輸出ビジネス

Amazon輸出で使える在庫管理ツールまとめ 無在庫販売でも必要?

Amazon輸出における在庫管理ツールは様々あります。

一言で「在庫管理」といっても、自分が所有している商品の在庫を指すか、仕入れ元の在庫の有り・無しを判別する為のツールかに分かれます。

主に「在庫管理ツール」を探している方で求めているのは後者のツールではないでしょうか?

例えば無在庫販売を行っていて、

「せっかく商品が販売出来たのに仕入れ元では売り切れになっていた…」

という状況や、

「仕入れ元の商品の在庫状況を逐一知りたい!」

と思われる方がかなり多いかと思います。

その場合は在庫管理ツールを使用することで仕入れ元のショップに在庫があるかどうかを知ることが出来ます。

在庫が切れた商品は出品を停止する

仕入れ元で在庫が切れたらアラートしてくれる

無在庫販売でのキャンセル率を低くしたい

こういった場合には在庫管理ツールを使用することであんたが抱える多くの悩みを解決することが出来ます。

また、在庫管理ツールを使用しない場合は手動で仕入れ元の在庫状況を確認しなければいけません。

さらに、キャンセル率が高くなってしまい、海外Amazonの出品アカウントが凍結する恐れもあります。

Amazon輸出で使えるツールには価格改定ツールやリサーチツールなどの他の機能も有したものもあります。

こちらの記事では主に在庫管理ツールについての機能や比較などをまとめています。

ぜひ参考にされてみてくださいね!

在庫管理の重要性

 

Amazon輸出の無在庫販売において、在庫管理ツールは必須のものと言えます。

無在庫販売の場合には「販売キャンセル時のアカウント凍結リスク」を最大現抑える必要があるからです。

出品前に商品の仕入れを行う必要が無い為、大量に出品を行うことになります。

その代わりに、販売した商品が確実に仕入れられるという保証が出来ない可能性が高まるのです。

この場合、商品が売れてから商品を仕入れられない事態になります。

そのリスクを軽減するのが在庫管理ツールになります。

 

在庫管理ツールとは?

 

無在庫販売における在庫管理ツールの重要性は商品を仕入れられない状況を生まない為のリスクヘッジになります。

その為、在庫管理ツールの主な機能は、商品の仕入れ元の在庫チェックになります。

売り切れになっているのか、在庫があるのかどうかを判別して知らせてくれます。

例えば1000品の商品を出品していたとします。

この1000品の商品のどれかが売れた場合、次に行うのは商品の仕入れです。

この時に在庫があるかどうかを知るのは遅いのです。

極端に言えば、出品している1000品の商品が確実に仕入れられる状況にあるのかを常にチェックしなければなりません。

それを手動で行っていては時間がいくらあっても足りません。

自分の手を煩わせずに、半自動で在庫チェックを行ってくれるのが在庫管理ツールです。

 

在庫管理ツールの比較

 

現在Amazon輸出の実践に使用されている在庫管理ツールはいくつかあります。

今回のこちらの記事では3つのツールを紹介します。

 

HARU

 

こまめにアップデートされていて信頼できるツールの一つになります。

この「HARU」というツールでは下記のネットショップの在庫チェックを行うことが出来ます。

・アマゾンJP、アマゾンUS

・楽天市場

・ヤフオク

・ヤフーショッピング

・ZOZOTOWN

・Netsea

・キタムラ

・ハードオフNetmall

・駿河屋

2014年に公開され今でアップデートされているツールですので、おそらく今後も問題なく利用出来るかと思います。

無在庫管理ツール「HARU」

 

KUROFUNE

 

出品中リスト機能が備わっていて、Amazon仕入れを行っている場合に有効です。

出品している商品が在庫切れを起こしている場合には、自動で海外Amazonの出品を停止してくれます。

また、在庫管理以外にも複数の機能を備えている為、使い方次第では手間を省くために有用なツールかと思います。

KUROHUNE

 

アマトピア

 

Amazon輸出に必要な様々な機能を備えています。

・商品リサーチ機能

・在庫追跡機能

・価格改定機能

・顧客フォロー機能

・売上分析機能 etc…

これらの機能を使いこなすことが出来れば、売上促進や作業時間短縮を大幅に行うことが出来ます。

 

他の役割のツールについて

 

Amazon輸出でよく使われ、手動で行っている作業を簡略化する為のツールは他にもあります。

・リサーチ

・出品

・評価依頼 etc…

これらは1つのツールに統合されているものもあれば、単一の機能のものもあります。

また、無料で使えるものもあれば、有料のものもあります。

これらを複数使って売上を上げるセラーも多いです。

あなたが今、無在庫販売を行っているのであればツールの利用は必須かと思います。

実践上、自分自身の作業の手間を省いてくれるものは積極的に取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

在庫管理ツールは無在庫輸出には必須のツールと言えます。

もし仮にツールを使わなかったとしても、出品商品の在庫チェックは行うことをお勧めします。

いくら利益をあげられる手法だとしてもアカウントが無くなってしまってはAmazon輸出のビジネス自体が行えなくなります。

しっかりとリスクヘッジをして、効率的に売上と利益を増やしていきましょう!