Amazon輸出

Amazon輸出のカテゴリー申請は代行してもらったら確実に突破出来る?

Amazon輸出で出品制限が掛かっているカテゴリーに商品を出品するには

『カテゴリー申請』

という手続きが必要ですよね。

このカテゴリー申請が初心者の方がつまづきやすいポイントの一つです。

必要事項を記入して、必要な書類をアップロードしたにも関わらず出品制限が解除されない経験はありませんか。

その場合は、カテゴリー申請に関しての最新の正しい情報を集めることでほとんどのことは解決します。

その正しい申請方法と自分が行った方法を比べて、どうして審査に落ちたのかを考えれば良いからです。

ただ、副業でAmazon輸出を実践されているとその時間が無かったりしますよね。

もっと言えば、初心者の方が自分で正しい情報を見極めることも難しいかもしれません

その場合は、

カテゴリー申請を代行してもらう

という選択肢もあります。

もしあなたがより多くの商品をAmazonに出品していきたいと考えているならば、カテゴリー申請は必須の作業になります。

それなのに、時間が無い、知識が無いなどの理由でためらっているのであれば代行してもらうことも視野に入れて良いのかもしれませんね。

Amazon輸出のカテゴリー申請は代行してもらえる?

Amazon輸出のカテゴリー申請に関しての情報を集めていると、カテゴリー申請をあなたの代わりに行ってくれる代行業者さんを見つけたことがある方もいらっしゃると思います。

確かに「Amazon輸出」というネットビジネスのジャンルがある以上、その周辺のサポートをする為のサービスを提供する事業者があってもおかしくはありませんよね。

Amazon輸出であれば、他にも、

・リサーチ、在庫管理ツールの販売

・FBA販売の為の発送代行業者

など様々なサービスが存在します。

カテゴリー申請に関しても実際のAmazon輸出実践者の方の代わりに行うサービスもあります。

もしあなたがカテゴリー申請に困っているようであればそういったサービスを利用されても良いと思います。

 

カテゴリー申請をプロに頼んだら確実?

カテゴリー申請を代行してくれるサービスに申し込んだら確実にカテゴリー申請の審査を突破出来るのか。

これは確実とは言い切れません。

実際に審査を行い、出品制限を解除する判断をするのはAmazonです。

明確な審査基準はAmazonの中にあります。

これらが分からない限りは「確実に審査が通る」ということは言い切れません。

ですので、カテゴリー申請の代行サービスを利用したいと思った時には、サービス提供がどのように行われるのかをチェックしましょう。

・審査に通らなくても費用が発生するのか

・審査に通った場合にのみ料金が発生するのか

これらを事前に把握して利用に踏み切るようにしましょう。

 

カテゴリー申請に必要な書類と方法

カテゴリー申請自体はネット上で行うことが出来ます。

ですから、法人としてアカウント運用をしていたとしても、個人だとしても基本的にはどなたでも申請することが出来ます。

(最低限の条件は存在します)

その商品をあなた本人が本当に仕入れているのかを判断されます。

その為には仕入れ時の請求書や購入を証明できる書類のアップロードが必要だったりします。

これらの具体的なカテゴリー申請の方法に関しては下記の2つの記事を参照していただければと思います。

Amazon輸出の出品制限を解除する方法(カテゴリー申請)

Amazon輸出のカテゴリー申請に必要な請求書の条件ともらい方を解説!

 

まとめ

カテゴリー申請は代行サービスを利用することも可能です。

しかし、そのサービスがどんな内容のものなのかをしっかりと理解した上で利用するようにしましょう。