Amazon輸出

個人輸出ビジネスを始めて副業で稼ぐ方法を徹底解説!

輸出ビジネスで稼ぐ人が増えていますね。

個人の副業として始めて起業をする方もいらっしゃるぐらいです。

起業までいかずとも、会社員の副業でバリバリ稼いでいる方や主婦で月収100万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。

正しい方法で実践さえすれば稼げるの輸出ビジネスです。

世の中に需要のある商品を見つけ、日本で仕入れて海外で販売する。

これだけシンプルだからこ再現性があるビジネスの一つですし、商売の基礎を身につけられる方法です。

輸出ビジネスとひとことで言っても、Amazonを使う方法やebayを使う方法とがあります。

輸出ビジネスを始めようか検討している方

副業でも稼げるのか気になっている方

そもそも個人輸出とはどんなものなのか

こういった疑問や不安がある方がいらっしゃると思います。

こちらの記事でAmazonやebayを使った個人輸出ビジネスの概要をまとめております。

まだ輸出ビジネスを始められていない方も、まだ始めて間もない方もまずは輸出ビジネスの全体像を掴んでみてください。

商品の価値を利用して利益を得ることが出来るシンプルなビジネスです。

興味を持ったのであれば誰でも始めることが出来ます。

ぜひあなたも興味を持ったのであれば挑戦してみましょう!

 

個人輸出ビジネスとは

個人であるあなたが日本で商品の仕入れを行って海外に販売するのが個人輸出ビジネスです。

プラットフォームのアカウントをつくることが出来れば誰でも始めることが出来ます。

「輸出」と聞くとかなり特殊なイメージを持ちがちですが、個人でも気軽に行うことが出来ます。

日本で商品を仕入れて、海外の顧客に商品を送り届けるのが輸出ビジネスです。

それは企業だけが行えるわけではなく、個人でも普通に行うことが出来るのです。

商品を販売する場所は海外で展開・運営されているプラットフォームです。

代表的なものとしては海外Amazonとebayがあります。

 

海外Amazon輸出

 

日本でも最大級のユーザーと商品数を誇るAmazonですが、Amazonは日本だけに存在するECサイトではありません。

日本以外の海外の国でも複数展開されています。

むしろ、日本よりも海外のAmazonの方が市場規模は大きいです。

例えば、アメリカのAmazonの規模は日本のAmazonの規模の約9倍です。

ユーザーがたくさん回遊している海外のAmazonに日本で仕入れた商品を出品することで利益を得ることが出来ます。

 

ebay輸出

 

海外に商品を販売する代表的な方法としてebayを使うことも一つの選択肢に入ります。

ebayは「海外版のヤフーオークション」のようなプラットフォームです。

Amazonがあらかじめ用意されている商品のカタログがあるのに対して、ebayは自分自身が販売したいものを販売出来ます。

オークション形式、定額形式のどちらでも出品が可能です。

特徴的なのは世界中のセラーとバイヤーが一つのプラットフォームに集まる仕組みがあることです。

アメリカのAmazon同様、既に集客力がある為、需要のある商品を出品出来れば日本から商品を販売しても売れていきます。

 

輸出ビジネスが副業でも稼げる理由

輸出ビジネスが副業でも稼げる理由は3つあります。

1.商品の内外価格差を利用する為

2.リスクが少ない

3.仕組み化しやすい

この3つです。

輸出ビジネスはネット上で行うビジネスの中でも「転売」というジャンルに分類されます。

転売は同じ商品でも商圏が異なれば価格が変わるという原則を利用して行われます。

日本では1個1000円で販売されているものが、アメリカでは1個2000円で販売されている商品があるのです。

こういった日本国内と海外の価格差を利用して利益を得る為、誰が行っても同じ結果が出やすいのです。

また、こういった商品を仕入れて販売するビジネスにも関わらずリスクが少なくて済みます。

それはしっかりと売れている商品のみを扱うことで、売れることが分かった状態で商品を仕入れることが出来るからです。

仕組み化については言うまでもなく、外注化しやすいのが転売ビジネスの強みです。

売れる商品をリサーチしてその商品を仕入れて販売する。

この一連の流れは一部を除いては誰がやっても同じ作業になります。

故に外注化しやすい為、全ての作業を自分で行わずとも成立します。

時間が限られた中で実践しなければならない副業の方にも無理なく始められるビジネスです。

 

個人輸出を始める方法

個人輸出を始める方法はとてもシンプルです。

順を追って進めていけば誰でも実践することが出来ます。

時間を確保する

 

副業で行う場合は、まずは副業を行う為の時間を確保しましょう。

いくら稼ぎやすいと言っても、作業を行わなければ稼ぐことは出来ません。

出来れば1日3時間程度の副業時間を確保したいです。

 

資金を確保する

 

輸出ビジネスは必ず商品を仕入れなければいけません。

その商品の仕入れを行う為の資金が必要です。

用意しておいた方が良い資金はm使用するプラットフォームによっても変わります。

利益率を20%で設定したとすると、1ヶ月に20万円の利益が欲しいのであれば資金は100万円ほど用意しておきましょう。

 

市場を決める

 

利用するプラットフォームを決めましょう。

海外に商品を輸出して稼ぎやすいのはAmazonかebayに商品を出品する方法です。

プラットフォームが変われば売れる商品にも若干の違いがあったりします。

 

売れる商品を見つける

 

リサーチをおこなって需要のある商品を探します。

また、需要があるだけでは不十分です。

海外で需要があり、尚且つ、日本で仕入れた場合に利益が出る商品をリサーチすることで見つけ出します。

 

商品を仕入れる

 

実際に商品の仕入れを行います。

ネットショップやオークション、フリマアプリなどで販売されているものが仕入れ対象となります。

海外のAmazonと日本のAmazonでは同じ商品であっても価格が違います。

その場合は日本のAmazonも仕入れ先として候補に入ります。

同じオークション形式でもebayとヤフオクでは相場が違います。

リサーチの際には出来るだけ多くの仕入れ先の商品価格を調べておくので、最も安く仕入れられる場所を探します。

 

商品を出品する

 

商品の仕入れが完了したらプラットフォーム上での販売を開始する為に出品作業を行います。

出品作業が完了すれば、多くの購入者の目に触れることになるのですぐに売れる場合もあります。

 

売れた商品を発送する

 

商品が売れたあとは、購入者に向けて日本から海外に商品を発送して完了となります。

商品を発送し終えた後は、購入者から何も連絡が無い場合には取引完了です。

Amazon輸出の場合には商品を輸出してくれる発送代行業者を利用することで、商品の梱包や発送の手間を省くことが出来ます。

 

まとめ

個人輸出ビジネスの概要を解説してきました。

「輸出」と聞くと難しい印象を抱きますよね。

ただ、既に用意されているプラットフォームを利用するだけで格段にその難易度は低くなります。

確かに自分でネットショップを開業して海外で商品を販売する場合は難しいかもしれません。

しかし、Amazonやebayを利用することで副業でも取り組めるぐらいにまで簡単に実践できるビジネスになります。

もし興味をお持ちになった場合はまずは挑戦してみることをお勧めします。