自身で設定した通りに自動変更

というように様々なパターンに対応してくれます。

他にもメールの自動送信や売上の計算など、出品後に役立つ機能を数多く備えています。

さらにiPhone用アプリを使うことで商品リサーチも可能なので、プライスターだけでせどりに必要な機能がほとんど揃ってしまいます。

 

マカド

【料金】月額:4,800円(30日間無料)

【HP】マカド

マカドの特徴は他の価格に合わせるだけではなく柔軟な対応ができることです。

・最安値より1円値下げする

・その商品を出品しているのが自分だけになった時に値上げする

というように利益重視、回転重視と状況に応じた戦略を取ることができます。

購入者へのサンクスメール自動送信を商品によって個別にオンオフができたりと、痒い所に手が届くツールです。

細かい設定にこだわりがある方はマカドを使うと満足できるかもしれません。

 

Cappy(キャピー)

【料金】月額3,980円(最大60日間無料)

【HP】キャピー

Cappyも他のツールと同様に自動価格改定やサンクスメール自動送信など便利な機能が詰まったツールです。

・経過期間に応じて価格を変更する機能(1ヶ月経って売れていない商品の値下げなど)

・価格変更する際に評価が低い出品者を参考にしない(相場から極端に離れた価格を付ける可能性を考慮)

このような細かい設定もでき、転売の安定化に貢献してくれます。

価格も他と比べて安い上に60日間は無料で使えることから、アマゾン転売におけるツールの入門としてもおすすめです。

まとめ

以上が私がおすすめしたい、Amazon転売で使える便利ツールです。

色々な種類があるので迷ってしまうかもしれません。

しかし確実に言えることが一つあります。

それは、あなたがどのツールを選んだとしても

「何も使わないよりは効率が上がる」

ということです。

ここまで記事を読んでくれた方はぜひツールを活用し、効率アップを実感してください。