中国輸入

【中国輸入の実践記①】中国商品がビビるほど安かったから、軍資金10万で始めてみた

こんにちは、物販navi管理人の鈴木です。

 

僕は過去に国内転売を一通り実践してきました。

店舗、トレンド、ポイント、寝かせ、限定品、などなど。

そこから仕入れてきた商品を

Amazonやメルカリで販売して小遣い稼ぎしていました。

 

国内転売をやっていて思ったんですけど、、

国内転売って、参入障壁が低いからライバルが増えやすいんですよね。

日本語だけでいいし、簡単に始められるので。

だから、国内で価格差見つけるのが非常に難しくなってるんです。

なので、海外で比較的低リスクで始められる手法を探していたところ、

低単価・高利益率の「中国輸入」見つけたので、やってみることにしました。

中国の商品サイトをみたらとにかく安かった

中国商品はとにかく安いです。

商品単価にもよりますが、

日本の売価の1/5以下の商品がごろごろ見つかります

例えば、以下のキーボードは仕入数が1~59個の時、28元です。

1元≒15円なので、この商品単価はだいたい420円。

 

ちなみにこの商品、メルカリで10倍くらいの価格で売れていました↓

いや、ほんと、

安すぎてわけわかんないです。

 

ちなみに仕入先として有名どころは「タオバオ」と「アリババ」です。

 

イメージとしては、

タオバオは一般消費者向けの販売

アリババは小売業者向けの卸値販売

 

詳しくはまた実践記にまとめますね。

あ、タオバオはこんな感じのサイトです↓

アリババはこんな感じです↓

 

どっちも、ザ・チャイニーズって感じの商品ページですね。

 

余談ですがアリババと聞くとこれしか出てきません↓

実家にあったので僕はこれを読んで育ちました。

中国輸入メルカリ販売までの流れ

僕は今回中国で輸入したものをメルカリで販売していくので、その流れの説明です。

面倒そうだったけど、意外とそうでもないです。

代行業者決め

中国から商品を輸入する時は、ほぼ100%代行業者を使います。

代行工業社は主に、

・商品の仕入

・商品の検品・返品作業

・商品の梱包発送

をしてくれます。

 

もちろん代行業者の人は日本語ペラペラなので、

問題なくコミュニケーション取れました。

どうやら、言語に対する不安はいらなかったみたいです。

 

それに、不良品が届いたときの返品処理を考えると、

中国語話せればいいって問題じゃないんですよね。

中国から数日かけて仕入れた商品が不良品で、

返品期間過ぎて返品できないとか嫌ですからね。

 

ちなみに僕は、

ヲヲフェニックス」さんをという代行業者を利用しています。

代行業者さんについても今度記事まとめるので、良かったら見て下さいw

商品のリサーチ・代行業者に発注

代行業者が決まったら今度はメルカリで販売して利益の出る商品をリサーチしていきます。

商品はメルカリで販売するので、メルカリ上で商品をリサーチしていきます。

商品が見つかったら代行業者さんに、発注します。

代行業者とのやり取りはチャットワークを使ってやりとしてます。

実際のやり取りはこんな感じ↓

見ての通り、日本語で対応してもらえるので、何不自由なくコミュニケーションが取れます。

買い付けが終わったら検品まで行ってもらえるので、あとは商品の発送連絡を待つだけ。

商品が届いたら販売開始

発注した商品が届いたらメルカリで販売していきます。

商品を複数種類購入すると、その種類数だけ商品ページを作らないといけないので、割と大変な作業。

けど一回売れる商品ページができてしまえば、あとはそれを使いまわすから、

頑張るのは最初だけ。

商品を発注してから日本に届くまで、2週間くらいかかるからその間に作るのがよさそう。

メルカリの販売ページを見ると、

タオバオや、アリババの画像をそのままメルカリに使ってる人が多いです。

とりあえず僕もそれでやってみようかな。

リサーチは国内転売の5倍くらい簡単

中国輸入メルカリ販売のリサーチはマジで簡単です。

慣れれば10分くらいで利益商品が見つかります。

簡単に流れだけ伝えるとこんな感じ↓

1、メルカリで中国商品っぽい画像を見つけて画像を保存

2、タオバオ・アリババで画像検索

3、価格を見て、利益が出そうな商品を見つける

 

詳しい流れは後日記事を書きますので、お待ちください!

目標は月の作業時間を10時間以内に月利20万

これ実現できたら楽しそうですねw

月利20万で作業時間10時間だったら、時給換算すると1時間2万円。

うーん、お医者さんより稼いでそうだw

ネックなところは月の作業20時間ていうところですね。

Amazonと違って作業時間がかかるメルカリ転売をどうやって、

月10時間以内にするのか。。

外注さんを上手に使うことがカギになりそうです。全部自分だったら100%無理なので。

いやー、わくわくしてきましたw

来週は実際にメルカリで使う商品画像を作成してみます

来週はメルカリに出品している画像を加工して、

ページへの流入率をテストしようと思います。

僕はデザインのセンスがないので、ちょっと苦手です。。

とりあえず無料の画像編集ソフトを探すところから始めてみますね。

あと、新しい分野の商品をリサーチもやってみます。

今考えてるのはメルカリの売り上げの4割を占めている「アパレル」です。

 

実践記はこれから毎週金曜日に記載していきますので、

良かったら来週もチェックしてみて下さい!

それでは!

【中国輸入の実践記②】発注した商品が届くまで暇だからメルカリに出品する画像を加工してみたこんにちは、物販navi管理人の鈴木です。 さて、今週も実践記報告していきますね! 中国から代行業者を使って仕入れる場合、 ...