輸出ビジネス

Amazon輸出で時計は稼げるがカテゴリー申請が必要

Amazonを使った輸出を行っていると「時計」というジャンルがかなり魅力的に見えませんか?

商品に対しての需要があり、商品自体が大きくないので1個当たりの送料が安くなりますし、良いことばかり。

同じ時計でもブランドがたくさんあり、商品の幅が広い感じがしますよね。

ただ、「腕時計」というカテゴリは通常は出品出来ないカテゴリの一つになっています。

「カテゴリー申請」が必要な商品ジャンルなんですね。

事前にAmazon側に申請を行って、許可・承認をもらわないといけないのです。

腕時計の他にもカテゴリー申請をしないと出品できない商品が多数あります。

もしこれらの出品制限が掛かったカテゴリーに出品したい場合にはどうすれば良いのか。

こちらの記事ではそのカテゴリー申請についての解説を行います。

出品できる商品の幅が広がれば、その分リサーチ対象となる商品が増えるということですので、必然的に利益が上がる可能性が増えるということです。

まだカテゴリー申請を行ったことが無い方はぜひご覧頂ければと思います。

Amazon輸出で時計は稼げるがカテゴリー申請が必要

 

腕時計はAmazonの中でも売れやすい商品であることは確かです。

しかしながら、「カテゴリー申請」を行わないと出品できないカテゴリーなので、事前にAmaozonからの承認を得る必要があります。

腕時計の他にもカテゴリー申請が必要なカテゴリーは他にもあります。

 

Automotive Parts

Beauty

Clothing, Accessories & Luggage

Collectible Books

Entertainment Collectibles

Fine Art

Gift Cards

Grocery & Gourmet Foods

Health & Personal Care

Industrial & Scientific

Jewelry

Luggage & Travel Accessories

Major Appliances

Sexual Wellness

Shoes, Handbags & Sunglasses

Sports Collectibles

Video, DVD, & Blu-ray

Watch

Wine

 

上記のカテゴリーは出品制限が掛かっている為、通常は出品を行うことが出来ません。

 

カテゴリー申請が参入障壁になっている

 

上記で見て頂いた通り、かなり多くのカテゴリーに出品制限が掛かっています。

これらカテゴリー申請を行うことで出品制限を解除することが出来ます。

解除方法に関してはこちらの記事をご覧ください。

Amazon輸出の出品制限を解除する方法(カテゴリー申請)

このカテゴリ申請はAmazon輸出を行う上では非常に重要な手続きになります。

もし出品を行うことが出来れば、それだけでライバルが少ない市場に商品を出品するチャンスが増える事になります。

例えば、100人の出品者がいたとします。

そのうちの50人しかカテゴリー申請を行わなければ、申請を行うだけでライバルは半分に減る可能性があるということです。

しかし、カテゴリー申請を行わなければライバルは100人のままです。

申請行わないセラーはいつまでも厳しい市場での販売を強いられます。

あえて極端な例え話をしましたが、プラットフォームで商売を行う上では非常に重要な考え方になります。

つまりカテゴリー申請という行為をとること自体が参入障壁になっているということです。

 

まとめ

 

Amazon輸出ビジネスとして捉えた場合には、カテゴリー申請は必ず行わなければいけないものだと思います。

それはリサーチを行う幅が広がるという段階から申請を行ったセラーとそうでないセラーの間に差が生まれていくということになるからです。

ぜひこの機会にカテゴリー申請を少しずつ進めていきましょう!