Amazon輸入

Amazon輸入ビジネスを初心者始める場合の仕入れ資金はいくら必要かを解説

Amazon輸入ビジネスに興味を持った方がまず気になるのは「資金はいくら必要なのか」という点だと思います。

少ない資金で稼ぐことが出来るという情報も多く出回っていますが

「資金がなくても始められるって聞いたけど本当?」

「そんなおいしい話ある?」

このように魅力を感じると同時に不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

全ての情報を真に受けずに慎重な考え方ができる方は素晴らしいですね。

はっきり言って初心者が資金なしでAmazon輸入を始めるのは危険です。

クレジットカードの支払いに間に合わず、信用情報に傷が付いてしまう可能性もあります。

そうなればローンも組めなくなるなどその後の人生にも大きく影響してしまいます。

支払いが間に合わなくなるのは

・利益が出る商品を見つけるためのリサーチに時間がかかる

・海外から仕入れるため販売開始までに時間がかかる

・仕入れた商品がすぐに売れるわけではない

こういった理由があるためです。

リスク回避のためにもある程度の資金を用意して始めるようにしましょう。

資金が多ければ卸業者と取引をしやすくなるというメリットもあります。

Amazon輸入を本格的始めるなら金融機関から融資を受けるのも良いでしょう。

この記事ではAmazon輸入を始めるにあたって重要となる「資金」について解説していきます。

・用意できる資金が少ない

・資金を集める方法が分からない

といった方に役立つ情報も記載しているので参考にしてください。

焦らずに先の計画をしっかりと立て、無理のない範囲でAmazon輸入を始めましょう。

Amazon輸入を始める為に必要な仕入れ資金

仕入れ資金の目安は、月にいくら稼ぎたいかという「目標額」と仕入れる商品の「利益率」から考えるのが良いでしょう。

例えば目標額が10万円とします。

仕入れる商品の利益率が「20%」であれば必要な仕入れ資金は「50万円」となります。

Amazon輸入転売における利益率は

・利益 ÷ 仕入れる商品の価格 × 100

という計算で求めることができます。

例えば海外Amazonで1万円の靴を日本のAmazonで1万2千円で販売した場合には

・2,000円(利益)÷ 10,000円(仕入れる商品の価格)× 100(%)= 20%(利益率)

このように利益率は20%となります。

わかりやすくするため省いていますが実際は送料や関税、手数料なども考慮する必要があるという点に注意してください。

利益率は商品によって異なるのであくまで目安として考え、資金は多めに用意しておくのが良いでしょう。

Amazon輸入を実践する場合は現金も必要

Amazon輸入ではクレジットカードで仕入れを行う場合でも現金を用意しておく必要があります。

・全ての商品で利益が出るとは限らない

・クレジットカードの枠が足りなくなる可能性がある

という理由があるためです。

クレジットカードは締日から支払い日まで猶予があり、その間に仕入れた商品を売れば現金は必要ないように思えるかもしれません。

しかし仕入れた商品が全て売れるとは限りませんし、価格競争が起こって利益が出ないという事もありえます。

そのため大量に商品を仕入れている場合には資金が足りず、支払いができなくなってしまう可能性があります。

クレジットカードの延滞はローンの審査などにも影響する重大な問題なので注意が必要です。

またクレジットカードには枠(利用限度額)があり、その額は人によって異なります。

カードを利用するたび残枠が減っていき、枠がなくなると支払い日が来るまでカードを利用することができなくなります。

月末締めの翌月27日払い、枠が50万円というクレジットカードで仕入れを行うとします。

4月中にに50万円分の仕入れを行ってしまうと5月27日まで次の仕入れができないということになります。

そういった時のためにも現金を手元に用意しておくようにしましょう。

Amazon輸入を行う為の資金を集める方法

まずはAmazon輸入を始めるために資金を集めましょう。

最低でも50万円はあると安心です。

「そんな簡単に言われても困る」

と思うかもしれませんがこれから先Amazon輸入で稼いでいくためです。

以下のような方法を使って資金を集めましょう。

不用品販売を行う

家にある不用品をメルカリやヤフオクなどで売れば意外と資金を集められます。

例えば

・飽きて読まなくなった漫画や小説

・ダウンロードが主流になったため聴かなくなったCD

・好みが変わって着なくなった服

など探せば色々なものが出てくると思います。

親戚や知り合いに頼んで不用品を無料で譲ってもらうのも良いでしょう。

アルバイトをする

確実にお金をためたいのであればアルバイトをするのが一番良い方法かもしれません。

Amazon輸入で扱いたい商品がある場合にはそのジャンルに合ったアルバイトをすれば商品についての勉強もできて一石二鳥です。

例えばアパレルショップでアルバイトをすれば人気があるファッションの傾向などを掴めるかもしれません。

幅を広げるためにあえて全く知らないジャンルにチャレンジするのもいいですね。

後に繋がると考えればモチベーションを維持しやすいと思います。

金融機関から融資してもらう

本格的なビジネスとしてAmazon輸入を行うのであれば銀行や信用金庫などで融資を受ける方法もあります。

ただし融資を受けるには「信用」が必要なので、始めたばかりの事業では融資担当者を納得させるのは難しいかもしれません。

・税理士を雇う

・しっかりとした事業計画書を作る

・自己資金で実績を積む

といった方法で確率を高めるのが良いでしょう。

Amazon輸入の資金が少なければ無在庫転売も検討する

資金がない場合には無在庫転売という方法もあります。

先に商品を出品し、購入者が現れてから仕入れを行うという手法です。

在庫を抱えることがないため資金を気にせずに行えるメリットがあります。

ただし無在庫で輸入を行う場合には顧客への発送まで時間がかかってしまい、クレームを受けるリスクもあります。

迅速な対応や事前説明をしっかりと行うようにしましょう。

自宅を経由して発送するのが大変であれば、仕入れ先から直送したり発送代行会社に依頼をすることで効率をアップさせることも可能です。

資金が少ない方はまずはこういった方法で資金集めをするのも良いかもしれません。

Amazon輸入には資金だけではなく時間も必要

Amazon輸入で本気で稼ごうと考えたときには資金だけでなく時間も必要になるということを覚えておきましょう。

Amazon輸入では

・商品リサーチ

・仕入れ

・梱包・発送

といった作業があります。

中でも商品リサーチは利益に直結する大事な作業です。

初心者のうちは利益が出る商品を見つけるのに時間がかかってしまうこともあると思います。

毎日数時間は作業ができるようにしましょう。

副業などであまり時間が取れないという方は外注を活用するのも良い方法です。

仕入れや発送作業は外注に任せ、自分は商品リサーチに集中するなど効率化を図りましょう。

Amazon輸入の資金管理を行う上で注意すべき点

これからAmazon輸入を始めようとしている方に覚えていただきたいのは「無理は禁物」ということです。

例えば

・資金がないままクレジットカードで商品を大量に仕入れる

・生活費を極端に削って資金を捻出する

・無理な借金をする

といったことです。

確かにビジネスで成功するためにはある程度のリスクも必要かもしれません。

しかし稼ぐために生活を犠牲にするのはやめてほしいと個人的には思います。

無理のない範囲でAmazon輸入を行うようにしましょう。