メルカリ転売

【メルカリ】出品手数料完全ガイド 安くするコツと損しないための注意点

メルカリで出品した商品が売れたのに「手元に入るお金が少ない」と感じることってありますよね。

「手数料ばっかりかかる」

「もっと利益がでると思ったのに」

そう思っているなら、手数料など安くするコツを知ることで対策をすることができます。

この記事ではメルカリの『振込手数料を節約できる方法』と、『損しないポイント』を解説しています。

・メルカリで出品だけでなく購入もよくする方

・メルカリで販売しても利益があまりでないと悩んでいる方

こういった方は記事を読み進めてください。

安くなるポイントを知ることで、利益を増やすことができます。

メルカリで出品した場合の手数料はいくら?

メルカリの販売手数料は10%になります。

その他に、現金化する際の振込手数料やライセンス使用料など手数料が必要に。

簡単に解説します。

販売手数料

メルカリの販売手数料は10%になります。

実際に商品が売れますと、その価格から10%金額が引かれます。

例を挙げると、1万円の商品を販売したら1000円の手数料です。

売り上げの10%は販売手数料で引かれます。

ライセンス料

二次創作の作品としてライセンス料が必要なのは、『Ingress』と『宇宙兄弟』の2つだけです。

版元へライセンス料支払いが課された場合、販売手数料が20%かかります。

それ以外の商品の販売手数料は10%となります。

売上金振込手数料

メルカリで売り上げを現金化する場合、必要なのが振込みの手数料です。

売り上げの金額に関わらず、通常の振込ならば200円。

売り上げを口座に送るその度に引かれます。

お急ぎ振込手数料

売り上げをすぐにお金に変えたい時は「お急ぎ振込」が便利です。

ただ振込の手数料『400円』と、通常よりも200円だけ高くなります。

状況に応じて使い分けるのがおすすめですよ。

メルカリ出品手数料を安くするコツ

メルカリのサービスをうまく活用することで、手数料をとられずに売上金を無駄なく使うことができます。

解説します。

メルペイを利用して振込手数料を実質無料にする

『メルペイ』を活用すれば、振込手数料はかかりません。

売上金をメルペイに、チャージするのに手数料などかかりません。

メルペイは、『セブンイレブン』などコンビニや『イオン』など大手スーパー以外にも、飲食店やドラッグストアなどでも使え、幅広く活用できます。

メルペイを利用すれば、無駄な支出の節約に役立ちますよ。

出品する商品値段の端数を9にする

商品をより売れやすく表示できます。

メルカリの販売手数料は端数切り捨て。

そのために、販売価格『1万円』と『9,999円』の売上金は変わりません。

例を挙げます。

■10,000円×10%(販売手数料)=1,000円

10,000円-1,000円=9,000円

■9,999円×10%(販売手数料)=999円

9,999円-999円=9,000円

この1円で何が違うのかというと、商品を「安い順」にて検索すると、より先に表示されます。

売上金は変わらずに、他の人より安くでき、購入される確率を少しでも上げられます。

売上金でメルカリの商品を購入する

メルカリで商品を買う時に、売上金を使ったら振込手数料がいりません。

メルカルで商品を買った後、『支払い方法の選択』で「売上金を使う」を選べば、手数料をとられずに現金として使えます。

メルカリで買物をする予定があれば、売上金を活用すると手数料分お得です。

メルカリで損しないための注意点

重要なのは商品の価格です。

解説します。

販売手数料+送料で赤字にならない値段設定をする

「販売手数料」と「送料」は前もって確認しましょう。

商品が売れたとしても、販売手数料と送料を支払って赤字では、得なことなどありません。

メルカリの販売手数料は10%、それに加えて送料が規格別にてかかります。

例を挙げます。

キャップ帽子を500円にて販売すると、

500円×10%(販売手数料)=50円

500円-50円=450円

『らくらくメルカリ便』で送るとし、送料が700円と仮定して、

450円-700円=-250円

250円の赤字です。

これらの事も考えて、値段を決める必要があるといえます。

赤字になった場合のメルカリ対応

メルカリ便で送料が足りない場合、メルカリに足りない分を補填してもらえます。

利益は無論出ませんが、発送だけは可能です。

基本的には送料含め、赤字にならぬ設定をするように気をつけましょう。

繰り返すとペナルティが科されることも

繰り返したら運営に「ペナルティ」を科せられることもあります。

メルカリ便の送料が足らない時は運営に代わりに負担してもらえます。

ただし何度も送料を負担してもらっていると『メルカリ便』に制限がかかります。

まとめ

メルカリを無駄なく使いこなすには、以下ポイントが欠かせません。

・振込の申請はまとめよう

・手数料がかからないサービスを活用しよう

・端数を9で揃えよう

・『販売手数料』と『送料』による赤字に注意

以上の点を抑えれば、安く損なくメルカリが使えます。

ポイントをうまく抑えて無駄のないメルカリライフを楽しみましょう。