Amazon輸出

Amazon輸出実践者の為の無料拡張機能まとめ(リサーチツール)

Amazon輸出の実践で使える拡張機能を解説

Amazon輸出に限った話ではありませんが、転売・物販ビジネスではどんな商品が市場で売れているのかをリサーチしてから仕入れを行うのが鉄則です。

仕入れるべき商品のリサーチについては、方法さえ分かってしまえば、あとは数をこなしてだけです。

しかし、例えばこんな悩みがありませんか?

「行う作業が毎回一緒なら効率化したい!」

「リサーチが行えるブラウザの拡張機能とかないの?」

こう思う方は少なくないと思います。

こちらの記事をご覧頂いている方の中には、商品のリサーチに役立つ無料の拡張機能を探している方が多いと思います。

ですので、こちらの記事では無料で使えるツールをまとめてみました。

リサーチ作業を効率化したい

しかも無料で使えるツールが知りたい

出品すべき商品を簡単に知りたい

そういった方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

Amazon輸出における仕入れ対象の商品、販売・出品すべき対象の商品をいちはやく知って、より効率的に利益をあげれるようにしていきましょう!

Amazon輸出で使える拡張機能

 

Amazon輸出で使える無料の拡張機能はいくつかありますが、今回は4つのリサーチ用ツールを紹介させて頂きます。

(うち一つは現在は使用出来ない状態となっておりますので、実質3つのツールとなります)

Amazon輸出初心者の方は、様々なツールがあって迷ってしまうかもしれませんが、ひとまずはこちらで紹介しているツールを優先的に使って頂ければ間違いないかと思います。

これからご紹介させて頂くツールはGoogleChromeの拡張機能ですので、それぞれの拡張機能のインストール画面で追加の操作を行えば簡単に導入することが出来ます。

Amazon輸出で稼ぐ為に必須の「商品リサーチ」という作業をなるべく効率化していきましょう。

 

モノサーチ

 

転売ビジネスでは馴染みのある「モノレート」公式Google Chrome用の拡張機能になります。

拡張機能の導入はこちらから → モノサーチ拡張機能

モノサーチの特徴として、

・検索方法が豊富

・商品情報を自動で取得してくれる

・セラーIDが取得可能

・出品者の在庫数が分かる

・FBAシュミレーターにデータを自動入力できる

という形になっていて、拡張機能の中では最もオーソドックスなツールとなっています。

※海外Amazonでも若干仕様が異なることにより、一部制限されている機能もあります。

 

Keepa

 

Keepaは特に商品の仕入れ時の参考になる指標を示してくれます。

商品のランキングの上下動をグラフで表示してくれるので、どのタイミングでその商品が売れたかが分かります。

拡張機能の導入はこちらから → Keepa

Amazon FBA Calculator Widget

 

Amazon FBA Calculator Widgetは、商品ページをGoogleChromeで開いている状態でアイコンをクリックすると、Amazon Revenue Calculatorに自動でカート価格を入力してくれる拡張機能です。

商品ページを開く

アイコンをクリック

利益額の確認

これが数クリックで出来てしまうということです。

拡張機能の導入はこちらから → Amazon FBA Calculator Widget

Amadiff.com

 

こちらのAmadiff.comという拡張機能は以前までは使用できておりましたが、現在は提供停止となってしまったのか、リンク切れになっています。

ツールの提供再開があり次第、こちらでも紹介させて頂きます。

 

拡張機能を使用する場合の注意点

 

今回は3つの拡張機能を紹介しました。

これらのツールを使うことでAmazon輸出におけるリサーチ作業の効率化を図ることが出来ます。

しかし、ツールを使う上で注意すべき点がございます。

それは、あくまでも使用しているのは稼げるツールではなく、効率化をする為のツールであるということです。

稼ぐ為の正しい方法を知っていて、それを手動で行うことが出来て始めて効率化をすることが出来ます。

これらのツールそのものが稼がせてくれるわけでは無いので、まずは正しい手法でAmazon輸出を行い、利益をあげるということをしなければなりません。

 

無料で使用出来る拡張機能まとめ

 

他にも無料で使用出来る拡張機能はあります。

ただ、実際に使用してみると使うツールが限定されてきます。

常に多くのツールを使うということは少なく、輸出ビジネスの実践を重ねることで、その使い方であったり、コツを習得していくことになります。

それらを踏まえた上で代表的なツールの紹介をさせていただきました。

ぜひ効率化を上手く図ってどんどん利益をあげれるようにしてください!

最後までご覧頂き有難うございました!