メルカリ転売

メルカリで売れる商品写真の背景の色やコツを解説!白がベストとは限らない?

メルカリでは出品時に掲載する商品写真によって売れ行きが変わることがあります。

特に写真の背景は商品の印象を左右する重要なポイントです。

「どうして自分の商品は売れないんだろう…」

「他と比べて”いいね!”が少ない気がする…」

こう感じている方は商品写真の背景を見直してみると改善されるかもしれません。

中古品が多いフリマアプリでは清潔感がある商品写真を撮ることが大切です。

・ゴミが散らかった部屋が写っている

・布団の上で撮影されている

このように生活感が強い写真を使っている商品はあまり売れません。

きちんと商品管理がされているのか、購入者が不安に感じるからです。

アプリで画像を加工したり、背景を変えるなどして清潔感がある写真に仕上げましょう。

一般的に好まれるのは、白色の背景です。

100均にあるような白い布や画用紙などの上に商品を置いて撮るという簡単な方法でも見る人に清潔な印象を与えることができます。

ただし、全ての場合で白色の背景がベストという訳ではありません。

例えば商品の色も白だった場合、商品が背景に紛れて目立たなくなってしまいますよね。

そのため、色々な商品に合わせられるように背景を何種類か用意しておくのが良いでしょう。

背景に使うものや写真を撮る場所をある程度決めておくことは時間の節約にもなります。

効率よく出品していけばさらにメルカリで稼ぎやすくなっていくでしょう。

メルカリで稼ぎたい

早く在庫をなくしたい

こういった方は、この記事で売れる商品写真の背景の色やコツについての知識を身につけ、実践してください。

商品を見る人、購入する人が満足できるような写真を掲載していれば自然と売れ行きも伸び、高評価も増えていくと思います。

メルカリで商品を売りたいなら背景に拘ろう

メルカリでは、商品写真の背景に拘るだけでも商品が売れやすくなります。

メルカリで商品を購入する際、まず一覧で表示されている商品の写真を見て購入する商品を選びますよね。

つまり、商品写真の第一印象が重要ということです。

そしてその第一印象は写真の背景によっても大きく変わってきます。

商品を魅力的に見せる背景を選ぶようにしましょう。

商品の状態や色味がはっきりわかる背景を選ぶ

商品写真を撮るときは、商品の状態や色味がわかりやすい背景を選びましょう。

商品写真は商品を購入する際の重要な判断材料だからです。

例えば光の当たり方によっては影ができ、商品の傷や色を正しく認識できなくなってしまう事があります。

出品写真と届いた商品との印象に差があるとクレームに発展しやすいので注意が必要です。

なるべく明るい場所で撮る、商品を置く位置を変えるなど、商品が綺麗に写るように調整をしましょう。

生活感が出過ぎる写真は売れにくい

背景に部屋の様子が写っているなど、生活感を強く感じる写真は購入者に敬遠されやすいです。

例えば後ろに写っている部屋がゴミだらけだったら

「商品も汚いかも…」

と不安になってしまいますよね。

写真では判断が出来ない商品の匂いまで気になってしまうかもしれません。

こういった悪い印象を与えないためにも、生活感を感じさせないような写真を撮りましょう。

画用紙やカレンダーなどを商品の後ろに立てて置けば、白い背景を作りつつ部屋も隠せて一石二鳥です。

商品写真の背景に白色が好まれる理由

メルカリには商品写真に白色の背景を使っている出品者が多くいます。

白色の背景は好まれやすく、商品が売れる可能性が高いからです。

白色にはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

白色は清潔感がある

白色は見る人に清潔な印象を与えます。

「明るい」「汚れていない」といったポジティブなイメージがあるからです。

病院や飲食店の厨房など、清潔感が重要な場所では白い服装が多いですよね。

それと同じく、清潔感が大事なメルカリの商品写真にも白色が適しています。

商品が目立つ、見やすい

白色は光を反射しやすいため、商品や写真が明るくなります。

その結果

・商品一覧の中で目立ち、見てもらいやすくなる

・商品の文字や傷などがはっきり見えて購入者が商品の状態を把握しやすい

このようなメリットが生まれます。

どちらも商品の売れやすさに繋がる大切な要素です。

黒色は不潔なイメージの声も

白色の背景が好まれる一方、黒色の背景に対してはネガティブなイメージを持つ方もいるようです。

明るい白とは反対に暗い印象を持たれやすいのかもしれません。

しかし、商品によっては白色より黒色の背景の方が良い場合もあるので、商品に合わせて考えると良いでしょう。

出品写真の背景に白色がNGの場合

多くの人に好まれる白色ですが、商品写真の背景に適さないケースもあります。

その為「背景は絶対に白!」と決めつけるのは良くありません。

背景の色は柔軟に変えていく必要があります。

白系統の商品に白の背景はNG

白色の商品の商品写真を撮るときに白色の背景を使うのはやめましょう。

商品が背景に同化して目立たなくなってしまうためです。

もちろん白だけではなく、他の色も同様です。

・白の背景に白熊のぬいぐるみ

・黒の背景に黒猫のぬいぐるみ

このように商品と背景を同系色にするのは避けましょう。

商品に合わせた無地の背景を選ぼう

商品写真の背景には柄がある背景より無地の背景の方が適しています。

主張が強い派手な柄の背景を使うと、肝心の商品の印象が薄くなってしまいます。

あくまでも主役は商品なので、商品の魅力を最大限に引き出せるような背景を選びましょう。

売れる商品写真を撮る場所のコツ

売れる商品写真を撮るためには撮影の場所も重要です。

決して難しいことではありません。

見る人、買う人が不快にならないような心遣いが大切です。

日中の明るい時間に撮る

商品写真の撮影は日中の明るい時間帯に行いましょう。

夜に室内で写真を撮ると影が入り全体的に暗い印象になってしまいます。

窓の近くで自然の光を取り込みながら撮影をするのがおすすめです。

ただし、光が強すぎても見にくい写真になってしまうのでレースのカーテンで調節をしながら行うのが良いでしょう。

床に直置きはしない

フローリングなどの床に商品を置いて撮影をするのは避けましょう。

家の中とはいっても床に置かれた商品に抵抗を感じる人も多いからです。

清潔感を重視する人にとってはそういった写真を見ただけで購入の対象外となってしまうでしょう。

商品が売れるチャンスを自ら逃すのはもったいないので、商品はテーブルの上など綺麗な場所に置いて撮影をしましょう。

ゴチャゴチャしていないところで撮る

商品の周りには余計なものが写らないことが望ましいです。

周りがゴチャゴチャしていると気が散って商品の魅力がストレートに伝わりません。

テーブルの上に商品を置いて撮影する場合、周りのゴミなどを綺麗に取り除きましょう。

商品を立てて撮影したい場合には、部屋の中が写らないように白い画用紙などを商品の後ろに立ててから撮るのがおすすめです。

小さなキズや欠点をきちんと写す

キズや汚れなど、商品に欠点がある場合には隠さずにきちんと写しましょう。

欠点に納得した上で購入してもらわないと商品が届いたあとでクレームを受けてしまうかもしれません。

メルカリは写真を4枚まで掲載できるため、1枚はキズや欠点の部分をアップで撮った写真を載せると良いでしょう。

明るい場所で撮ることで小さなキズも視認しやすくなります。

商品の欠点をなるべく細かく伝えられるような工夫をしましょう。

まとめ

メルカリで商品を売りたい方は商品写真の背景に拘るようにしましょう。

適切な背景を選ぶことで

・商品を見てもらいやすくなる

・印象が良い

・商品の状態が購入者に伝わりやすくなる

といったメリットが生まれます。

出品者と購入者の双方が満足できる取引ができるようになるでしょう。