メルカリ転売

メルカリでスプレー缶を発送する方法 郵便局やメルカリ便で送ることはできる?

メルカリでヘアスプレーや制汗剤などのスプレー缶を売りたいけど、ヤマトや郵便局では引き受けてくれないかもと不安に思っている方も多い思います。

「スプレー缶って郵送できないの?」

「メルカリ便で発送できるって聞いたけど・・」

「陸送なら大丈夫って聞いたけど本当?」

たくさんのある情報のどれを信じていいのかわからず、出品をためらっているのではないでしょうか。

スプレー缶を発送する方法はあります。

スプレー缶の発送ができる配送業者を選び、正しく発送すれば大丈夫です。

とはいえ、発送がOKなケースとNGなケースがあるので、しっかりと把握してから出品することをおすすめします。

こちらの記事では、メルカリで売れたスプレー缶の発送方法について詳しく解説していきます。

・メルカリ便でのスプレー缶の送り方が知りたい

・スプレー缶を郵便局から送ることができるのか

・スプレー缶の梱包方法の注意点を知りたい

このような疑問をお持ちのあなたに、参考にしていただける記事になっています。

スプレー缶の発送方法が分かれば、安心してメルカリに出品することができますよね。

メルカリでスプレー缶を売って、売り上げを伸ばしていきましょう。

スプレー缶は郵便局やメルカリ便で送ることはできる?

スプレー缶は、条件付きで郵便局やメルカリ便で送ることができます。

その条件とは、航空機便ではないことです。

スプレー缶は、航空機による郵送ができない危険物に法律で指定されています。

更に、発送業者、スプレー缶の種類によって、発送できないケースもあるので注意が必要です。

LPGやLPガスと記載された可燃性のあるスプレー缶

・郵便局では、航空・陸便どちらとも発送はNG

・ヤマトは、陸便・船便はOKで航空はNG

発送がNGな理由は、可燃性があるスプレー缶が危険物扱いで、爆発の危険があると判断されているからです。

メルカリ便を利用する場合、らくらくメルカリ便(陸送・船便)はOKで、ゆうゆうメルカリ便はNGとなります。

天然水スプレー化粧品などの不燃性のスプレー缶

・郵便局は、定型外のみOK

・ヤマトは、陸便・船便はOKで航空はNG

郵便局からは定型外のみとなるので、ゆうゆうメルカリ便でスプレー缶は発送NGです。

このように、発送業者やスプレー缶の種類によって違うので、出品前には注意が必要となります。

スプレー缶は航空機での郵送ができない

スプレー缶は、航空機での郵送ができません。

というのも、危険物として取扱されるものは、航空機で輸送することが法律で禁止されているからです。

航空機で輸送できないものは、陸便・船便での輸送となり、航空便と比べるとお届け日数がかかってしまいます。

スプレー缶を出品する際は、通常よりもお届け日数がかかってしまう旨を記載しておきましょう。

郵便局:航空危険物についてのお知らせ

出品前に配送可能かの確認を取る

スプレー缶を出品する前に、配送業者に発送可能かの確認を取るとメルカリの取引がスムーズになります。

スプレー缶にも可燃性と不燃性と種類があり、どれが発送可能なのか自己判断は難しいですよね。

郵便局やヤマト営業所に、配送可能かの確認を出品したいスプレー缶の種類と名称を伝えると、発送可能かどうかを教えてくれます。

発送方法が確実にわかっていれば、購入者も安心して購入できます。

出品前に発送可能かを確認して、スムーズにメルカリで売っていきましょう。

スプレー缶の梱包方法の注意点

スプレー缶を発送する時は、配送中に蓋が開いてしまったり、潰れないように梱包することが大切です。

スプレー缶の梱包方法の注意点をみていきましょう。

・スプレー缶はプチプチでしっかり巻く

・衝撃を和らげるために、プチプチを二重に巻いておく

・紙袋ではなく、段ボールに梱包する

・隙間ができないよう、新聞紙などで隙間を埋める

・段ボールの蓋が開かないようガムテープでしっかり止める

おおげさな梱包方法に見えますが、危険物とされているスプレー缶に衝撃を与えないよう梱包することは重要です。

無事に購入者の元へ届くように、しっかりと梱包をしましょう。

メルカリでスプレー缶を発送する方法

メルカリでスプレー缶を発送する方法は2つあります。

・らくらくメルカリ便

・郵便局の定型外(陸便)

では、2つの発送方法について詳しくみていきましょう。

らくらくメルカリ便で送る

らくらくメルカリ便でスプレー缶を送る場合、陸便もしくは船便での発送となります。

スプレー缶が売れたら、しっかりと梱包してヤマト営業所へ持ち込みましょう。

もちろんコンビニでもOKですが、スプレー缶という特殊な商品の発送なので、取扱に慣れた営業所からの発送がおすすめです。

営業所の端末から伝票を出す際、商品名がスプレー缶と記載されるように、商品名を書きかえます。

もし商品名変更を忘れてしまった場合は、ヤマト営業所の方にスプレー缶が入っている旨を必ず伝えましょう。

営業所の方が危険物などのシールを張るなどの対応をしてくれます。

面倒だし、商品名はなんでもいいという甘い考えは禁物です。

というのも、中身を虚偽して発送しその商品が輸送中に爆発した場合、その責任はあなたが取ることになります。

2019年4月1日 商法改正に伴う注意点のご案内

1.「発送時における危険物の通知義務」について

ご依頼主様に危険物を含む荷物について当社への通知義務が課せられます。
通知をせずに、その荷物が原因で車両火災・航空機事故などが発生した場合、航空会社等から損害賠償を請求される可能性があります ヤマト運輸HP

このようなことになってしまったら大変ですから、商品の虚偽は絶対にやめましょう。

郵便局の定形外(陸便)で送る

郵便局の定形外(陸便)で送る場合、まずはスプレー缶が可燃性か不燃性かを確認しましょう。

郵便局では、可燃性の場合は陸便でも発送NGです。

定型外で発送できるのは、不燃性のスプレー缶だけとなります。

発送の際には、郵便局の方に「不燃性のスプレー缶」という旨を伝えておくとスムーズです。

中身を確認したいと言われても対応できるように、最後の蓋は郵便局で閉めるのもおすすめです。

まとめ

メルカリでスプレー缶を発送することは可能ですが、配送方法や可燃か不燃かによって違います。

郵便局からの発送は、定型外陸便で不燃性スプレー缶のみです。

しかし、らくらくメルカリ便では可燃スプレー缶でも、陸便・船便での発送がOKです。

虚偽などすることなく、スプレー缶を梱包していることをきちんと告げて発送すれば大丈夫です。

スプレー缶を発送する時は、らくらくメルカリ便か郵便局の定型外を利用して、売上を伸ばしていきましょう。