メルカリ転売

メルカリでのAmazonからの無在庫転売は違法にあたるのかを解説

フリマアプリの中でもトップの知名度を誇るメルカリ。

出品から購入の手続きもスマホ1つで完了してしまう手軽さから、学生から主婦の方まで幅広い層のユーザーが利用しています。

これから転売を始める方や、販路を広げたいと考えている人にはとっても魅力的なマーケットですよね。

フリマと聞くと「不用品の売買」というイメージが強く、

フリマアプリのメルカリで転売してもいいのか?

違法にならないのか?

そういった不安からなかなか1歩を踏み出せない…という方へ、メルカリで転売するにあたってのルールを解説します。

まず、メルカリでは手元に在庫のない無在庫転売は禁止です。

他のマーケットで出品されている商品画像や情報をコピーし、売れたら仕入れるという、amazonでは当たり前に行われている無在庫転売ですが、メルカリで同じ事をすれば違反行為として警告や通報を受けてしまいます。

もちろん無在庫転売は、法的には認められており違法ではありませんが、メルカリでは違反行為となります。

ただし、転売自体については特に禁止をしていません。

考え方としては、例えamazonから仕入れたとしても、メルカリ内で仕入れたとしても一度出品者の手元に渡れば、出品者の所有物になります。

所有物が価格設定をし、出品・販売することは自由なのです。

仕入れが売れた後になる事からリスクも低く、すぐに始められる無在庫転売で稼ぎたい!

そう考えるのは自然な事ですが、違反をしてしまえば警告・通報から始まり、ゆくゆくはアカウント停止、逮捕という可能性だってあるのです。

違反行為はふとしたきっかけで立派な犯罪になってしまうこともあります。

知らずに犯罪に加担してしまっていた…なんて事にならないよう、メルカリで転売をしたいと思ったらまず規約を読み込みましょう。

しっかりルールを理解をした上で、どうやって稼いでいくか?メルカリ転売の戦略をたてましょう。

メルカリは工夫やアイディア次第できちんと収入が得られる市場です。

 

メルカリでのAmazon仕入れの無在庫転売は儲かる

メルカリは私用での利用が多く、商売においては初心者の人(市場価値に疎い人)もたくさん利用しています。

なので、amazonで3000円で出品されている商品も、6000円で売れる可能性が大いにあるのです。

発生した差額が利益となるので、儲かりやすい市場ですよね。

無在庫転売の流れの一例として、

1.amazonの出品情報をコピーし、メルカリで高値をつけて出品

2.メルカリで売れたらamazonで購入し、そのまま直送する

といった手順があります。

売れた後に商品を仕入れるのでリスクも低く、発送もamazonにお任せなので手間もかかりません。

更には仕入れの際にクレジットカードを利用すればメルカリでの売り上げ金で支払ができます。

最初に出ていく出費を最小限に抑えることができ、軌道に乗ってしまえば簡単に稼ぐことができてしまいます。

違反をすれば、アカウント停止や売上金没収につながることも。

もちろん警告を無視して続けた場合は、犯罪となります。

 

メルカリ内でAmazonから転売するのは違法なの?

 

メルカリでamazonから仕入れたものを転売することは違法ではありません。

転売行為は「他人物売買」としてきちんと法的にも認められています。(民法560条)

ただし、メルカリでは在庫が手元にある場合のみ、転売を許可されています。

注文後に商品の仕入れをする無在庫転売は禁止されているのです。

違法ではありませんが、違反となります。

違法じゃないなら大丈夫と、何度注意をされてもその行為を続けた場合は「業務妨害」となる可能性もあるので注意しましょう。

業務妨害による損害賠償(民法709条)や、規約違反による債務不履行に基づく損害賠償(同法415条)などの、法的措置を取られてしまうことも。

 

法律上はOK しかし規約に違反する可能性がある

メルカリでは、有在庫の場合は許可していますが、無在庫転売は違反になります。

 

購入後に手元に商品がないことによる取引キャンセルや配送の遅延によるトラブルを避けるため、手元にある商品のみ出品することが可能です。
また、購入された後に他社のサイトやサービスを通じて購入者に商品を発送する行為を禁止します。
他社のサービスから商品が届いた場合は、事務局にご連絡ください。

メルカリガイド 禁止されている行為

 

要は「手元にあるか、ないか」が基準になります。

転売目的でamazonから仕入れても、手元にあれば違反にはなりません。

 

実際に手元にある商品画像を掲載せず出品すること

メルカリガイド 禁止されている行為

 

このように、出品方法についても違反行為が定められています。

手元に商品があるけど、面倒で転載画像を使用したら無在庫転売とみなされて通報、警告を受けてしまった…そんなケースもあるのです。

だからこそ、きちんと規約に目を通し理解することが重要です。

結果、損をしてしまうのはあなたなのです。

無在庫転売だけでなく、極端な高値をつけるなどの転売行為は警告の対象になってしまいますので気を付けましょう。

 

転売ではどんな場合が違法になるの?

法律上、違法とされている転売行為があります。

基本法的にNGなものは、メルカリでもNGです。

もちろん、そのような違法行為を行えば逮捕に至る場合も。

メルカリで違法転売をしてしまった場合は、アカウントの停止や最悪売上金の没収になってしまいます。

故意で違法の転売を行っていればもちろん法的措置は行われますが、自覚がなく手を出してしまうケースも。

「そんなつもりじゃなかったのに…」

となってしまう前に、転売をしていくにあたって以下の4つはきちんと理解をしておくべき事項となります。

 

チケット転売(ダフ屋行為)

プレミアチケットなどと呼ばれ、高値がつくチケットがあります。

それを転売目的で購入し、販売する事は禁止されています。

かなり国でも厳しくなってきている問題ではありますが、高くてもチケットを購入する人が後が絶たないのも事実。

基準もあいまいではありますが、「営利目的である」とみなされた場合は違法となります。

違法ではないケースとして、行く目的で購入したチケットを急用などで行けなくなったからと販売するのはOKです。

ただ、高値をつけてしまうと「営利目的である」とみなされてしまう場合もありますので価格設定に注意が必要です。

メルカリでも、以下に該当する商品が違反とされています。

 

■主な違反商品

・転売目的で得たとみなされるチケット

・記名式チケットや、個人情報の登録のあるチケット

・記名式の航空券

・使用が利用者本人に限られているもの

・手元にないチケット類

メルカリガイド 禁止されている出品物

 

チケット転売は国で取り締まりの強化を行っているので、出品する際はしっかりと規約を確認しましょう。

 

偽ブランドの出品・販売

特にアパレルで多く見られるコピー商品。

コピー商品を販売すれば、違法ということは十分に周知されていますが、

大手モールでも偽ブランドは多く出回ってしまっているのが現実です。

厳しく取り締まっても、スーパーコピーと呼ばれるものは、メーカーの人間が鑑定しても見分けられないものまであるのです。

故意に偽物を販売している人もいれば、知らずにコピー商品を販売してしまっているケースも少なくありません。

あからさまに価格が安いブランド品を見つけた時に、「これは稼げそうだ!」と飛びつきたくなってしまいますが

・安すぎるものは絶対仕入れない

・証明書の有無や販売ルートをチェックする

等の注意を払って取り扱うことが必要です。

もし知らずにコピー商品を販売してしまったとしても、「知らなかった」では済みません。

故意ではないと主張をしても、それを仕入れて売ってしまったことには変わりないのでれっきとした犯罪となってしまうのです。

最悪、商標権者に対して損害賠償を行わなければならない上、10年以下の懲役、1000万円以下の罰金、その両方の刑罰が科されます。

 

古物商許可証の未取得

古物商許可証とは、商用目的で中古品を仕入れて販売する際に必要な免許のことです。

取得方法は簡単で、必要書類を警察署に提出すればだいたい10分程で完了します。

ですが、今ではメルカリを始め身近なフリマアプリ等で誰でも簡単に転売ができてしまうことから、未取得の人も多いのです。

もちろん、単に不用品をフリマアプリで売るだけでしたらわざわざ取得する必要はありません。

 

Q
自分で使っていた物をオークションで売りたいと思いますが許可は必要ですか?

A
自分で使用していたものも中古品ですので古物には該当しますが、自己使用していたもの、自己使用のために買ったが未使用のものを売却するだけの場合は、古物商の許可は必要ありません。
しかし、自己使用といいながら、実際は、転売するために古物を買って持っているのであれば、許可を取らなければなりません。

警視庁 古物営業法FAQ

 

正直なところ、多少の収入を得ている古物商許可証の未取得者に対して厳しい取り締まりが行われていません。

だからといって、転売目的で無許可で販売をし続けていたら、どんなきっかけで取り調べられるかはわかりません。

れっきとした違法行為なのです。

もちろんその収入が大きくなれば逮捕に至るケースもあります。

今後転売をしていく予定であれば、簡単なので絶対に取得しておきましょう。

 

その他法令に関わる事項

他にもたくさんの違法行為があります。

これらの行為はもちろんメルカリでも禁止とされているので理解をしておきましょう。

知的財産権の侵害

他人の知的財産権を侵害する商品を販売、譲渡する行為は、商標法、意匠法、著作権法などの法律で禁止される違法行為であり、懲役10年以下、罰金1000万円以下の刑罰が課される可能性があります。

メルカリガイド 禁止されている行為

他人のアイディアを使って収入を得ることは違法です。

海賊版のDVDやブランドロゴを勝手に使用した商品などはそれに該当します。

 

・食品衛生法

日本において飲食によって生ずる危害の発生を防止するための法律。
食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃについても規制の対象となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

食品だけでなく、食器なども規制の対象となっているので気を付けましょう。

不衛生なものや腐敗しているものはもちろん、保健所許可や営業許可のない食品はNGです。

 

・医薬品医療器等法(薬機法)

行政の承認や確認、許可、監督等のもとでなければ、医薬品や医薬部外品、化粧品、医療機器の製造や輸入、調剤で営業してはならないよう定めている。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

身近なかぜ薬をはじめ、漢方薬や医療機器などがそれに該当します。

医療機器については、届出が必要なもの、不要なものもあるので事前にチェックをしておきましょう。

医療機器の具体例

 

メルカリはフリマアプリであることを理解する

メルカリは、あくまでもフリマアプリです。

私用で楽しんでいる人たちがたくさんいることを忘れずにしましょう。

本来、フリーマーケットは不要品を売りたい・買いたい人が集まる場です。

もちろんその会場に出店をするのには、許可を取り、ルールを守ることは当たり前のことですよね。

メルカリをビジネスの場として活用するのなら古物商許可証を取得する・規約を守ることは当たり前なのです。

きちんとルール守った上で展開していきましょう。