ラクマ転売

ラクマで匿名配送するやり方 設定方法や受け取り方を詳しく解説!

2019年1月15日以降、ラクマでも匿名配送を利用できるようになっています。

販売手数料が安いという長所はそのままで、匿名配送ができないという短所を克服したラクマはかなりお得で使いやすいフリマアプリと言えるでしょう。

こうした背景からこれから先もラクマを始める方が増えてくると思いますが、

「どうやったら匿名配送にできるんだろう?」

「ずっとメルカリを使っていたからラクマの使い方はよくわからないや」

このようにラクマで匿名配送をするやり方がわからないという場合もあるかもしれませんが、心配はいりません。

ラクマの匿名配送の設定方法はとても簡単で、商品を出品する際に配送方法の欄で「かんたんラクマパック(日本郵便)」を選択するだけです。

ただし、注意点もあります。

出品時に「かんたんラクマパック(日本郵便)」以外の配送方法を選択し、そのまま購入されてしまった場合には匿名配送が使えないという点です。

例えば、配送方法を「未定」にして出品した商品に関しては、購入された後に「かんたんラクマパック(日本郵便)」を選んだとしても匿名配送にはなりません。

匿名配送を利用したい場合には必ず出品時にかんたんラクマパック(日本郵便)を選択する必要があります。

こういったラクマの匿名配送の設定方法や注意点をこの後さらに詳しく解説していくので、

今まで匿名配送のためだけにメルカリを使っていた

これからラクマで販売をして稼ぎたい

このような方はぜひ最後までご覧ください。

ラクマは販売手数料が3.5%と、メルカリの10%と比べてかなり安いというメリットがあります。

また、売上金が1万円以上でなおかつ振込先が楽天銀行であれば振込手数料もかかりません。

そのため上手く利用すればメルカリよりも効率よく稼ぐことが可能です。

ラクマの匿名配送を活用して安心でお得な取引を行いましょう。

ラクマで匿名配送サービスがスタート【2019年1月】

2019年1月15日より、ラクマで匿名配送サービスがスタートしました。

同じフリマアプリであるメルカリと比べられる事が多いラクマですが、匿名配送ができないという点がメルカリに劣る部分でした。

しかしその弱点を補ったことで、匿名配送を重要視するユーザーにとっても使いやすいアプリへと変わりました。

匿名配送とは

匿名配送とは、出品者と購入者が互いの名前や住所、電話番号を明かさずに取引ができる配送方法のことです。

フリマアプリは個人間の取引であるため、プライバシーを保護したい方にとっては利用しづらいという一面もあります。

そういった方でも匿名配送を利用することで個人情報を守ることができるため、安心して販売や購入ができるようになります。

ラクマで匿名配送を利用するための注意点

ラクマで匿名配送をするときには注意しなければならないこともあります。

場合によっては匿名配送ができなくなり、それによって購入者との間でトラブルになってしまう事も考えられます。

クレームや低評価を防止するためにも注意点をしっかりと確認しておきましょう。

かんたんラクマパック(ヤマト運輸)は利用できない

いくつかあるラクマの配送方法の中で匿名配送を利用できるのは「かんたんラクマパック(日本郵便)」だけで「かんたんラクマパック(ヤマト運輸)」では利用することができません。

どちらも似た名前で間違えやすいため、出品時にはよく確認をするようにしましょう。

もし匿名配送を使いたいにもかかわらず、間違えてかんたんラクマパック(ヤマト運輸)を選択してしまった場合には誰かに購入される前に配送方法を変更しましょう。

商品を購入されて取引が開始してしまうと匿名配送に変更することはできなくなってしまうからです。

匿名配送を利用できるのはかんたんラクマパック(日本郵便)だけということは必ず覚えておきましょう。

ラクマで匿名配送するやり方

ここからはラクマで匿名配送をするやり方を解説していきます。

匿名配送の設定方法自体は簡単ですが、注意点もいくつかあるためしっかりと確認をしておきましょう。

匿名配送でも発送元・落札者の住所登録は必要

匿名配送をする場合であっても、発送元・落札者共に住所登録は必須です。

匿名配送では、配達を行う郵便局に荷物が到着した後にラクマに登録されている氏名や住所といった情報に基づいてお届け先の住所が記載されたシールが発行されます。

この時、正しい住所が登録されていないと商品が届かないなどといったトラブルに繋がってしまいます。

たとえ匿名配送しか使わないとしても必ず正しい情報を登録しておくようにしましょう。

匿名配送の設定方法

ラクマでは出品する際に配送方法を「かんたんラクマパック(日本郵便)」に設定しておくだけで匿名配送が自動で適用されます。

名称が似ているかんたんラクマパック(ヤマト運輸)の方では匿名配送が適用されないため、間違えないように十分注意しましょう。

日本郵便の方には青に白文字で「匿名配送」と記載されたマークがあるため、そちらで判断するのも良いでしょう。

もし間違えて他の配送方法を選んでしまったとしても、商品を購入される前にかんたんラクマパック(日本郵便)に変更をすれば匿名配送を利用可能です。

購入された後の変更では匿名配送が使えないため、忘れず早めの変更を行いましょう。

匿名配送を設定した商品が購入された後は、郵便局かローソンに持ち込んで発送手続きを行います。

取引画面からQRコード(二次元コード)を表示させて

・郵便局のゆうプリタッチ

・ローソンのLoppi

のいずれかの機械で読み取ることで送り状を発行することができます。

匿名配送の場合、送り状にあるお届け先の情報は暗号化されているため、出品者が購入者の個人情報を知ることはありません。

送り状を発行できたらレジで発送手続きを行いましょう。

匿名配送の受け取り方

ラクマでは郵便局留めやコンビニ受け取りなどはできず、基本的に自宅で受け取ることになります。

ラクマの公式ガイドにも以下のように記載されています。

ラクマでは、郵便局内私書箱・私設私書箱・郵便局留・営業所留など、利用できる配送方法が限定される配送先や、受け取り確認が不明確となる住所の利用は禁止しています。

万が一トラブルとなった場合、ラクマカスタマーサポートではサポートができません。

配送事故防止のためにも、配送先住所には、玄関先で商品を確実に受け取ることができる住所の登録をお願いします。

【引用元:フリマアプリラクマガイド集

ラクマの匿名配送は取引相手に個人情報を知られないようにするものであり、実際に配達をする郵便局員に対して匿名にすることはできません。

まとめ

ラクマでは出品時に配送方法をかんたんラクマパック(日本郵便)に設定するだけで匿名配送を利用できます。

今の時代、個人情報をなるべく他人に知られたくないと考える方も多いです。

匿名配送を活用し、出品者と購入者の両方が安心して取引を行えるようにしましょう。