OEM

中国輸入で簡易OEM商品を作成するうえで商品説明書を作成する裏技

アクセサリーやスマホケースなど、簡単に使用する事が出来る様な商品であれば、
説明書が顧客からクレームが来る事は無いですが、計測器やイヤホンなど、機械系の
商品はやはり付属しておいた方が無難になります。

説明書を付属するかどうかの明確な基準は有りませんが、お客様目線になって
説明書が無いと困るのではないかと思う様な商品には必ず付属するようにして下さい。
何もない状態から使用方法を覚えて、取り扱い説明書を作成するのは非常に
難しい作業になります。

今回の記事では、説明書の作成方法居ついてご紹介いたします。

中国輸入の始め方はコチラ

amazonの出品規約と気をつけるべきポイントについてはコチラ

中国商品をOEM化する方法

中国商品を扱う場合は既存のページに相乗り出品する方法と
ノーブランド商品をパッケージを変えるなどした簡易OEM化する方法の
2つが有ります。

相乗り出品

相乗り出品で販売する場合は、既に売れている商品に対して出品を
して行くので比較的に短期間で利益が出やすいと言えます。

しかし、誰でも簡単に出品できるのでライバルが増えやすいうえに
値崩れしやすいので継続的に利益を出していくことが非常に困難に
なります。

相乗り出品をする際の注意点はコチラ

中国商品のリサーチ方法はコチラ

偽物

ノーブランド品をOEM化した商品なのか、ブランド品と似た商品を
中国の工場が作ったのかは判断が付きません。

amazonは偽物に対して非常に厳しく取り締まりを行っています。

購入者からコメントで「偽物」というワードが出た時点で
メーカーの正規代理店から購入したという領収書や
請求書などの書類の提出を要求してきます。

勿論ですが、提出できなければアカウントの停止は免れません。

しかも、中国の簡易OEM商品であれば、正規代理店と言う
概念自体が無いので、本物であることを証明する事は不可能であると
言えます。

相乗り出品で商品を販売した場合は偽物と判断される可能性が
非常に高いので十分注意するようにして頂ければと思います。

偽物を扱わない為の注意点についてはコチラ

簡易OEM

中国のノーブランド品に対して、ロゴを入れたりオリジナルの
パッケージに入れ替えるなどしてオリジナル化する事を
簡易OEMと呼びます。

商品をオリジナル化してamazonの商品登録をして拡販していきます。

登録した商品を売っていくためには広告費が必要になりますし、
売れる販売ページに育てていくためには半年~1か月程度の
期間が必要になります。

時間は掛りますが、OEM商品ページは自身が独占的に販売を
する事が出来るので長期的に安定的な利益を狙っていくことが
出来ます。

簡易OEMのやり方の詳細はコチラ

OEM商品の拡販戦略はコチラ

OEM商品を独占的に販売する方法

既存の説明書を和訳してもらう

中国のノーブランド商品だとしても、中国語の説明書は付属されている事が
非常に多いです。

中国語を翻訳サイトを使うなり、外注さんに依頼するなりして和訳すれば
多少のコストが掛るかもしれませんが、簡単に作成する事が出来ます。

メーカーが普通に作成している物なので単純に日本語に翻訳するだけで
また、最近では代行会社が説明書の翻訳や作成のサービスをしてくれる所も
沢山ありますので、現在お使いの代行会社で対応可能かを聞いてみるのも良いのではないかと
思います。

既存の説明書が無い場合

中国のノーブランド品を簡易OEM化して販売されている方は沢山
いらっしゃると思います。

中国のOEM商品でも、売れている商品であれば、沢山のセラーが同じ商品を
パッケージを変えたり、ロゴを入れるなりしてOEM化していると思います。

そんなセラーの中から、説明書付きで販売している方の商品を購入しましょう。

当然ですが、説明書が付属しているので、流石にそのまま印刷して使用するのは
マズイので書いてある内容を流用するなり、リライトして作成して行きましょう。

既に日本語で作成されているので、作成するのも簡単です。

説明書は、A4用紙で作成して両面印刷などをして折り曲げて同梱すれば
問題なく使用する事が出来ます。