輸出ビジネス

Amazon輸出を始めるにはデビットカードでも始められる?

Amazon輸出はデビットカードでも実践できる

Amazon輸出は商品を仕入れて海外のAmazonで販売するビジネスです。

当然、利益を得る為に商品を仕入れる必要があります。

その為の資金が必要となります。

仕入れ先が実店舗であっても、ネットショップであっても、仕入れにはクレジットカードを使うのが通常となります。

ただ、何かしらの理由でクレジットカードを持てない方もいらっしゃると思います。

また、資金管理の面でもデビットカードを使うことで、現金で仕入れをしたいという方もいらっしゃるかと思います。

結論から言えば、Amazon輸出はクレジットカードが無かったとしても、デビットカードがあれば始めることが出来ます。

仕入れ資金や様々な手数料、Amazonの月額費用等の支払いにも利用できます。

資金が現金で用意できるのであれば問題なく実践可能となります。

Amazon輸出はデビットカードでも始められる?

 

Amazon輸出の実践でデビットカードを使うことは可能です。

ただし、クレジットカードではなくデビットカードを使うことによるメリットとデメリットがありますので、それらを理解して実践を始めるようにしましょう。

デビットカードのメリット

 

デビットカードのメリットは次の通りです。

1. 審査不要でつくれる

クレジットカードと同じような使い方が出来るデビットカードは審査不要でつくることが出来ます。

何かしらの理由でクレジットカードの審査が通らない方でも使用することが出来ます。

2. 現金による資金管理が出来る

デビットカードは使用した時に指定した口座から即時現金が引き落としになります。

ですので、物理的に資金の「使いすぎ」や「支払い忘れ」などが発生しません。

このことで、資金管理が手に取るように分かりますので、クレジットカードで発生しがちな支払いに追われることが無くなります。

 

デビットカードのデメリット

 

デビットカードのデメリットは、当然ですが、手持ちの現金以上の資金は使えないということです。

クレジットカードであれば、クレジットカードの利用枠を使って商品を仕入れて販売までに売り切る戦略を取ることが出来ますが、デビットカードではそれが出来ません。

 

デビットカードをつくるなら

 

デビットカードは審査いらずでつくることが出来ます。

日本国内でデビットカードをつくるのであれば、次に挙げる3つのうちのどれかを持っていれば問題ないかと思います。

1. 楽天銀行デビットカード

2. スルガ銀行デビットカード

3. 三菱UFJデビット

上記の3つのデビットカードはいずれも銀行が提供しているサービスです。

それぞれの銀行口座を所有していれば、簡単に作ることが出来ます。

もちろん、デビットカードを使用した際はその口座からの引き落としとなる為、仕入れなどに使用する場合は、その口座に多めに現金をいれておきましょう。

 

最後は資金勝負になる

 

デビットカードについて書いてきましたが、結論としては、クレジットカードを持っていた方が良いです。

ある程度転売の方法とコツが掴めてきたら、出品数を増やせば増やすほど売れる商品は増えていきます。

つまりそれは仕入れも増えるということです。

商品を仕入れることで利益が積み上がっていく転売ジャンルにおいてネックになるのは、資金の多さです。

仕入れに使えるお金がどれだけあるかで利益の天井が決まります。

もしクレジットカードを持てるようであれば、複数枚のクレジットカードをつくっておくことをお勧めします。

下記の記事ではマイルが貯まりやすいクレジットカード、そして、Amazon輸出の実践においておすすめのクレジットカードを紹介しています。

ぜひご覧頂ければと思います!

最後までご覧頂き有難うございました!