国内転売ビジネス

メルカリ内で仕入れた商品の利益目的の高額転売は違反 通報の可能性もある

メルカリ内での高額転売は規約違反

メルカリでは毎日数多くの商品が出品されていて売買されています。

商品を出品する人も個人なので、人気のある商品を安く購入することができます。

この仕組みを利用すると、メルカリ内で商品を安く仕入れてメルカリ内で高く販売できる可能性も出てきます。

しかし、

「メルカリ内での高額転売は禁止されているのでは?」

「もしできるとしたらやりたい!」

という方もいらっしゃるでしょう。

結論をお伝えすると、メルカリの中で商品を仕入れて、同じメルカリで高額転売を行うことは規約違反になります。

その為、高額転売をしていることがバレてしまうと、アカウントの無期限利用停止などのペナルティを受けることがあります。

どういった場合が違反にならないのかを知りたい方

メルカリ内の転売で気をつけるべきことはどんなことかを理解したい方

こういった方は、是非こちらの記事をご覧いただければと思います。

メルカリの規約に沿って安全に転売を行っていきましょう。

 

メルカリ内での高額転売は規約違反

メルカリの中で転売を繰り返すこと自体は特に問題ありません。

ただし、メルカリで購入した商品をあまりにも高い出品価格で販売することは禁止されています。

例えば、

人気ブランドの中古のTシャツを1000円で購入した

という場合に、

同じTシャツを5000円で出品した

というような出品を行うことはできません。

明らかに利益を目的とした転売行為であることがわかります。

もしメルカリの中で同じ商品を出品する場合には、

商品を発送する際の送料

梱包にかかる費用

その他はクリーニングなどにかかる費用

の範囲内で出品価格に上乗せすることは可能です。

それ以外の利益を上乗せして出品することはできません。

 

通報されてペナルティを受ける可能性

もし上記で説明したような高額転売が見つかった場合には、それを見つけたユーザーから事務局に通報が入る場合があります。

通報があまりにも多いと事務局側も動かざるを得なくなります。

その結果として、

・アカウントの一時利用停止

・無期限利用停止

などのペナルティを受ける可能性が高まります。

これらの行為を繰り返し、内容が悪質の場合には強制退会と言う処分も考えられます。

メルカリ以外の場所で仕入れを行って、メルカリで販売すれば儲かる商品はたくさんあります。

アカウントの利用停止などのリスクを背負って高額転売を行うことはお勧めできません。

 

他のサイトで仕入れたものは出品者の自由

他のサイトやショップで購入したものをメルカリで出品することは問題ありません。

つまり、

Amazonで購入した1000円のTシャツ

を、

メルカリで2000円で出品する

ということは特に問題ありません。

一部のメルカリユーザーの中では、これが違反行為にあたるという見解を持っているユーザーもいますがそれは間違いです。

商品を購入した後はその所有者がどう使おうと所有者の自由です。

メルカリの利用規約としても特に禁止行為に該当することではありません。

 

チケットを転売する場合等

また同じような考え方としてチケットを転売する場合は注意が必要です。

急に予定がずれて行けなくなった

という理由でチケットを出品することができます。

チケットを出品するということ自体は違法にはなりません。

しかし次のポイントに注意を配る必要があります。

利益を上乗せした出品価格はNG

誰でも利用可能であること

これらの条件を満たしていればメルカリ内でチケットを出品することは出来ます。

利用規約の穴を掻い潜っているわけではなく、与えられたルールの中で行なっているぶんには特に問題ありません。

 

メルカリ内での高額転売が禁止された理由

メルカリ内での高額転売が禁止された理由は、

・フリーマーケットの場

としての側面を強くしたかったからだと思います。

つまり、業者などを排除して、個人が不用品などを自由に売買できる場を提供するということが、メルカリの方針であるということです。

これに沿わないユーザーや出品行為を繰り返す悪質なユーザーの排除を行うために、常に利用規約を更新しているということになります。

これから転売で長く稼ぎ続けていく上では、プラットフォームの考え方や理念なども理解できるようにしていきましょう。

運営者とうまく付き合っていくことが重要になってきます。

 

まとめ

利用規約で規定されている以上、メルカリ内での高額転売をすることはできません。

特に最近はユーザーによる通報が増加しております。

かなりの数のユーザーがメルカリに集まる形になりますので、どんなに上手く行ったとしても目につく形になります。

アカウントがペナルティを受けてしまうようなリスクは極力避けて実践していきましょう。