OEM

【中国輸入】簡易OEMのやり方

amazonにおいて中国のノーブランド品を独占的に販売するためには
簡易OEMをする必要が有ります。

OEMとは、自社ブランド商品を他社に製造してもらう事を指します。
本来であれば、自社で企画・デザインをして生産しますが、今回は
簡易OEMです。

アマゾンで競合セラーに相乗り出品されないような対策が主な目的なので
既存のノーブランド商品に対してオリジナルのパッケージに入れ替えたり
商品自体に不滅インクでブランド名や会社ロゴを刻印するレベルで大丈夫です。

それでは、具体的な方法についてご説明をさせて頂きます。

中国輸入ビジネスの始め方はコチラ

商品の選定

OEM商品を開発するうえで重要なのはどんな商品をOEM化するかという
事です。

中国のノーブランド品のパッケージを変えるのみの簡易OEMなので
手っ取り早い方法としては、既に売れている中国商品に自社のロゴや
パッケージを入れ替える方法です。

既に売れている商品であれば、当たり外れは無いですが、同じ商品を
扱うライバルが多いので価格競争になりがちです。

中国商品のリサーチ方法はコチラ

取り扱いが出来ない商品

商品を輸入して販売する以上、輸入が出来ない商品や
販売をする事が出来ない商品や、許認可が必要な商品は
取り扱うのが難しくなります。

日本に輸入する事が出来ない商品や、航空輸送が出来ない
商品を輸入しようとした場合は通関で止まります。

通関で止まった場合は商品の滅却処分となるため
商品の購入代金が全額損失になります。

中国から航空輸送が出来ない商品はコチラ

輸入禁止商品はコチラ

また、商品を販売するうえで許認可が必要な商品の場合
販売した場合罰則が科される危険性も有ります。

規制や法令などを十分に理解したうえで取り扱いをして頂きますよう
お願いいたします。

電波法についてはコチラ

PSEマークについてはコチラ

食品衛生法についてはコチラ

PL保険についてはコチラ

オリジナルパッケージ作成

オリジナルパッケージを作るためには、まず入れ物を箱にするか、袋に
するかなどの大枠を決める必要が有ります。

既に販売しているノーブランド商品のパッケージを変えるのが
主たる目的ですので、大幅に変えずにむしろ、既存パッケージに
ロゴやブランド名を入れる程度でも十分差別化する事が出来るので
最初のうちはこのレベルで問題ないと思います。

説明書の作り方はコチラ

知的財産権・商標権についてはコチラ

JANコード取得

過去にはJANコードを取得している事によってオリジナルブランドである事を
主張する事が出来ましたが、現在では規約の変更に伴いあまり意味をなさなく
なりました。

また、新規で商品登録をする際には、JANコードが必須項目となっていますが、
JANコード無し登録申請をすれば、JANコード無しで登録は可能となります。

アマゾンに商品登録するうえではJANコードの必要性は余りないですが
実店舗や卸業者へ販売する目途が付くなどのタイミングで取得をご検討
頂ければと思います。

商品にロゴ・ブランド名を刻印する

商品にロゴを刻印する方法として最も手軽なのは
ロゴやブランド名が押せるスタンプで商品に直接印字する方法です。

http://www.shachihata.co.jp/tat_meister/

スタンプを押すという手間が一つ増えますが、最もコストが低い
やり方になります。

中国のメーカーに対して、ロゴの刻印を依頼した場合は、1個当たり
10円~30円程度で対応して頂けますが、ロット数が1000以上は確実に
必要なので、1回の仕入れに数十万円単位で費用が掛ります。

売れていない段階での週十万円単位の仕入れはかなりギャンブルなので
余りお薦めは出来ないです。

相乗り出品させないためのポイント

拡販方法

オリジナル商品を作成しamazonに登録するだけでは、
なかなか売れては行かないものです。

amazonのアルゴリズムでは、過去の販売実績が有るものが
優先的に検索上位に表示されます。

そのため、価格を大幅に下げるなり、広告を掛けるなりして
売り上げを上げていく必要が有ります。

OEM商品の拡販戦略についてはコチラ

独占的に販売をして行く方法

オリジナル商品であってもノーブランド商品にロゴや
パッケージにブランド名やロゴを入れただけの商品になります。

そのため、他の中国輸入セラーに相乗り出品をされてしまうと
広告費を掛けて売れるページにした意味が出てきません。

売れるページに育てていくのも重要ですが、他の中国セラーに
相乗り出品されないための対策も非常に重要になります。

OEM商品を独占的に販売する方法はコチラ

オリジナル商品ページに相乗り出品された際の対応方法はコチラ

最後に

中国輸入ビジネスでは、難易度の低い相乗り出品からスタートするのが
主流ですが、参入障壁が低いため競合セラーが増えて値下げ合戦に
なってしまいます。

値下げ競争に巻き込まれずに安定的に収益を上げるためには
簡易OEMが近道となります。

既にアマゾンで沢山売れている商品をOEM化するところからスタートして見ましょう。