Amazon転売

amazonで偽物商品を扱わないための注意点

amazonは、偽物と知的財産権に対してはかなり厳しく
取り締まりを行っています。

真贋については、基準もあいまいで、実際に商品をamazonが判断して
偽物と断定するわけではなりません。

しかしながら、偽物を扱ったとamazonに判断されて、アカウントが
止まってしまうとかなり高い確率で永久サスペンドになる可能性が有ります。

今回の記事では、偽物の取り扱いの疑いをもたれる原因と
そうならない対策についてご説明をさせて頂きます。

amazonが偽物と判断する基準

例え、本物を扱っていたとしても偽物を扱っていると
疑われるケースは少なからず有ります。

amazonも在庫の商品を調べて貰えますが、在庫が無い場合や
ノーブランド品の簡易OEM商品については、かなり高い確率で
偽物と判断されてしまいます。

正規品とそうでない商品について判断が付かない場合は
amazonはセラーに対して仕入れ元から貰った領収書や請求書を
求めて来ます。

キチンと提出すれば、問題なく済みますが提出できなければ
アカウントがサスペンドされる可能性が有りますので
ご注意ください。

他のセラーからの妨害攻撃

消費者からクレームが来た場合は、返品依頼がまず間違いなく来ます。

また電話やメールでクレームを頂く事が多々ありますので謝罪と
商品代金返金や交換をすれば済みます。

しかし、クレーム無しで返品商品無しの状態でただ単に偽物の疑いが
有る等の警告がamazonから来る事が有ります。

これは、他のセラーからの妨害行為である可能性が非常に高いと
言えます。

正規代理店を取得している会社や、簡易OEMで商品登録をした
セラーになります。

仕入れ時の注意点

CtoCサイトからの仕入れ

代表的なCtoCサイトとしては、メルカリの様なフリマアプリや
ヤフオク等のオークションサイトになります。

出品しているのが、個人なので本物かどうかの判断が付きにくいですし、
状態の悪い商品も少なからずあります。

商品の状態が悪い等の理由で偽物と判断されかねません。

正規品とそうでない商品について判断が付かない場合は
amazonはセラーに対して仕入れ元から貰った領収書や請求書を
求めて来ます。

メーカーの正規代理店から仕入れていなければ偽物であると
判断されてしまいます。

メルカリやヤフオクで購入した場合はメーカー正規代理店からの
仕入れではないので、偽物と判断されてもおかしくありません。

その為、新品商品をCtoCサイトから購入する事は極力冷えるように
して頂ければと思います。

中国ノーブランド品

ノーブランド品を簡易OEMでオリジナル化した商品はamazonの規約上は
オリジナルとしては認められませんが、偽物であるかどうかについては
話が変わってきます。

説明書やメーカー保証書等が付いているかどうか等を基準として
偽物かどうかの判断をする事になります。

商標が登録されていなくても偽物と判断された時点でアウトなので
簡易OEM商品には極力出品されない様にご注意頂ければと思います。