Amazon輸出

Amazon輸出でトップセラーの出品からセラーリサーチする方法

Amazon輸出でトップセラーから売れる商品をリサーチする方法について

Amazon輸出で売上と利益をあげるには、出品前のリサーチ作業が必要になります。

リサーチの方法も様々ですが、初心者の方が実践の序盤の段階で行うにはセラーリサーチがおすすめです。

Amazon内で実績を十分な売上と利益をあげているセラーをチェックして、同じような傾向の商品を出品すれば売れる確率が上がります。

Amazon輸出で意識しなければならないのは、需要のある商品を出品することです。

その為にはどんな商品が売れているのかを把握する必要があります。

しかもそれは日本から輸出しても利益があがる商品でなければなりません。

その商品がどんなものであるかは、売上をあげているセラーの傾向を見ることで判断することが出来ます。

セラーの出品状況や販売実績をみることが出来るツールなどもあります。

しかし、初めからツール頼りになると、売れる商品がどんなものかの本質が分からない状態で実践を進めることになります。

そうならなたい為に、こちらの記事ではトップセラーの販売傾向から売れる商品をリサーチする方法を解説します。

セラーリサーチの具体的な方法が分からない方はぜひ参考にしてみてください!

Amazon輸出ではトップセラーをチェックすればOK

既に販売実績のあるセラーが出品している商品を知ることが出来れば、おおよその売れる商品の傾向が分かります。

これはAmazon輸出だけの話ではありませんが、既に結果が分かっている事象を真似ることが出来ればある程度の結果を出すことが出来ます。

野球が上手になりたければ、野球が上手い人が実践している練習であったり考え方を学び実践すれば良いのと一緒です。

ただやみくもに量をこなすだけでは望むような結果は得られません。

何事も現在の結果から導き出される成功法則に沿って行動を積み重ねる必要があるのです。

Amazon輸出においては真似る対象は「既に売上をあげているセラー」なのです。

そのセラーが出品しようと、あなたが出品しようと、購入を検討している人にとっては同じ商品になります。

ですので、積極的に他の日本人セラーの出品傾向を真似ることを意識しましょう。

特にFBA販売を行っているセラーは在庫を抱えるリスクがあるにも関わらず出品しているセラーですので、出品している商品の需要については信憑性があります。

日本人のセラーリサーチの具体的な方法

Amazon輸出におけるセラーリサーチで必要なのは”日本人の”セラーを見つけることです。

さらにそこから”売れている”セラーを探す必要があります。

その参考にすべきセラーの見つけ方と着目するポイントを解説します。

 

米国Amazonで日本人セラーを探す

米国Amazonにて日本人セラーを探します。

「japan import」で商品検索を行いどれでも良いので商品ページに飛びます。

その中で新品で出品しているセラー一覧を表示させます。

その上で「Delivery」が「Ships from Japan」に設定されているセラーはほとんどの場合が日本人だと想定出来ます。

 

過去の評価と出品状況を確認する

日本人のセラーが見つかったら、次はそのセラーが販売実績のあるセラーかどうかを確認します。

見るべきポイントは過去に付けられた評価と現在の出品状況です。

評価が一桁 or 500以上は除外

上記に当てはまる評価のセラーは一旦リサーチ対象から除外しましょう。

評価が一桁の場合はまだ真似るべき販売実績ではありませんし、500以上ある場合には目標としては高すぎます。

またそれらの評価と、実際に出品している出品数を確認するようにしましょう。

出品数が1000以上あるのに、評価が一桁の場合にはツールで無差別的に商品を出品している可能性があります。

とにかく、売れていない商品を扱っているセラーの傾向を参考にしても意味がありません。

 

出品している商品を確認する

評価もそれなりに蓄積していて、コンスタントな出品を行っているセラーを見つけたら、実際に扱っている商品を確認しましょう。

もし出品している商品が toys や hobby ばかり場合は、真似るべきセラーからは除外しましょう。

補助的に扱っているのがこれらのカテゴリーの商品の場合、そのセラーはニッチな分野を狙う力が弱いと言えます。

別のカテゴリーの商品をメインで多く扱っているセラーを狙いましょう。

 

独自のセラーリストを作成する

これらのチェックを経て、真似る対象となるセラーを見つけた場合には、そのセラーをエクセル等にまとめておきましょう。

手動でおこなったこれらのセラーを定期的にチェックすることで、常に売れる商品の傾向を知ることが出来ます。

しかも、このセラーリストは、ある意味あなただけの資産になります。

出品する商品選定に困った場合は、あなたが作成したセラーリストを見て、再度売れる商品のリサーチに入れば良いのです。

 

仕入れ対象になる商品をピックアップする

これらのチェック対象のセラーがある程度の数をピックアップ出来たのであれば、実際にそれらの商品を仕入れても利益が出るかどうかのリサーチに入りましょう。

売れているセラーだからと言って、全ての商品で利益が取れるという場合ではありません。

そのセラーが卸をして安価に商品を仕入れている場合もあります。

あくまでも、あなたがその商品を仕入れた場合に利益が出る商品だけを出品・仕入れ対象としましょう。

 

作業を分業化するのがコツ

ここまで見てきた作業のうち、セラーリストの作成までは一気に行いましょう。

モデリング対象のセラーが見つかったからといって、仕入れられるかどうかのりさーちを始めてしまうと効率が悪くなります。

セラーを見つける

ある程度の数のセラーが見つかるまで作業を続ける

セラーリストの数が蓄積したら商品リサーチに入る

というような流れで行いましょう。

この方が格段に作業効率が上がります。

 

Amazon輸出でのセラーリサーチまとめ

何事も成功している人を真似るのが一番早いです。

セラーリサーチを行うことで、あてずっぽうの出品をしたり、需要の無い商品を扱うことが無くなります。

初心者の方は特に、ツールに頼らずに手動で行うことでリサーチの本質を知ることが出来ます。

たとえツールが使えなくなったとしても本質さえ分かってしまえば対応できるようになります。

最後までご覧頂きまして有難うございました!