せどりで稼げない人はAmazonOEMがおすすめ!稼ぐのが難しいせどりも併せて紹介!

本記事では、せどりでぶつかりやすい「稼げない理由」について解説します。

せどりで稼げない理由、AmazonOEMを解説することで、以下の悩みを解決できます。

  • せどりで本当に稼げるの?
  • せどりをやっているけど、うまく稼げない。
  • せどりは、どのサイトで売ったらいいんだろう。

上記の悩みを解決できれば、せどり初心者でも稼げるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

せどりで稼げない人には、AmazonOEMがおすすめ!

せどりで稼げない方は、AmazonOEMに挑戦してみるのもおすすめです。

OEM製品は、既製品を中国から仕入れ、ロゴや自社ブランド名を刻印することで、オリジナリティの高い商品を販売できます。

AmazonOEMを利用するメリットは以下のとおりです。

  •  製品を一から開発する必要がない
  •  製造工程が少ないため、時間に余裕ができる
  •  利益率が高い

上記のメリットに加え、AmazonOEMでは似たような商品を扱っているライバルと差別化できます。差別化することで、初心者でも稼ぐことが可能です。

Amazonでは、検品以降の手間も請け負ってくれることから、出品したいが不安でできないという初心者でも安心して稼ぐことができるでしょう。

せどりは正しくやれば、誰にでも儲かるチャンスはある?

せどりは、正しい知識さえしっかり持っていれば、誰にでも儲けるチャンスがあるビジネスです。

また、ほとんど知識がなく、資金が少ない状態でも気軽に始められます。

せどりは、テナントを借りたり、大きな資金投資も不要です。

資金が余りないけど、物を売る仕事がしたいという人でも、ネット上で取引が完結することから、初心者でも難しくなく、低リスクで始めることができます。

誰でも簡単に始めることができて、簡単に稼ぐことが可能です。

しかし、簡単に始めることが出来るからこそ、そこに落とし穴があります。

知識の全くない状態でこのビジネスを続けていると、知らず知らずの内に違法せどりになっていたケースも少なくありません。

では、何に気を付ければいいのか、ここで簡単に解説していきます。

古物商許可証の取得

せどりで扱う古着やせどり目的で購入した新品や未使用品は、売る際に古物商許可証が必要になります。

許可証がない状態で取引をすると、古物営業違反になり、処罰の対象になってしまうことから、注意が必要です。

取得は、自分の店や店がない場合は自宅を管轄する警察署に申請書と手数料を支払うことで取得できます。

何を売ったら法律違反になるのか

せどりは、大体の物は取引の商品として扱って問題はありませんが

  •  相手に危害を加える恐れのある危険物、爆発物
  •  遊園地や人気アーティストのチケット
  •  ブランド物の偽物
  •  デジタルコンテンツ
  •  販売権のないもの

などの商品については取引ができません。

自分で扱う商品は、取引をするときに法に触れないかを調べてから、取引をすることをおすすめします。

全く知らなかったでは済まされない商品もあることから、上手にビジネスを行う為に、自分を守る最低限の知識を身に付けてから、せどりを始めるといいでしょう。

せどりは違法ではない

せどりは違法ではないか、とビジネスを行う際に不安になったことはないでしょうか。

結論から言うと、せどりは違法ではありません。

なぜなら、せどりは、定価よりも安く商品を仕入れ、仕入れた商品を定価以下もしくは定価販売で利益を得るビジネスモデルだからです。

仕入れ商品はネットショップや小売店、無償で譲り受けたが不要だった物などを販売しても、法に触れることはありません。

販売する商品に幅が広いせどりですが、取り扱う商品の内容によっては先程も書いたとおり「古物商許可証」が必要になる商品や物によっては違法になる場合もあります。

先程書いた商品の他にも、盗品や火薬、銃器についても販売をすることはできません。

商品を取り扱う際は、何が違法かを十分に理解して販売をするようにしましょう。

せどりに対するイメージがよくない

せどりと聞いて、あまり良いイメージを持たない人もいます。

その原因の一つとして品薄になったトイレットペーパーの買占めが挙げられます。

品薄の商品を買占め、高額で販売するマナーの悪い人の影響から、良いイメージを持たない人も少なくありません。

その他にも

  • チケットの高額転売~チケット不正転売禁止法違反
  • 偽物の販売~商標法違反

上記に記載したものについては違法ですが、その他にも有名人が亡くなった際にグッズを買い占めて高額で販売するなど、違法ではないものの、倫理的に問題のある転売行為が横行しています。せどりでビジネスをする際は、利益だけを求めず、マナーを守り商品を販売するようにしましょう。

AmazonOEMは堂々と自社ブランドを販売でき、事業化できる

AmazonOEMとは、中国から仕入れた製品に自社のロゴを付けて、自社のオリジナル製品として制作し、Amazonでそれらを販売することです。

中国から仕入れた商品すべてがノーブランドというわけではありませんが、中国から仕入れた商品はノーブランドの物も多く、それらに自社のロゴや刺繍を入れて独占的に販売することは違法ではありません。

また、それらをAmazonで販売するメリットも多くあります。

 

相乗り出品されない

Amazonで自社のロゴ入りの商品を登録し、独占販売することができます。

Amazonで独占販売することが出来れば、認知度が上がり、今後ブランドを立ち上げた際も売り込みが楽に行えるようになります。

また、ブランドを立ち上げた際に、相乗りがいると、売り上げも伸びやすくなります。

OEMの製品を使用することで、商品を一から考える必要がないため、時間的な余裕も出来ることから、初心者や資金を抑えたい人にはおすすめです。

また、先程も記載しましたが、OEMは違法ではないため、AmazonOEMに興味がある、資金を少額に抑えたい場合に始めやすく、最近注目されている事業でもあることから、十分ビジネスとして成り立ちます。

せどりが稼げない理由

せどりを始めたとしても

  • せっかく始めても、思ったように稼げない
  • 在庫ばかり残って、売れない

という理由で、せどりを続けるのを悩む方もいらっしゃるでしょう。

せどりは、商品をただ売れば儲かるというものではないため、リサーチが足りていないと、商品がうまく売れません。

売れない理由も様々ですが、まず何が足りていないかを知る必要があります。

  • ・利益が出ない商品ばかりリサーチしている
  • ・資金が少なすぎる
  • ・店舗せどりばかりで、電脳せどりをしていない
  • ・作業の多さを理解していない
  • ・仕入れた商品について、リサーチをしていない

これらを見て、心当たりがあるという人もいるかもしれませんね。

今、何が流行っているのかを理解するだけでも、売り上げが変わります。、そのため、商品を仕入れる前に「まず調べる」ことを習慣づけるといいのかもしれません。

ビジネスとして考えていない

せどりをビジネスとして考えず、

「売り上げについても良く知らない、売れればいい」

このように考えていないでしょうか。

せどりはやり方次第では立派なビジネスとして成り立つため、軌道に乗れば稼げるビジネスと言えます。

そのため、ビジネスとして行うのであれば、事業の利益を把握しなくてはなりません。

ここでは、せどりの利益率計算法を紹介します。

せどりの利益率計算法は

  利益額÷販売価格×100

で計算できます。

利益額の考え方は販売価格から仕入れ価格や販売手数料を引いたものです。

計算式にすると

  販売価格-(仕入れ価格+販売手数料)

となります。

例えば、2,000円の商品を仕入れ、価格や販売手数料の合計が1,800円だとします。

それを式に当てはめると

2,000−1,800=200
(販売価格)(仕入れ価格)(利益)

200÷2,000×100=10
(利益額)(販売価格)(利益率)

となり、利益率は10%となります。

せどりの平均利率は20%前後と言われています。

また、せどりに限らず、商品を販売するビジネスにおいては、20%~30%が理想であると言われています。

せどりを始めて、すぐに値段を高額にしてしまうと、なかなか売れない傾向にあります。しかし、商品の説明を丁寧にしたり、梱包をしっかりとすることでAmazonで評価を上げることができます。

Amazonでは、同じような商品を扱う販売者が多く、ライバルが沢山います。

ライバルに差を付けるために評価を上げ、信頼感を得ることで、販売価格を上げても自然と売れるようになります。

利益率を把握し、且つ信頼度を上げることが上手にビジネスを行うコツになります。

店舗せどり・メルカリ物販をやっている

店舗せどりは、小売店などで商品を仕入れて商品を転売すること、メルカリ物販は仕入れた商品をメルカリで転売することです。

店舗せどりは、お試しでリサイクルショップなどに行って、商品を探せるので、参入障壁が低く、初心者でも始めやすいせどりです。

キャッシュフローも早く、仕入れた商品をすぐに出品できるので即金性が高いです。

メルカリ物販は、仕入れから発送までを一日で行えます。。

また、商品が売れれば、約2〜7日ほど日で売り上げ金を受け取れます。

メルカリは、登録手数料が掛からず、登録者も多いことから、商品の出入りが早く人気があります。

スマートフォン一つで始められることから、初心者でも始めやすいビジネスといえるでしょう

差別化ができていない

せどりには、同じような商品を扱うせどらーが沢山います。

その中から自分の出した商品を目立たせる方法は、差別化です。

差別化するには

  •  高額商品を売る
  •  商品知識を付ける
  •  手間がかかる商品を売る
  •  中古市場で戦う
  •  卸問屋の商品を売る

などがあります。

高額商品を扱う際は、消費者が出品者の情報を閲覧する傾向にありますので、まずは自分の評価を上げてから出品する必要があります。

また、商品知識も付けることで、せどり初心者から差別化をすることができますので、色々と試してみましょう。

せどりのリサーチ不足

せどりでは、リサーチなくして利益を得られません。

OEMを扱う際、市場に出回っている人気のある商品、よく売れている商品等をリサーチします。

その後、改良をして、工場に依頼をするようにしましょう。

リサーチをする際に

  •  需要はどれくらいあるのか
  •  市場ではどのくらいの値段か
  •  ライバルはどれくらい多いか

に目を向けて行うといいでしょう。

せどりで赤字を出す人は、これらのリサーチが足りていません。

仕入れ先についても、よく見極め1円でも安い仕入れ先を見つけることも大事です。

しかし、仕入れ先によっては単価が変動する可能性もあることから、仕入れ個所は一か所に絞らずに、数か所持ちましょう。

せどりで稼ぐならAmazonOME一択

AmazonOEMは、せどりで稼ぐならおすすめです。

なぜならOEMは、中国の既製品を使って独自のブランドを作ることができますし、一から製品を開発する時間を省けるからです。。

余った時間を利用して、新しいロゴや製品を開発する時間に充てることができます。

そして、その製品をAmazonで売ることで、独自のブランドを登録することで独占販売をすることができます。

Amazonでせどりをすると、せどりで必要な検品以降の作業をAmazonにお任せすることができます。

本来であれば

仕入れ→検品→出品作業→売れたら入金を確認→梱包→発送→クレーム対応

という手順で行いますが、Amazaonでは先程も記載したとおり、検品以降の作業を省くことができます。

クレーム対応もしてくれるため、初心者にはおすすめです。

手数料は掛かりますが、それ以上の手間をAmazonが請け負ってくれるため、初心者がせどりで稼ぎたいと思うなら、AmazonOEM一択なのです。

AmazonOEMとは

AmazonOEMで稼ぐなら、AmazonOEMについて知らなければなりません。

まず、OEMについてですが、OEMとはOriginal Equopment Manufacturingの略で、ノーブランドの製品を中国から仕入れ、それらに自社のロゴや刺繍を入れて自社のオリジナル商品として販売することをいいます。

そして、作成した自社オリジナル製品をAmazonで販売することをAmazonOEMといいます。

AmazonOEMには、メリットもありますが、デメリットも存在します。

メリット
  1. 相乗り出品されない
  2. 少ない工数で出品できるので、空いた時間に作業ができる
  3. 利益率が高い
デメリット
  •  商品登録が大変+ロゴを凝らないと売れない
  •  在庫を抱える可能性がある
  •  はじめに予算が必要

どんな事業にもメリット、デメリットは存在します。

それらを考慮して、うまく付き合わなくてはなりません。

AmazonOEMは事業性が高く、自社ブランドを作れる

何度も記載するように、AmazonOEMは登録をすれば自社の製品として販売できます。オリジナリティもあり、人気が出ればかなりの利益に繋がります。

独占販売でもあるため、価格競争に巻き込まれることもなく、安定して販売できます。自分のブランドを持つことも夢ではありません。

何の商品がどれくらい売れているか、ライバルはどれくらいいるかのリサーチは必要になります。

また、メリット・デメリットそれぞれありますが、その労力以上に利益を生むことも可能な事業性の高いものでもあります。

AmazonOEMで稼ぐには

AmazonOEMで稼ぐには、先程も書きましたが

  • 需要はどれくらいあるのか
  • 市場ではどのくらいの値段か
  • ライバルはどれくらい多いか

をリサーチしましょう。

需要がない商品はまず売れません。

また、仕入れ価格が高い商品も仕入れ値ばかりが高くつき、利益には繋がりません。

何が流行っていて、どのくらい売れているかをリサーチし、安く仕入れることがAmazonOEMで稼ぐコツの第一歩になります。

まとめ:せどりで稼げない人は、AmazonOEMがおすすめ!

せどりで稼げない場合は、AmazonOEMに挑戦してみるのもおすすめです。

先程も書いたとおり、OEM製品には

  •  製品を一から開発する必要がない
  •  製造工程が少ないため、時間に余裕ができる
  •  利益率が高い

ことと、それらを併せてAmazonで製品を登録、販売することで独自のブランドを作成し独占販売できることから、初心者でもライバルと差別化ができます。

ロゴのデザインもランサーズなどに依頼することで、自分で考える手間を省くこともできます。

デザインの仕方が分からない、事業に自信がない初心者の方でもやり方次第で稼ぐことが可能なのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次