Amazon転売

Amazonを利用している転売ヤーが死亡する理由と対策

Amazonを使って転売を行っている国内転売ヤーは規約変更などが入ると一気に窮地に追い込まれますよね。

「うわ!死亡した…」

「もうAmazonでの転売は終わりだー。」

こういった形で市場から撤退していく転売ヤーは多いです。

国内転売を行っていても、正しいノウハウと実践しルールを守っていれば死亡することはありません。

死亡していった多くの転売ヤーは何故強制退場を強いられることになったのか。

こちらの記事では国内転売ヤーを取り巻く環境について解説を行います。

 

Amazonを利用した転売ヤーが死亡する理由

 

Amazon転売を行っていくうえで転売ヤーが死亡する理由を上げていきたいと思います。

転売ヤーが死亡する理由は一つではありません。

もしあなたが国内転売で単純転売に取り組んでいる場合には下記の点に気を付けましょう。

Amazonの規約変更で利益を落とす

Amazonは商品を購入してくれるお客様を優先して考えています。

それに伴い定期的に規約を変更しております。

その規約変更によってそれまで利用できていた転売の手法が通じなくなる可能性が出てくるのです。

この場合転売ヤーはなす術なく死亡していくことになります

頼りにしていたツールが使えなくなる

 

Amazonを使って転売を行っている転売屋の中には作業を効率化するためのツールを使って転売を行っている人たちがいます。

その場合、そのツールが使えなくなった時点で商品の仕入れやリサーチができなくなったりする可能性があります。

これが原因で一気に売上と利益を落とすことにつながります

 

価格競争に勝てなくなる

 

Amazon は同じ商品に対して複数の出品者が商品を販売することができるようになっています。

同じ商品を販売している出品者が複数いた場合、どうしても価格競争に巻き込まれてしまうことがあります。

人気の商品であればあるほど価格は高騰しやすいです。

得られる利益も多くなるでしょう。

しかし、相場が崩れた瞬間に赤字になる可能性もあります。

常にそのリスクがつきまとうことになります。

 

商品リサーチに疲弊する

Amazonで商品を販売していく上ではAmazonで何が売れているのかということを調べる必要があります。

それを商品リサーチと言います。

転売ヤーにとってはこの商品リサーチを絶え間なく続けることが必要となります。

その作業を続けることができなければ売り上げが落ちるからです。

 

商品の仕入れに疲弊する

転売ヤーの多くは限定品や先着純でしか手に入らないものなども取り扱います。

ですので、商品の仕入れを行うためにはその限定品を手に入れるために朝早くから店舗の列に並んだり、パソコンに張り付いていたりしなければいけません。

先ほども挙げましたが、これを続けることでしか利益をあげていくことはできないのです。

 

Amazonを使ったビジネスは国内転売だけではない

Amazonというプラットフォームを使ったビジネスは国内のAmazonを使うだけではありません。

海外にサービスを展開しているAmazonのプラットフォームを利用して商品を販売していくことも可能です。

 

Amazon輸入

 

Amazon輸入の場合は海外のAmazonもしくは、海外のネットショップから商品を仕入れて国内のAmazonで販売することで利益を生むことができます。

海外と国内の価格差を利用して個人で商品を仕入れます。

そして、利益を上乗せした状態で国内で販売する手法です。

 

Amazon輸出

Amazon輸出の場合は国内のAmazonや他のネットショップで商品を仕入れて海外のアマゾンで商品を出品し、利益を得ていく手法になります。

こちらもAmazon輸入と同じく海外と日本の商品の価格差を利用して差益を得ていく手法になります。

 

Amazonは常に転売屋対策を行っている

 

先ほども挙げた通り、Amazonは常に転売屋の不正や規約違反に対して対策を行っています。

それが定期的に行われる規約変更に表れていたり、出品者に対しての警告メールであったりします。

Amazonが商品の購入者を第一に考えるという顧客至上主義を貫く限りは、どんどん転売ヤーは生き抜くことが難しくなっていくはずです。

 

今後、転売で死亡しないためには

今後、転売を行っていく上で死亡しないためには、常にリスクヘッジを考えて行かなければいけません。

同じAmazonを使ったビジネスでも、仕入先が分散されていれば、何かの規約変更を行われた場合でも打撃は少ないです。

販売先に関しても国内のAmazonだけではなく海外のAmazonや他のプラットフォームも含めることで、最大限リスクヘッジを図ることができます。

そういった一つ一つの対策を怠ると、状況が少し変わっただけで売上と利益が落ちるという状態になってしまいます。

 

まとめ

 

Amazon転売で死亡しないためには常に一手先を読むことと、リスクヘッジをを怠らないことが必要となります。

これまで死亡していった多くの転売ヤーは、現時点の利益だけを追い求めて行った結果、退場を強いられる形になっているためです。

これからAmazon転売を始める方は正しい方法でルールを守った上で実践を行っていきましょう。