輸出ビジネス

Amazon輸出のカテゴリー申請に必要な請求書の条件ともらい方を解説!

Amazon輸出では一部のカテゴリーで出品できない商品がありますよね。

それらの出品制限がある商品はAmazonに申請を行って出品の許可を得る必要があります。

それが カテゴリー申請 というものです。

実践を始めたばかりの初心者の段階では出品できるカテゴリーの商品から出品していきます。

ですが、ある程度の実践を重ねたあとはカテゴリー申請を行って出品出来る商品を増やしていきましょう。

その申請に必要な書類の一つに「商品の請求書」があります。

Amaozn側で行われる審査に必要なものです。

通常の仕入れを行う場合には請求書の提出などは必要ありません。

しかしカテゴリー申請の際には、その商品を正しいルートしているかどうかの確認をAmazonが行うのです。

普段は必要のない請求書ですから始めてカテゴリー申請を行う方にとっては戸惑いも多いと思います。

こちらの記事ではそのカテゴリー申請に必要な請求書についてまとめております。

出品できる商品を増やして、どんどん販売数を上げていきましょう!

Amazon輸出のカテゴリー申請には請求書が必要

 

Amazon輸出のカテゴリー申請にはその申請を行おうとしている商品を仕入れている証明が必要です。

その証明を行う為に必要になるのがその商品を仕入れた時の請求書です。

様々な情報を調べていると、正式な請求書ではなくとも、仕入れ時のレシートでも審査が通ったということもあるようです。

しかし、もしその方法で審査が通らない場合は、やはり請求書が必要であるということになります。

また、カテゴリー申請に必要な書類の条件や審査の状況についてはAmazon側の判断によって変更になることもあります。

カテゴリー申請を行う際には、必ず最新の情報を得るようにしましょう。

(こちらのサイトでも最新の変更情報が分かった時点でこちらの記事も変更させていただきます)

 

カテゴリー申請に必要な請求書の条件

 

日本のAmazonでカテゴリー申請を行う場合には、

・店舗名

・住所

・電話番号

が記載されていることが条件となっています。

海外のAmazonに関してもそれに準じた審査が行われていると言って良いかと思います。

つまり、Amazonで商品を出品するセラーの所在が明らかにされていて、そのカテゴリーの商品を正しく仕入れているかどうかを確認出来れば良いということです。

 

カテゴリー申請の為の請求書の取得方法

カテゴリー申請に必要なものは「請求書」になります。

請求書は仕入れようとしている商品の代金の詳細が記載されているものになります。

仕入れる前に入手が可能です。

タウンページなどで業者さんの電話番号を調べて、実際に請求書の発行をしてくれる業者さんを探してみるのも良いかと思います。

小売店でも請求書を出してくれるところはあるはずです。

 

ネットショップの購入画面のキャプチャでも大丈夫?

他の事例として、楽天やヤフーショップなどで商品を仕入れた際の購入画面でも審査が通る場合があります。

Amazonからしてみれば、その商品を実際に仕入れているか、もしくは仕入れる予定なのかを判断したいのです。

その意味では、ネットショップでもその商品を仕入れていることが証明になっていればOKだと考えることも出来ます。

なかなか個人で請求書を出してもらうまでは手間が掛かると判断するのであれば、

まずはカテゴリー申請を行おうとしているカテゴリーの商品をネットショップで購入してキャプチャ画像で試してみるのも良いかと思います。

 

まとめ

Amazonが判断しているのはセラーが、信頼出来るルートで商品の仕入れを行っているかです。

書類の準備もセラーとして必要な活動の一部ですので、カテゴリー申請の審査を通す為に必要書類を揃えましょう。