Amazonでアカウント停止!?アカウント復活の方法も徹底解説

本記事ではAmazonでのアカウント停止や閉鎖について、停止された時の復活方法について解説をしていきます。

アカウント停止や閉鎖について解説をしていくことで

  • 何をしたらAmazonでアカウント停止されるの
  • 閉鎖されたらどうしたらいいの
  • アカウントって復活できる?

上記の悩みを解決できれば、アカウントを閉鎖されることを未然に防げるかもしれません。

アカウントを停止されるかもしれないとお悩みの方に、本記事はおすすめです。

ぜひ最後までご覧ください。

物販NAVIの講師&監修者
講師プロフィール
船田 寛 42歳 広島県出身東京在住
「リアル~真実を追う180日~」第14回「EC戦略のスペシャリスト」
テレビ出演いたしました!

【期間限定】LINE友だち登録で以下の5つを300名様限定でプレゼント。(なくなり次第、ボタンを削除します)

5大特典
  1. Amazon中国輸入OEM完全攻略マニュアル
  2. 代表 船田のガチリサーチ実践動画
  3. 結果に直結する物販ツール2ヶ月無料クーポン
    (毎月5名様まで)
  4. Amazon OEM適正診断
  5. AmazonOEM「5Days実戦プロジェクト」

Amazon OEMコンサルタント。AmazonOEMで月30万円以上のプレイヤーを多数輩出

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
目次

Amazonでアカウント停止って何?

Amazonで販売をしていく時に、アカウントの問題がどうしても付きまといます。

Amazonアカウントは、商品を販売や購入をしていく上で必ず必要なもの。

商品を購入、販売をする時に、プラットフォームやAmazonに逆らって、無理な販売や勝手な行動をすると、アカウントを停止されてしまいます。

アカウントが停止されてしまうと

  • ログインができなくなる
  • 買いものができなくなる
  • Amazonプライムなどのサービスが利用できなくなる

という影響があります。

販売をしている人は、商品の販売や売上金の入金も止まってしまいます。

Amazonアカウントの停止には事前の連絡はなく、ある日突然アカウントが停止されてログインできなくなった人もいます。

Amazonで販売や購入をする時は、最善の注意を払って行いましょう。

アカウントが停止になる理由

Amazonアカウントが停止になる理由は、Amazonの規約違反をしたからです。

原因となる理由は様々ですが、Amazonは購入者をとても大事にしている企業です。

そのため、購入者に不利益になるような販売者を嫌います。

購入者から何回もクレームを受けたり、お金で購入者のレビュー・評価を買ったりする行為も規約違反となります。

その他にもAmazonでアカウントが停止される原因が存在します。

主な原因は以下になります。

カスタマーレビューの操作
Amazonの規約違反
法律違反
顧客満足度の低下
キャンセル率
出荷遅延率
注文不良率
住所変更依頼

引用:Amazonアカウントが閉鎖されたときの復活方法を徹底解説 | アクシグ (aqcg.jp)

これらを知ることで、アカウント停止の可能性を少しでも減らせるかもしれません。

Amazonアカウントが停止・閉鎖してしまう原因をそれぞれまとめていきます。

カスタマーレビューの操作

Amazonで故意的にレビューを付けることは規約違反です。

相手が見えないネット販売において、レビューは商品の一部と同じです。

購入者は、商品を購入するときにレビューを参考にして決めます。

そのレビューを故意に操作されてしまうと、購入者は何を信じて購入すればいいのか分からなくなってしまいます。

レビューの不正操作には

  • 自分や第三者がレビューを付ける場合
  • 何も知らない購入者にお願いする場合

の2種類があります。

購入者に自分が出品している商品をよく見せようと、レビューくらいいいだろうと軽い気持ちでレビューを書いてしまうと、とんだしっぺ返しを食らいます。

レビューは購入者が商品の感想を書くもの。

絶対にレビューを自分で書くことのないようにしましょう。

Amazonの規約違反

最も簡単にアカウント停止になってしまうのが、Amazonの規約違反です。

  • 複数アカウントの利用
  • コピー品の販売
  • 偽造品の販売
  • 模造品の販売

などは規約違反になります。

これらについては、扱う商品に十分気を付けなくてはなりません。

あまり有名ではないブランド品を扱う場合も注意しましょう。

複数アカウントの利用については、条件次第では複数所持が可能です。

条件については以下のとおり。

  • 別法人としてアカウントを立ち上げる場合
  • 同一法人と一緒に別部署で立ち上げる場合

Amazonの担当者や運営に相談することで、アカウントを複数所持できます。

しかし、これについては正しい手順で作成をしないとアカウントが停止するリスクもあります。

アカウントを複数所持した状態で規約違反をすると、もう片方のアカウントが停止される可能性も。

注意しましょう!

法律違反

Amazonで転売を行ううえで、十分注意しなくてはならないのが法律違反です。

法律違反をすると、Amazonアカウントの停止ではなく閉鎖となってしまう可能性が高いです。

特に注意したい法律違反は以下のとおりです。

特定商取引知的財産権※薬機法ポリシー違反商標権
※知的財産権って何? 人間の知的活動によって生み出されたアイデアや創作物などには財産的な価値を持つものの総称が「知的財産」です。
知的財産の中には、特許権など法律で規定された権利や法律上保護されるものがあります。
それらの権利が知的財産権です。

とくに、薬機法はサプリメントなどでも法律違反に触れる可能性があります。

メーカーからクレームが入った場合は、すぐに出品を取り下げ、メーカーに謝罪のメールを入れましょう。

クレームが入っても、いつまでも商品を取り下げずにいると、Amazonに通報されてしまい、規約違反としてアカウントが停止、最悪閉鎖されてしまいます。

自分が扱う商品が法律に違反しないかを確認し、販売を行いましょう。

顧客満足度の低下

顧客満足度が一定数以下になると、Amazonアカウントが停止される可能性があります。

Amazonで顧客満足度が低下する原因は

  • 注文不良率
  • キャンセル率
  • 出荷遅延率
  • ポリシー違反※

などがあります。

※ポリシー違反とは?
禁止商品の出品、カスタマーレビューの操作も該当します。
先程も記載しましたが、購入者は商品のレビューを参考にして商品を購入します。
お金を払ってレビューを頼んだり、自分で商品レビューを記載したりする行為は規約違反になります。
絶対にやめましょう。

顧客満足度の指数を目で見て確認することも可能です。

指数は状態によって色が変わるようになっています。

状態指数の色
非常に良い状態緑色
良い状態黄緑色
可の状態黄色
悪い状態オレンジ
非常に悪い状態赤色

自分の指数がオレンジから赤に下回っても、すぐにAmazonアカウントが停止されるわけではありません。

しかし、長期間オレンジや赤の状態が続くと、突然アカウントが停止される可能性もありますので注意が必要です。

キャンセル率

購入された商品を出品者側の勝手な理由でキャンセルを行うと、キャンセル率が上がります。

購入された商品をキャンセルされてしまうと、必要で購入した購入者には迷惑が掛かります。

購入者に迷惑を掛ける行為は、Amazon側に嫌われてしまいます。

勝手な理由で何度もキャンセルすることがないようにしましょう。

キャンセル率が2.5%を超えると、危険ゾーンに入ってしまいます。

十分注意してください。

出荷遅延率

出荷遅延率は、出荷予定日以降に出荷された全ての商品が該当します。

Amazonは、商品をどこよりも早く購入者に届けることを意識しています。

そのため、Amazonで商品の出荷遅延を何度も繰り返し、出荷遅延率が上昇してしまうと、アカウントの停止になってしまう可能性があります。

Amazonでは、出荷遅延率の概ねの指標を示していて、4%を超えるとアカウント停止の危険性が出てきます。

購入された商品は、できるだけ速やかに購入者に送る癖をつけましょう。

注文不良率

注文不良率とは

一定期間内における注文不良数を注文数で割った数です。
注文不良の多くは、発注または受注から数週間経過してから報告されるため、通常は30日以上経過した注文を対象に行っています。

引用::セラーパフォーマンス | Amazon Pay ヘルプ

と記載されています。

30日以上と記載はされていますが、この日にちは60日間とされています。

注文不良率は

  • 低評価率
  • Amazonマーケットプレイス申請率
  • クレジットカードのチャージバック率

の3種類があります。

簡単に言うと、商品の箱が汚い、壊れて動かない、偽物、部品が足りないなどの低評価が主な原因です。

評価が低ければ、上記の三種類に影響します。

低評価を付けられて、すぐにアカウントが停止される訳ではありません。

クレームを受けた際に、謝罪や良品への取り換えなど、速やかに対応をすることで、低評価を少しでも防ぐこともできます。

受けてしまった低評価は真摯に受け止め、今後の対応に気を付けましょう。

住所変更依頼

購入者から「住所を間違えてしまったので、変更してほしい」という依頼を受けたことはありませんか。

販売者側としてみれば、親切心で「大丈夫ですよ」と送りそうですが、これをしてしまうとポリシー違反になってしまいます。

良かれと思ってしたことが、実は規約違反だったというこのケース。

意外と知られていなかったりします。

もし、住所変更の依頼があった場合は、購入した商品を一度キャンセルしてもらい、正しい住所でもう一度購入してもらうように連絡をしましょう。

アカウントの停止から17日以上経つとどうなる

先程記載した8つの理由でアカウントが停止されてしまった場合、17日以内にAmazonに改善策を提出しなくてはなりません。

では、そのまま17日経過したらどうなるでしょう。

改善策を17日以内に提出せず、放置しているとアカウントは閉鎖されてしまいます。

閉鎖された場合、復元は難しいです。

しかも、閉鎖されたアカウントで利用していたパソコンからのログインや同じ回線でのログインは、悪用される可能性のあるアカウントとして紐づけられてしまい、使用することはおすすめしません。

アカウントを停止されてしまった場合、閉鎖される前に、対応をしましょう。

改善策については以下のとおり。

今回の規約違反の内容規約違反の原因規約違反に対する具体的な改善内容の説明改善策を施した場合の効果について改善策の実施日謝罪文

引用:Amazonアカウントがサスペンド(停止)されたときの対処法 | 株式会社そばに (sobani.co.jp)

上記の内容を作成し、Amazonにメールをすることで、停止を解除される可能性があります。

アカウントを停止されてしまったら、すぐに対応をしましょう。

アカウント閉鎖が招く損害とは

アカウントが閉鎖されると、アカウントが使用できなくなるだけでなく、様々な損害が発生します。

例えば

  •  利用機能に制限が掛かったり
  •  売上金の支払いがストップする

というペナルティがあることです。

利用制限は、アカウントがAmazon側にロックされてしまい、注文履歴へのアクセスができなくなったり、購入明細書および領収書の印刷ができなくなったりします。

特に気を付けたいのが売上金の支払いがストップすること。

Amazonのアカウントが停止されれば、振り込まれる予定の売上金の支払いがストップしてしまいます。

さらに、アカウント閉鎖になってしまうと、売上金は原則90日保留されます。

そして、90日間保留された後、次の締め日に支払われますが、それ以上延長されることもあります。

90日間保留されるとなると、3ヶ月収入が無いわけですから、クレジットの支払いには当然間に合いません。

そのまま資金不足になる可能性もあります。

アカウントが復活すれば、保留されていた売上金は戻ってきますので、停止された場合は早急に対処しましょう。

Amazonで停止されたアカウントを復活するのは難しい?

Amazonで停止されたアカウントは、一時的に停止されただけであり、閉鎖ではありません。

そのため、復活は可能です。

しかし、17日以内に改善策を提出する必要があり、復活できるといっても簡単ではありません。

復活するために、Amazon側に停止をされた原因の問題点の解決策同様の問題を防ぐための改善策を文書化し、メールにて送信することになりますが、これが意外に大変です。

一度で受理されて解除されることはほとんどなく、10数回の提出をしてやっと、、、というケースもあります。

いずれにしても、17日以内にアカウント停止が解除されないと、アカウントの閉鎖が待っていますので、詳細な報告書を作成してAmazon側を納得させなくてはなりません。

停止されたアカウントを復活する方法

閉鎖されてしまったアカウントは、復活するのはほぼ不可能です。

しかし、アカウント停止の状態であれば、Amazonから送られてくる改善計画書についてのテンプレートを元に、改善計画書を作成して送信することで、復活することもできます。

これから、その方法を解説していきます!

Amazonのアカウント停止から復活するには

規約違反の原因
具体的な改善内容
改善策の実施日
改善策の効果
丁寧で誠実な謝罪

を作成し、Amazonに送信する必要があります。

閉鎖される前であれば、真摯な対応をすれば復活も可能です。

しかし、一回でアカウントが復活するのは難しく、多い方では十数回の改善策をメールしてようやく復活したという方もいます。

アカウント復活の作業は、体力的にも精神的にも大変なので、覚悟しましょう。

閉鎖されたアカウントは復活できる?

閉鎖されたアカウントは、Amazonアカウントサービスでも

アカウントが閉鎖されると、お客様ご自身および他のいかなる方もお客様のアカウントにアクセスできなくなります。
また、アカウントの再開はできません。
再度お買い物する場合やアカウントが必要なサービスを利用する場合は、新しいアカウントを作成する必要があります。

引用:アカウントの閉鎖と個人情報の削除をリクエストする – Amazonカスタマーサービス

と記載されています。

アカウントが閉鎖されてしまうと、アクセス自体ができないため、身動きが取れなくなってしまいます。

上記の新しいアカウントですが、新しいアカウントを作成する場合

  • 同じパソコンは使用しない
  • 同じIPアドレスを使用しない
  • 同じ個人情報を使用しない

ことをおすすめします。

同じ情報が一つでも入っていると、閉鎖されたアカウントの所持者として紐づけされてしまい、再度アカウントが閉鎖される可能性があるからです。

パソコンやインターネット環境を一新するのは難しいという場合は、ポケットWi-Fiやスマートフォンのみでログインするのもおすすめです。

Amazonでアカウント停止や閉鎖、アカウント復活まとめ

本記事のまとめは以下のとおりです。

  • 規約違反をするとAmazonアカウントを停止されてしまう。
  • 法律違反は停止ではなく閉鎖の可能性が高い
  • レビューを他人に頼んだり自分で書くのは規約違反
  • 住所変更を相手に頼まれて行うと規約違反
  • アカウントを停止されてしまった場合は方法によっては復元可能
  • アカウントを閉鎖されてしまうと復元はほぼ不可能

まずは、自分が規約違反をしないよう気を付けるのが大前提です。

規約違反しても、復元できるなら楽勝!と勘違いしないようにしましょう。

何度も停止を食らっていると、色々な面からAmazon側が紐づけをして身動きが取れなくなります。

上記を知ることで、自分が規約違反していたかもしれないと気付くはずです。

少し重い話にはなりましたが、規約を守り、インターネット販売を楽しいものにしてください。

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

300名様限定で今だけプレゼント!/

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次