輸出ビジネス

Amazon輸出で卸契約を取り仕入れ先として増やす方法を徹底解説!

Amazon輸出で卸契約をする方法について

転売を行う上で仕入れ先をより多く確保しておくことは非常に重要です。

もっと言えば、商品をより安く仕入れることが出来れば販売数を伸ばせます。

そして、より多くの利益を得ることが出来ます。

それはAmazon輸出でも他の転売手法でも一緒です。

特にAmazon輸出には主に、FBA販売と無在庫販売の手法がありますが、

どちらの手法でも仕入れ先の確保と安価な仕入れはとても重要になります。

その中でも卸契約を取ることはライバルセラーに差を付けるの一つの戦略になります。

「卸って何?」

そう思われる方もいらっしゃいますよね。

卸は商品が世の中に流通していく上で小売よりも上流にいる業者になります。

私たちがよく足を運ぶスーパーやコンビニ、ネットショップのほとんどは小売業者です。

この小売業者は問屋、卸業者から商品を仕入れて利益を上乗せして店舗に陳列しています。

もしあなたが卸との契約を結ぶことが出来れば、小売で仕入れるよりも安く商品を仕入れることが出来ます。

つまり、あなたは他のセラーよりも安く出品することが出来ます。

出品価格を変えなかった場合は利益を多く得ることが出来ます。

ただし、卸を取る上では踏まなければならないステップがあります。

卸契約を結ぶ際に注意しなければならない点もあります。

それらを踏まえ、こちらの記事では卸をとる方法を解説させて頂きます。

Amazon輸出で卸契約を取る方法

 

Amazon輸出を他のセラーよりも有利に進める上で卸は非常に有効な手段です。

他のセラーが扱えない商品を扱ったり、商品を安く仕入れることが出来るからです。

その卸を取る方法は一つではありません。

いくつかの方法で卸をとることが出来ます。

また、Aという方法では出来ない契約も、Bという方法では契約できることあります。

 

メーカーと交渉する

さすがに誰もが知っているような知名度の高いメーカーと直接の卸契約は厳しいです。

法人でも個人でもそれは一緒です。

しかしながら、質の良いのに知名度が低い商品を扱っている会社や、

少しでも販路を増やして販売数を伸ばしたい企業は沢山あります。

そういった会社を見つけることが出来ればメーカーと直接やりとり出来る可能性が高くなります。

特に、海外で人気の商品を扱っている会社が日本でも知名度が高いとは限りません。

こういったニッチな会社を見つけていきたいところです。

 

卸業者や問屋と交渉する

 

そもそも業者を介すことでしか卸の契約を結ばないメーカーがあります。

その場合は商品を卸している業者・問屋を見つける必要があります。

・メーカーとの交渉の際に卸業者の情報を聞いてみる

・商品名で卸業者が分からないかをネットで検索してみる

これらの方法で問屋を特定してメールや電話で問い合わせてみても良いでしょう。

 

展示会から人脈をつくる

 

様々なメーカーが集まる商品展示会やギフトショーなどに足を運びましょう。

そういった展示会では担当者と直接会話する機会をつくれます。

そのタイミングで契約に繋がるような話が出来ることもありますし、

後日他の商品での卸の話が出来る機会が持てるかもしれません。

 

ネット卸を活用する

インターネット上で卸販売をしている業者もあります。

ネッシーやスーパーデリバリーなどがその代表格です。

こういったネット上で探し出すことで出来る卸契約もあります。

積極的にアプローチしていきましょう。

 

卸契約を取る為の交渉術

 

卸契約を進める為には必ずメーカーか卸業者との交渉が必要になります。

その交渉の方法も様々です。

 

直接対面して交渉する

 

メーカーや卸業者、問屋では営業の役割をしている人が必ずいます。

その方と直接対面で商談を行うことで交渉をしていきます。

会うまでのやり取りはメール、電話、HPの問い合わせフォーム等があります。

しかし、最終的には直接対面することで卸契約を結ぶパターンです。

 

会わずに交渉する

 

先ほども少し触れましたが、ネット卸を活用する場合には対面が必要ないことが多いです。

 

卸契約を検討する際に注意点

 

メリットばかりが前面に出てしまうのが卸です。

しかし、卸による仕入れを進める前に注意すべき点があることは理解しましょう。

・仕入れなければならない最低ロット数を確認する

・現金仕入れになる場合には手持ちの資金を圧迫しないかどうかを確認する

少なくともこの2点については最初の段階で念頭に置いた上で交渉を進めていきましょう。

 

まとめ

卸を取ることが出来ればライバルセラーに差をつけることが出来ます。

Amazon内でも優位性を持ってビジネスを進めることが出来ます。

ただし、資金が無いと進められない部分もあります。

あまり無理に進めずに、まずは小売仕入れにとってどんどん資金を増やしていくことも念頭においておきましょう。

最後までご覧頂き有難うございました!