輸出ビジネス

Amazon輸出 税金の申告方法や関税の仕組み

Amazon輸出で必要になる税金の知識について

税金関係の知識って意外に少ないですよね。

個人でビジネスを行っている場合は、所得税の知識は確実に必要な知識になります。

さらにAmazon輸出を行っている場合は、関税、消費税などが利益に関わってきたりします。

「なんか自分に関係あるみたいだけど…分かんない。」

「税金関連の情報ってどうやって知れば良いの?」

こういった悩みがある方も多いかと思います。

知ってしまえば難しくありませんが、知らないうちはとっかかりが無いので、どうやって情報を仕入れれば良いか分からないですよね。

ですので、こちらの記事ではAmazon輸出実践者の方にとって必要になりそうな税金関連の情報をまとめています。

特に消費税などは還付される場合もありますが、その仕組みを詳しく知らない方もいらっしゃると思いますので、こちらの記事でぜひ知識を取り入れておいて頂ければと思います。

海外との商品のやりとりをすぬAmazon輸出は、必要とする情報が多くなる傾向にありますが、一つ一つ解決していけば大丈夫です!

Amazon輸出に関わる税金の申告について

 

Amazon輸出を行うことによって得た利益には税金がかかってきます。

つまり、利益=所得を得ていることになっているので、それが課税対象になっているということです。

これは個人でビジネスをする上では非常に重要なことで、Amazon輸出に限った話ではありません。

会社員として得た所得に関しては、会社が従業員にかわって税務に関わる事務手続きを行ってくれていますが、個人でビジネスを行っている場合は、確定申告という形で税金を支払う形になります。

 

知識として持っておくべき税金の種類

 

特にAmazon輸出を行う場合には、国境をまたいだ商品のやり取りの際に税金が発生します。

また、仕入れ金額にもよりますが、商品の販売を繰り返し行った場合は入ってくる利益も大きくなります。

その場合は所得税、消費税なども課税されることになります。

どんな場合に、どんな課税があるのかをしっかりと理解しておきましょう。

副業であろうと、ネットビジネス専業であろうと持っておかなければいけない知識になります。

 

所得税

 

Amazon輸出で得た利益(所得)には所得税が掛かります。

Amazon輸出で得た利益(所得)に関しては、事業所得もしくは雑所得のどちらかになります。

もし、お知り合いに相談できる税理士さんがいらっしゃるのであれば、税理士さんにその区別を聞くことが正確な情報になります。

しかしそういった方も少ないかと思いますので分かりやすく、この事業所得と雑所得の違いをすると、

事業としてAmazon輸出を行っているか、そうでないのか?

この二つの違いになります。

おそらくこの記事を読んで頂いている方の中には少ないとは思いますが、Amazon輸出に趣味感覚で商品を出品している場合、それは事業所得ではないので雑所得と言えます。

これが海外のAmazonで商品を販売しても、国内のAmazonで商品を販売しても一緒の考え方です。

しかし、自分の事業として利益を得ることを目的に商品を出品している場合、事業所得になります。

副業でも専業でもどちらも同じです。

 

関税

Amazon輸出を行う場合は日本から海外に商品を発送することになります。

日本から購入者に向けた荷物が国境を超えるということです。

それがFBA販売であっても、無在庫輸出であっても必ず商品は海外に発送されます。

その際に発生するのが関税です。

発送する荷物単位で関税が掛かってきます。

(関税が掛からない荷物もあります)

これらは最終的に利益計算の際に考慮しなければならない為、関税がいくらぐらい掛かるのかということを知っておきましょう。

当サイトのこちらの記事で詳しく解説をしています。

 

消費税

 

Amazon輸出の実践者が身に付けなければならないのは、「支払う税金」だけではありません。

「戻ってくる税金」もあります。

それが消費税になります。

消費税というものは、日本国内における消費活動のうち、最終消費者に課税される税金です。

普段私たちがコンビニやスーパーで買い物をすると8%の消費税を払っていますが、それは私たちが最終消費者であるからです。

ところが、Amazon輸出の場合は、最終消費者が海外に住んでいる人になります。

日本国内で仕入れた時にはあなたが消費税を商品を仕入れたお店に支払っているにも関わらず、あなたがその商品を販売する先は海外の為、あなたは事業者として8%分を余計に消費税を支払っているのです。

所定の手続きを行えば、あなたが余計に支払った消費税が戻ってきます。

それが消費税還付の仕組みになります。

ただし、誰でもこの消費税還付の手続きを行えるわけでは無い為、事前に役所への届け出などを済ませておう必要があります。

消費税還付に関しては下記の記事で詳細を記載しております。

是非ご覧ください↓

Amazon輸出関連の税金の仕組みまとめ

 

Amazon輸出を行う上で必要な税金の知識は上記の通りとなります。

利益が上がれば上がるほど増える税金、仕入れが増えるほど戻ってくる税金の両方があります。

いずれにしても、ビジネスを行っていく上では重要なことになりますのでしっかりと覚えておきましょう!

最後までご覧頂き有難うございました!

Amazon輸出に関わる税金の知識については下記の記事も合わせてご覧ください!