OEM

【OEM実践記③】OEMの商品アンケートはこうやってとります

こんばんは、末永です。

3回目の投稿になります!

 

前回は、

・クラウドワークスで商品のアンケートを取った

・国内OEMをスタートした

という話を書かせてもらいました!

 

今回は、前回少ししかお話しできなかった

「詳しいアンケート内容」「ライバルリサーチの方法」について深堀していきます!

 

前回の記事は以下からチェックできます。

【OEM実践記②】中国輸入OEMと国内OEMを同時に進めてみた2回目の投稿です! 前回は「Amazon転売からの脱却!OEM着手!」 という流れを書かせて頂きました。 今回は更に深...

 

最初の記事はこちらから

「OEM実践記①」Amazon転売に疲れたからAmazonOEM始めてみた皆さんはじめまして、末永と申します。 軽く自己紹介をしますと、 私は過去に、インターネット事業のサラリーマンを13年してきま...

アンケートの質問は答えやすく

ちなみにアンケート内容はこんな感じで聞いています↓

[3. マイクスポンジを購入する際、あなたなら5つのうちどれを選びますか?]

選択肢を作ってあげると、アンケートに答えやすくなります。

そして、集まったアンケートは項目ごとにスプレッドシートにまとめます。

こんな感じ↓

ーーアンケート結果ーー

・評価が高かったから
・Amazon choiceになっているから
・値段が安い
・数が多いから良い
・カラフルだから
・あまり数はいらない
・頻繁に交換するものでは無いので少量で良い
・20個は多すぎる
・どれを使ってもノイズを取り除く能力は同じ
・コロナ感染対策のため、数が多いほうが良い
・レビューの数が多い
・衛生面の対策にという文章が良い

ーーーーーーーーーーー

わりとしっかりと書いてくれてます(^^)

このようにして集めたアンケート内容を元に、カタログ作成に生かしていきます。

 

商品画像はこうやってデザイナーさんに依頼中

商品画像はデザイナーさんにカタログを作成してもいます。

チャットワークで早速挨拶してきました。

依頼時は以下のような指示書を作成して進めています。

あ、作り込み途中です。。

ライバルリサーチは徹底的にリサーチ

ここ1週間はライバルリサーチにも力を入れてました。

 

具体的には、

・商品の価格

・写真

・レビューの数

・カタログ

・商品が1ヶ月にどれくらい販売されているか

を掘り下げていきます。

 

こんな感じ↓

リサーチはがっつりやりました(笑)

自分の商品ですからね~(^^)

 

マイクの商品価格は低いですが、

利益率が45%以上で月間販売数344個売れていたりしてます。

これだけでも月に40万円前後の利益がありますので、

商品カタログの強さが伺えます。

 

またこのライバルセラー達の販売数ですが、

KEEPAデルタトレーサーを利用するとしっかりとした個数の判断が実はつかないのです。

以下の画像を例に出すと、

1ヶ月の販売数がデルタだと45個、KEEPAだと63個です。

 

デルタトレーサー

keepa

しかし、、

別のツールで見ると実は1330個売れてる事が分かったりします。

個数にかなりの違いがありますね。

 

ライバルセラーの強み、弱みを分析して、なんとか自分のカタログに生かしたかったので、追加アンケートを取ろうとしたところ、

なぜか2日待ちの調整が入ってしまいました(笑)

前回は即日アンケート出来たのですが、

質問事項によって制限があるのかもしれないですね。。

この当たりも検証していこうと思います。

 

週明けには商品が到着しそうなので、

次はカタログ作成までの動きをスピーディーに進めて行こうと思います!

 

次回に続く。