国内転売ビジネス

化粧品のサンプルやテスターをメルカリ等で転売するとバレる?

化粧品をメルカリなどで転売するバレる可能性があります

化粧品売り場などで働いている方は職場で化粧品のサンプルやテスターが余ることがありますよね。

またメーカーの直営店などで働いている場合には、社員割引を適用して安く手に入れることができます。

メルカリではそういったコスメ関連の商品は、とても人気が高く売れやすい商品になります。

「これを転売したら利益が上がるのでは?」

「転売したらバレるのかな?」

そういった疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

社員割引で手に入れた化粧品や、職場で余ったサンプルやテスターなどをメルカリで出品するのは、かなりリスクが高い行為になります。

バレるかどうかというのはその状況によっても変わってきます。

化粧品を転売したらバレるのかどうかを知りたい方

どういったリスクがあるのかを把握したい方

そういった方は是非こちらの記事をご覧いただければと思います。

原価を安く抑えたり、化粧品をゼロ円で仕入れることができれば、かなり高い利益率を出すことができます。

しかし、リスクヘッジを行わないと大変なことになりますので気をつけましょう。

 

化粧品のサンプルやテスターの転売はバレる?

職場で手に入れた化粧品のサンプルやテスターを、メルカリなどで転売した際にバレるかどうかというのは状況によっても違うかと思います。

あまりにも大量に出品している場合には目をつけられる可能性があります。

もしその商品のメーカーの担当者が見ていた場合には、その出品した商品がどういったルートでサンプルを入手しているのかを調べる可能性も出てくるのです。

サンプルやテスターの転売に対して、厳しい姿勢で監視を行っているメーカーさんの担当者が、わざわざその商品を購入して調べる可能性もありますよね。

そういった場合には、職場に迷惑がかかったりする可能性もあります。

 

バレたらどうなる?

扱っている化粧品によっても変わるかと思いますが、サンプルやテスターの転売がバレた場合には、職場での人事的な処分があるかもしれません。

横領という形で認識される場合には、損害賠償を請求される可能性も出てきます。

いずれにしても、職場で入手した商品を他に転売する行為自体が、リスクが高いということになります。

自分で購入した商品の出品であれば、特に問題はないかとは思います。

その場合でも社員割引などで大量に購入して出品を行うのは目立つ行為となります。

そこまでして転売で利益を上げる必要はないかと思います。

そんなリスクを犯さなくても利益が取れる商品はたくさんあります。

メルカリ以外のところで仕入れて転売を行って、リスクなく利益を上げていきましょう。

 

モニターで入手した商品の出品で注意すべき点

化粧品の中にはモニター価格で安く入手出来る商品があります。

その場合のほとんどがネットで入手できるものです。

定期購入などをネット上の通販で行っている商品に関しては、初回限定価格として、とても安い購入代金で人気の化粧品を仕入れることが可能です。

しかし、その場合でも注意すべき点はいくつかあります。

 

商品自体の規約

商品を購入する際の契約の中に

・転売禁止

という内容の利用規約があるのであれば転売を行うことはできません。

あの有名なドモホルンリンクルなどは、オークションやフリマアプリなどでの転売を禁止しています。

その規約に同意して購入したとみなされます。

この場合は転売目的でのモニター価格での購入は不可能ということになります。

 

出品先のサイトの規約

出品先のサイトの利用規約にも目を向けましょう。

化粧品のように、

・人の肌に直接触れるもの

・口の中に入るもの

に関しては利用規約が厳しく定められている可能性が高いです。

 

使用期限等

転売を行って儲けを出すことができるのが化粧品になりますが、ほとんどの化粧品には使用期限が設定されています。

その使用期限を過ぎた商品を出品することは危険です。

使用期限が過ぎていることを明記して出品したとしても、商品の売買には相手がいることを忘れないようにしましょう。

もし自己責任で購入者の方が使用期限が切れている商品を使って、肌に問題を起こす可能性もあります。

モラル的なところになりますが、使用期限が過ぎた化粧品の出品は控えましょう。

 

まとめ

化粧品の転売は儲かります。

特にサンプルやテスターなどは化粧品売り場などで働いていなくても、簡単に入手することができます。

転売初心者が取り組むにはおすすめの商品ジャンルと言えるでしょう。

しかし、その入手ルートや出品の仕方を注意しないと、リスクを伴うことになることも念頭に置いて実践するようにしましょう。