Amazon物販・副業の始め方を徹底解説!2023年稼げるせどりとは?

2018年に「モデル就業規則」が改訂され、副業を始める人が増えてきました。

副業を解禁する企業も少しずつ増え、「副業に興味がある」「副業を始めた」という方も年々増えていますね。

物販は、副業の中でも結果を出しやすいビジネスとしておすすめです。

今回は、その中でもおすすめなAmazon物販について説明していきます。

本記事では以下の内容についての解説をします。

  • 副業にAmazon物販がおすすめな理由
  • Amazon物販を始める際の準備物や販売するまでの方法
  • Amazon OEM物販の始め方
  • Amazon OEM物販が副業におすすめな理由
  • AmazonOEMの手順

副業でAmazon物販を始めたい方に向けて具体的な方法を徹底的に解説します!

また、AmazonOEMについても始め方・やり方について説明していきます!

ぜひ参考にしてくださいね。

物販NAVIの講師&監修者
講師プロフィール
船田 寛 42歳 広島県出身東京在住
「リアル~真実を追う180日~」第14回「EC戦略のスペシャリスト」
テレビ出演いたしました!

【期間限定】LINE友だち登録で以下の5つを300名様限定でプレゼント。(なくなり次第、ボタンを削除します)

5大特典
  1. Amazon中国輸入OEM完全攻略マニュアル
  2. 代表 船田のガチリサーチ実践動画
  3. 結果に直結する物販ツール2ヶ月無料クーポン
    (毎月5名様まで)
  4. Amazon OEM適正診断
  5. AmazonOEM「5Days実戦プロジェクト」

Amazon OEMコンサルタント。AmazonOEMで月30万円以上のプレイヤーを多数輩出

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
目次

物販・副業ビジネスを始めるならAmazon

冒頭でも説明していますが、副業をするならAmazon物販がおすすめです。

ではなぜ、Amazon物販がおすすめなのでしょうか?

Amazon物販をおすすめする理由は以下の2つです。

  1. Amazonというプラットフォームが強すぎる
  2. AmazonFBAで発送・梱包を外注できる

ここからは、そもそも物販とは何かについての解説と共に、上記で挙げたAmazon物販をおすすめする理由について、一つずつ解説していきます。

物販ビジネスとは

物販とは、その名の通り「物を販売すること」です。

物販というと、コンサートやライブ会場でのグッズ販売のことを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

このようなオリジナル製品を販売することを一般的に物販と呼びます。オリジナル製品を販売することだけではなく、スーパーやコンビニで物を販売することも物販です。

物販ビジネスは、大きく分けると2つあります。

  1. 仕入れた商品を販売する
  2. オリジナル商品を販売する

1つ目は、商品を安く仕入れて高く販売する「せどり」や「転売」です。

2つ目は、ハンドメイドアクセサリーのように自分だけのオリジナル商品を作成し販売する方法です。

このように、物販ビジネスは上記の2つの方法を利用して「安く仕入れて高く売る」ことで利益を得るビジネスを指します。

Amazonというプラットフォームが強すぎる

Amazonは誰もが知っている世界最大規模のインターネットショップです。

利用者は日本国内のみではなく、アメリカやイギリス、ドイツなど世界の主要国で市場規模のシェアを占めており、毎年増収増益で企業は右肩上がりを続けています。

日本での利用者は5000万人を超えており、これは日本の人口の約40%が利用していることになります。

また、AmazonはSEO対策がされています。

そのため、他のネットショップに比べると検索エンジンの上位に商品が表示されやすくなっています。

利用者が圧倒的に多いことに加え、商品が検索の上位に並びやすくなっているため、商品を出品すれば誰かが閲覧してくれますし、購入してもらえる確率もとても高くなります。

AmazonFBAで発送・梱包を外注できる

FBAとは、「フルフィルメント by Amazon」の略で、商品をAmazonに預けておくとAmazonが販売を代行してくれるサービスです。

商品の保管から発送までの業務を代行してくれるため非常に便利なサービスになっています。

商品の数が少ないうちは、自分で商品を保管・管理し、梱包し、発送するという作業もできます。

取り扱う商品数が増えてくると商品を保管する場所も必要になりますし、梱包や発送作業も大変になってきます。

また、Amazonに発送業務を代行してもらうということは、FBAのサービス料を支払うことで「Amazonの信頼度を買う」という意味にもなります。

例えば、自分が商品を購入したい時、その商品が出品者からの自己配送の場合と、Amazonからの配送の場合、どちらが信頼できるでしょうか?

Amazonから配送される商品の方が安心なのでそちらを購入しようと考える方もいらっしゃいますよね。

このように、AmazonFBAは便利な上にAmazonの名前を使って発送・梱包を外注できるのでとてもおすすめなサービスです。

Amazon物販・副業の始め方

ここまでは、副業でAmazon物販をおすすめする理由について解説してきました。

副業でAmazon物販がおすすめの理由をまとめると、以下のとおりです。

  • Amazonという世界最大規模のマーケットを利用することで商品が売れやすいから
  • 商品の梱包や配送を代行してもらえる便利なサービスがあるから

Amazon物販を始める理由について理解できたところで、次は早速Amazon物販を始めていきたいと思います!

でも、何の情報もないまま始めるわけにはいきませんよね。

「Amazon物販はどのように始めるのか?」
「何を準備をして、何を売れば稼げるのでしょうか?」

ここからは、Amazon物販の始め方について具体的に解説していきます。

Amazonセラーアカウントを作成しよう

Amazonで商品を販売する場合、Amazonの出品者用アカウントの作成が必要になります。

登録に必要な物は以下の5つです。

  1. クレジットカード
  2. 銀行口座
  3. 顔写真付きの身分証明書
  4. 電話番号
  5. メールアドレス

これらの準備ができたら、さっそく登録してみましょう!

Amazonセラーアカウント登録までの手順

  1. Amazonアカウントを作成する
  2. Amazon出品者のアカウントに登録する

出品者のアカウントを作成する前に、まずは購入者用のアカウント作成が必要になります。

Amazonアカウントを登録されていない方は、先に購入者用のアカウントを作成してくださいね。

次に、出品者用のアカウントを作成します。

Amazonのホームページ画面を開き、下までスクロールすると上記のような画面になります。

「Amazonで売る」をクリックして下さい。

「さっそく始める」をクリックします。

  1. 業種を選択
  2. 出品者の情報を入力
  3. クレジットカードの情報を入力
  4. ストア情報を入力
  5. 本人確認書類をアップロード

各項目ごとに必要事項を記入していくと出品者アカウントの登録完了です!

Amazon物販・副業で必要なものは?

ここからは、副業でAmazon物販を始める際に準備しておくものについて説明します。

物販を始めたいという方は既に持っているという方も多いかもしれませんが、必要なものは以下の4つです。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • プリンター
  • クレジットカード

Amazon物販で必要なもの一覧

Amazon物販を始めるにあたって必要なものは先程説明した通り、4つあります。

スクロールできます
必要なもの説明
パソコン反応が遅すぎたり、すぐ固まってしまうパソコンでは、短時間での作業が難しくなってしまいます。ある程度のスペックのあるパソコンを用意しましょう。
インターネット環境光回線がおすすめです。ある程度安定してインターネットを利用できます。外出先で手軽に利用できるフリーWi-Fiはおすすめできません。
プリンターAmazonに商品を納品する際に納品書等をプリントアウトするので必要になります。
クレジットカード収支を把握するために、できればビジネス用のクレジットカードの利用がおすすめです。

大口出品と小口出品のどちらがおすすめ?

Amazonでは商品を出品する時に、大口出品と小口出品という2種類の販売形態があります。

ここでは、大口出品と小口出品の特徴を紹介します。

スクロールできます
特徴大口出品小口出品
販売数49点以上/月49点まで/月
金額¥4900/月¥100/商品
一括出品×
各種レポートの参照×
独自の配送料を設定×
自社商品販売×
ショッピングカート獲得の可能性×
法人向け販売×
FBA

上記の表からわかるように、大口出品の方が利用できる機能がとても多いです。

そのため、どちらにするか検討中の方には大口出品をおすすめします。

大口出品では月額料金が必要になりますが、小口出品でも1つの商品につき100円を支払うことになります。

50品以上を販売する場合は金額的にもお得になります。

Amazon物販・副業では何を売る・仕入れる?

効率よく稼ぐには、市場の動向を適宜チェックして、今売れる商品を見つけることが重要です。

副業としてAmazon物販を行うのですから、できるだけ稼げる商品を売りたいですよね。

Amazonでは5000万種類を超える商品を取り扱っているため、大抵の場合、欲しい商品はすぐに見つかります。

では、これだけ多くの商品の中から一体何を仕入れて、売れば良いのでしょうか?

売れない商品を仕入れてしまうと損失に繋がるので、副業へのやる気を失ってしまうかもしれません。

今、売れている商品は何かを調べてその商品を仕入れることで、確実に売れる商品の仕入れができます。

ここからは、

「Amazon物販を始めるには何を売れば良いの?」

「何を仕入れるのがおすすめ?」

という疑問にお答えしていきます。

Amazonでは何が売れやすい?

Amazonでは全ての商品にランキングが付けられています。

人気の商品や欲しいものリストに多く登録された商品がランキング形式で紹介されています。

カテゴリーごとのランキングがありますので、これを仕入れの参考にしましょう。

どのカテゴリーでもだいたい1万位くらい以内であれば売れやすい商品といえます。

しかし、その時により順位が変動するので、あくまでも目安として活用してくださいね。

気になる商品については、個別の商品情報をチェックしてみてください。

商品ページの登録情報に、売れ筋ランキングが掲載されています。

その商品が同じカテゴリー内では何位に当たるのか、調べることができます。

以下はAmazonで売れやすい商品です。

  • カー用品

洗車用品、小物(吸い殻入れ、スマホスタンド、芳香剤等)、カーナビがよく売れます。

  • ホビー用品

フィギュア、コスプレ、ゲーム、おもちゃです。どれもAmazonでの売れ行きが好調です。

  • 家電

デジカメ、電気シェーバー、デジタルカメラ、加湿器などがよく売れています。

これらは、人気でよく売れている商品ジャンルです。

気になる商品がある方は、さっそくAmazonランキングをチェックしてくださいね。

hAmazon仕入れで初心者は何から仕入れるのがおすすめ? 

先程説明したAmazonランキングを参考にしながら、どの商品を仕入れるのか検討していくのがおすすめです。

ランキングを調べるときは、順位を見るだけではなくランキングの推移に注意しましょう。

例えば、流行の商品であれば、ある時だけランキングが急上昇し、その後は下降していきます。

しかし、生活に必要な商品であれば、長い間一定数の需要があるためランキングの変動も少なくなります。

先程も説明した通り、どのカテゴリーでもだいたい1万位ぐらい以内の商品は売れやすい商品といえます。

カテゴリーによって目安とする順位は変わってきますが、商品を仕入れる際は1万位に入っているかランキングの推移と共にチェックしておくことをおすすめします。

以下は先程紹介した売れやすい商品についての説明です。

  • カー用品

ライバルが少ないのでおすすめです。

全国的にカー用品店があり、ホームセンター等でも販売しているため仕入れやすいです。

  • ホビー用品

Amazonで特に売れ行きが好調です。

新品でも中古でも売れますし、回転率が高いためおすすめです。

  • 家電

小型家電は常に一定数の需要があります。

仕入れもしやすいのでおすすめです。

   

上記の商品は、初心者にとってもおすすめな商品です。

Amazonで出品が禁止されている商品とは

Amazonには、出品が禁止されている商品があります。

以下を参照してください。

制限対象商品についての各項目をクリックすると、それぞれの詳しい内容が表示されます。

出品可能商品例と出品禁止商品例、その他お役立ち情報等が記載されていますので、販売する前に把握しておいて下さいね。

制限対象商品についてまとめると、法律や条例違反になるもの、販売に承認や許可が必要なものは出品禁止になっています。

出品規制がされている商品もあります。

例えば、家電メーカーでは、Apple、Cannon、EPSON、Nikon、象印など有名なメーカーが規制対象になっています。

このような商品については、事前に販売が可能か確認をとる必要があります。

Amazon物販・副業の始め方手順

ここまで、実際にAmazonで物販を行う際の手順について具体的に説明してきました。

内容をまとめると、副業でAmazon物販を行う手順は以下の通りです。

  1. Amazonセラーアカウント作成
  2. 出品者情報を入力
  3. 売れる商品を探す
  4. 商品を仕入れる
  5. 商品確認
  6. 商品登録
  7. 梱包
  8. 発送

これまでの内容は、上記の1〜4の内容について説明してきました。

商品を販売するまでの手順はまだもう少し残っています。

それでは、今度は「5.商品確認」をするところから、「7.梱包」について具体的に説明していきます。

商品確認

販売者として、商品の確認が必要です。

例えば、自分が商品を購入したとき、以下のようなことを経験したことはありませんか?

  • 仕入れた商品が違う商品だった。
  • サイズや種類が合っていなかった。
  • 商品の数が間違っていた…。

せっかく商品が送られてくるのを楽しみにしていたのに、思っていた物と違うものや傷ついた商品が送られてくるとがっかりしてしまいますね。

出品者としても、商品の返品率が上がったり、レビューの評価が下がるとAmazonからの信用を失い、販売ができなくなる可能性も出てきます。

商品の品質をチェックして、お客様の信頼を獲得することは販売を行う上でとても重要です。

商品登録

既存の商品を登録する方法は簡単です。

Amazonセントラルセラーにログインし、商品登録を行います。

商品登録の手順は以下の通りです。

  1. 商品名やバーコードを入力して商品を検索
  2. 「出品する」をクリック
  3. 商品情報を入力

商品情報は、商品の販売価格や在庫数を入力します。

Amazonでは、1つの商品の紹介は1ページだけです。

既存商品については、既に商品販売用のページが存在するため、商品の写真や説明については既に記載してあります。

そのため、簡単な商品情報の入力だけで登録が完了する仕組みになっています。

梱包

商品の確認をして、登録を済ませたら、次は梱包です!

FBAを利用される方は、梱包作業はAmazonにお任せできるので便利ですね。

商品は梱包された状態でお客様に届くので、お客様が一番始めに見る部分は梱包されている状態です。

商品の状態が良いことはもちろんですが、梱包された状態が粗雑だと販売者の評価も下がってしまう可能性があります。

梱包に必要なものを以下に記載しましたので、参考にしてください。

  • はさみ
  • カッター
  • 定規
  • カッティングマット
  • 透明テープ
  • プチプチシート
  • 通販用のビニール袋
  • 段ボール箱

Amazon物販は副業におすすめ?

今までの内容では、副業をするならAmazon物販がおすすめな理由を説明し、具体的にどのような手順でAmazon物販を行うのかについて詳しく解説してきました。

ここまでで、Amazon物販の方法とメリットについては理解できたと思います。

では、Amazon物販を始めるにあたってのデメリットは何でしょうか?

Amazon物販のデメリット

  • 初期資金が必要
  • しっかり情報収集しないと儲からない
  • ライバルが多い

Amazon物販をする時には以上のようなデメリットがあります。

副業でAmazon物販をする人が増えてきているため、思うように儲からない人が多くなってきました。

Amazon物販は相乗り出品で稼げない人も多い

Amazon物販をする際に稼げない原因の一つが、相乗り出品です。

先程、商品登録の説明で少しだけ説明しましたが、Amazonの商品の紹介は「1商品に付き1ページ」になっています。

上の写真は、実際のAmazonの商品ページの写真です。

商品ページの右側に「新品&中古品(9)件の出品」という欄があります。

これは、この商品を出品している人が9人いるということです。

ここをクリックすると下の写真のように商品紹介ページの右側に他の出品者の情報が表示される仕組みになっています。

出品するときには既に商品が紹介されているページを利用して出品するため、商品の登録を一から行う必要がなくて便利です。

しかし、購入者側としては1ページ目に表示されたページに「カートに入れる」「今すぐ購入」ボタンがありますので、購入しやすいです。

相乗り出品者がいることに気づかずにそのまま購入する人もいそうですね。

このように、相乗り出品では商品紹介ページに掲載されている出品者は購入されやすいですが、その他の出品者の商品は購入されにくくなっています。

つまり、ライバルが多いほど稼ぎにくいということになります。

Amazon物販は2022年時点では副業におすすめできない

近年、通常のAmazon物販は副業としておすすめできなくなってきました。

なぜなら、副業としてAmazon物販を始める人が増えてきて、稼ぎにくい状態になっているからです。

冒頭でもお伝えしましたが、Amazonは誰もが知っている世界最大規模のインターネットショップです。

Amazon物販をおすすめする理由は、メリットが多く稼ぎやすいからです。

  • 集客力が非常に高い
  • FBAサービスを利用できる
  • 商品登録が簡単にできる

このように、副業を始める初心者に魅力的なメリットがあるため、近年は「自分でも稼げそう!」という人が増えてきました。

ライバルが多くなると他の出品者よりも売れやすくするために、価格競争が起きてしまいます。

価格競争に巻き込まれていくと、利益を得ることが難しくなっていきます。

そのため、副業でAmazon物販を始めたけれど儲からず、あきらめてしまう方も多いようです。

Amazon OEM物販の始め方・やり方

前述したように、通常のAmazon物販は参入者が増えているため稼ぎにくくなってきました。

他の人と同じやり方で商品を出品すると相乗り出品になり価格競争になってしまいます。

これではせっかく副業を始めても儲かりません。

儲かるためには対策が必要になります。

この儲かるための対策として、AmazonOEMを始める方が増えてきました。

OEMとはOriginal Equipment Manufacturingの略で、日本語では委託者のブランドで商品を生産するという意味になります。

つまり、委託者のオリジナルブランドで商品を生産し、販売するということです。

ここからは、AmazonOEMで主流となる中国輸入でのOEMの始め方について説明します。

Amazon OEMは中国輸入と組み合わせるのが主流

OEMは工場に商品の製造を依頼して自社ブランドの製品を販売することです。工場に製造を依頼するため、工場自体の経費や人件費を支払う必要がありません。

製造を依頼するためのお金と商品をどのように自分のブランド化していくかの構想があれば、あとは工場に製造を依頼して納品までをお任せできます。

中国輸入とは、商品を製造する工場を中国の工場に委託する方法です。

中国輸入では日本国内でOEMをすることに比べるとコストが安くすみます。

そのため、AmazonOEMをするなら中国輸入と組み合わせるのが主流になっています。

AmazonOEMと通常のAmazon物販の違い

AmazonOEMの何が良いのか、通常のAmazon物販との違いは何でしょうか?

以下に主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

スクロールできます
特徴AmazonOEMAmazon物販
相乗り出品なしあり
利益率高い低い
資金必要必要なし

まず、先程から説明している通り、通常のAmazon物販ではライバルが多く、相乗り出品になるため稼げない人が多いです。

しかし、AmazonOEMでは自社のオリジナル商品を販売するため、相乗り出品にならずに済みます。

自社の商品ページを大々的にアピールできるのはとてもメリットになりますね。

OEMは既存の商品にロゴを付けたり、タグを付けたりしてオリジナル商品にしていきます。

少しの付け足しや改良でできるため、製造コストは比較的安いです。

中国輸入で製造コストを抑えられるので、その分利益率も高くなります。

しかし、通常のAmazon物販に比べると資金は必要です。

OEM商品の製造ではロット数で製造を依頼することになります。

1ロット=〇〇個という単位で製造を依頼していきます。

まとまった数の製品を仕入れなければならないため、ある程度の資金が必要です。

中国輸入でOEMを始める手順

それでは、実際に中国輸入でOEMを始める際の手順を説明していきます。

OEMの手順は以下の通りです。

  1. 商品リサーチ

OEM製品はロット数での製造依頼が必要なため、通常の物販以上に多くの数を仕入れることになります。

通常の物販と同様に商品リサーチを行います。

そのため、確実に売れる商品をリサーチする必要があります。

  1. 工場へ見積もりを依頼

複数の工場を探し、工場へ見積もりを依頼します。

製品が思っていた物と違うものにならないように、どのような製品にしたいのか、なるべく具体的に説明することが重要です。

  1. 見積内容確認

工場から見積もり書が送られてきたら、その内容を確認し検討します。

内容に問題が無ければ、そのままサンプルの作成を依頼します。

  1. サンプルの確認

必ず完成した製品の実物を見て確認してください。

製品が自分の思った物になっているか、実際に見てみなければわからない部分もあります。

製造を依頼してからサンプルが届くまで2カ月ほどかかってしまう場合もありますが、写真などではなく、必ず実物をチェックしましょう。

  1. 再検討

サンプルを確認し、思っていた物と違う物だった場合は、再度サンプルの作成を依頼します。

問題なければ、量産品を製造してもらいます。

  1. 量産品の確認・販売

量産品が届いたら、製品を確認していきます。

問題がなければ、OEM商品の完成です!

商品が完成したらさっそく販売しましょう!

中国輸入とAmazonOEM物販を組み合わせるメリット

皆さん、日頃から様々な商品を購入しますよね。

商品の裏面を見たことはありますか?

よく見ると食品や洋服、電化製品など、様々な商品に「Made in China」と記載があります。

中国は世界各国から工場を誘致してきた影響もあり、今や「世界の工場」と呼ばれているほど工場が多い国なのです。

AmazonOEM物販を中国輸入で行うにはちゃんと理由があります。

AmazonOEMを行うメリットは以下の2つです。

  • コストが安い
  • 商品のクオリティが高い

それでは、上記2つのメリットについて説明していきます。

安い原価で輸入できるため、Amazon OEM物販と相性が良い

中国の製品は安い原価で仕入れられるので、AmazonOEMをするなら中国輸入がおすすめです。

ではなぜ、安い原価にできるのでしょうか?

中国輸入が安い理由は以下の通りです。

  • 材料費が安い
  • 物価が安い
  • 人件費が安い
  • 諸外国と比べると日本に近いため、輸送コストも低価格

中国で製造すると日本での製造に比べ20〜40%程度コストダウンになるとも言われるくらいです。

また、中国の内陸部では日本の1/10程度で製造できる地域もあるそうですので、そのような地域に依頼すればかなりコストが削減できますね。

物販ビジネスは「安く仕入れて高く売る」が原則なので、できるだけ安く製品を輸入して販売することで、儲かりやすくなります。

AmazonOEMを始めるにあたっては製造コストを安くできることはとても重要になりますので、AmazonOEM物販と中国輸入はとても相性が良いのです。

商品のクオリティが高い

中国製品といえば、安い代わりに品質が良くないというイメージがありませんか?

少し前までは、「安かろう悪かろう」という言葉の通り、あまり品質が良くない物も多くありました。

しかし、中国は海外の企業を多く招き入れてきた経緯があり、設備が整ってきたため、商品の品質が向上しています。

中国は経済特区や開発区と呼ばれる区域があり、海外企業の誘致を積極的に行ってきました。

海外企業にとっては中国に企業を構えることにより経済的な支援が得られるというメリットがあるため、海外諸国から多くの工場が建てられました。

海外企業が中国内にたくさん工場を造ったことにより、中国は海外企業の高度な技術を取り入れることに成功し、高度な技術が必要な製品も中国で製造できるようになりました。

一昔前に比べると不良品が減少し、商品のクオリティが高くなっています。

Amazon OEM物販が副業におすすめな理由とは?

今までの内容は、「副業をするならAmazon物販がおすすめ」で、「Amazon物販よりもAmazonOEMの方がおすすめ」という内容を解説してきました。

以上の内容をまとめると、AmazonOEM物販が副業におすすめな理由は以下の通りです。

  • AmazonOEMだと相乗り出品により価格競争に巻き込まれない
  • AmazonOEMだと自社ブランドオーナーとして健全なビジネスモデルを確立できる
  • AmazonOEMで通常Amazon物販との差別化が可能

つまり、副業をするならAmazonOEMが最も稼げておすすめということです!

AmazonOEM物販・副業は差別化しやすい

通常Amazonで商品を販売する場合、既存の商品を仕入れて出品します。

この方法では相乗り出品になってしまい、価格競争に巻き込まれてしまう可能性が高まります。

ライバルの多いAmazon物販で稼ぐには、ライバルとの差別化をどのようにして行うかがとても重要になります。

そこで、ライバルと差別化を図るためにAmazonOEMを始めてみましょう。

AmazonOEMでは、自社のオリジナル商品を商品紹介の1ページとして大々的にアピールできるので、既存の商品で相乗り出品するよりも売れやすくなります。

自社の商品ですから、商品ページも自分で工夫できます。

商品タイトルを工夫したり、説明文を工夫していくことで似たような商品を出品している人とも差別化できます。

商品にオリジナル要素を付けるのも良いですし、既存の商品をセット販売する方法もあります。

少しの工夫をすることで差別化ができますので、通常物販で稼ぐのが難しくなってきた方はぜひ、AmazonOEM物販を始めてくださいね!

Amazon OEM物販は独学だと稼げない

AmazonOEM物販はどのような方法で学べば良いのでしょうか?

現在はインターネットで調べれば、ブログやYouTube等の無料で学べる教材がたくさんあります。

AmazonOEMを始めたい方は書籍やセミナー、コンサルを受けるのがおすすめです。

弊社が運営するセミナーでは、6ヶ月で学べるAmazonOEMセミナーを開催しています。

6ヶ月学ぶことで、その先ずっと物販で稼ぎ続けられる方法をお伝えします。

半年間のセミナーのため、短期間で楽に稼げるというものではありません。

そこで、弊社では中国輸入×AmazonOEM物販についての非常に再現性の高い方法をお伝えしていきます。

また、AmazonOEMを始めるとなると中国輸入が必要になり、ハードルが高いと感じてしまいますよね。

ご安心ください。

弊社では中国輸入で使用するプラットフォームや現地同行までワンストップで副業物販で稼げる人材を育成してきました。ご参加を心よりお待ちしております。

Amazon物販・副業の始め方を徹底解説!2023年稼げるせどりとは?:まとめ

本記事では、副業のAmazon物販・AmazonOEMの始め方について徹底解説してきました。

本記事の内容をまとめると以下になります。

  • 副業で物販ビジネスを始めるならAmazon物販がおすすめ
  • Amazon物販の始め方について手順を解説
  • Amazon物販ではライバルが多いため、AmazonOEMを始める人が増えている
  • AmazonOEMは中国輸入と組み合わせる
  • 中国輸入でのAmazonOEMの手順を解説

副業でAmazon物販を始めたい方へ、Amazon物販とAmazonOEMの具体的な手順について解説しました。

本記事をぜひ参考にしてくださいね。

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

300名様限定で今だけプレゼント!/

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次