Amazon輸出

Amazon輸出の出品制限を解除する方法(カテゴリー申請)

Amazon輸出を実践しているとある商品のカテゴリに出品できない時がありませんか?

それは、現時点であなたのAmazonのアカウントでは出品出来ない商品カテゴリがあることを示しています。

あなたのアカウントに問題があるわけではなく、ほぼ全てのアカウントに対して同様の対応がされています。

特にAmazon輸出を始めたばかりの初心者の方に多いと思います。

これはAmazon側に申請を行って、出品制限の解除を行うことで、他の商品カテゴリと同様に商品を出品することが出来るようになります。

これをカテゴリー申請と言います。

また、こういった出品制限はブランド毎、メーカー毎、カテゴリー毎に設定されている場合があります。

この出品制限の存在を知らないと、せっかく仕入れたリサーチ済みの商品が出品できないという事態になってしまいます。

そうならない為にも、こちらの記事では出品制限についての基礎的な知識とカテゴリー申請について解説を行います。

もし、現段階で出品制限の問題に直面している方はぜひご覧頂ければと思います。

Amazon輸出における出品制限について

 

Amazonというプラットフォームではかなりの数の出品者の登録があります。

あるカテゴリーに特化して出品を行っているセラーであったり、カテゴリーに関係無く、様々なカテゴリーに対して出品を行っているセラーなど、その出品形態は様々です。

法人としてアカウントを運用している人もいれば個人として運用している人もいます。

それらの多数のセラーをより効率的に管理をする為に、Amazon側は、通常の状態では出品出来る商品カテゴリを制限しています。

個人が出品・販売できるカテゴリもあれば出来ないカテゴリもあるのです。

Amazon側もある程度の信用のおけるセラーに商売をしてもらわないといけないのです。

それらを管理出来なかった場合、最終的に購入者からの信頼を損ねてしまうからです。

 

出品が制限されているカテゴリー

 

出品が制限されているカテゴリーは、下記のページで確認を取ることが出来ます。

Amazon輸出にて出品が制限されているカテゴリー

意外と多い数のカテゴリが出品制限されています。

そして、そのカテゴリーの中には稼げる商品が多そうなカテゴリーも含まれますね。

初心者の方であれば、まずこれらのカテゴリーを確認してから仕入れの為のリサーチを進めて頂ければと思います。

無在庫販売の場合はそれほど痛手にはならないかもしれませんが、FBA販売の場合は商品を仕入れてからの出品になる為、出品出来なければ赤字が出てしまう可能性があります。

そして、考えて頂きたいのは、もし仮にこのカテゴリーの出品が出来るとすれば、あなたの利益はもっと増えそうですか?

もしそうなのであれば、出品制限を解除することで他のカテゴリ同様に商品を出品することが出来るようになります。

 

出品制限の解除にはカテゴリー申請が必要

 

出品制限が掛かっているカテゴリーに商品を出品をする場合には、事前にAmazon側への申請を行い、出品・販売の許可を得る必要があります。

それが カテゴリー申請 というものです。

このカテゴリー申請を行い、承認をもらうことが出来れば、よほどの問題になるような販売を行わない限りは、ずっとその商品の出品・販売を行うことができます。

 

カテゴリー申請の方法

 

カテゴリー申請を行うには 大口出品 のアカウントであることが条件になります。

小口出品のアカウントでは申請出来ません。

もし、今のアカウントが小口出品であればこの機会に大口出品への変更をお勧めします。

出品制限がかかっている商品は、商品ページに「Sell on Amazon」のボタンが存在しません。

その為、「Add a Product」からの商品の出品をしていくことになります。

Add a Productに出品を行いたいASINコードを打ち込んで商品検索を行ってください。

「Listing limitation approval」のボタンをクリックし、オレンジの「Request approval」ボタンを出します。

そこから実際のカテゴリー申請画面に進んでいきます。

 

Amazon輸出での出品制限解除は重要!

 

Amazon輸出を行う上で、ここまで解説を行ってきた出品制限の解除の知識は必ず必要になります。

出品できるカテゴリーを増やしていくことは、出品できる商品を増やすことになります。

出品できる場所が増えることは、商品を販売できる場所を増やすことになりますよね。

実店舗に置き換えれば、売り場面積を増やしているのと一緒です。

Amazonには既に多くのお客様がいるわけですから、集客自体に心配することはありません。

売り場を多くして、より多くの商品を販売できるようにしていくのがAmazon輸出攻略の鍵の一つになります。

一度に進める必要はないかと思います。

少しずつ扱える商品カテゴリを増やしていきましょう!