国内転売ビジネス

メルカリで無在庫転売を行う時はAmazonの納品書を抜かないとクレームになる

メルカリで無在庫転売を行う場合には納品書は抜く

メルカリの規約で禁止事項になっている無在庫転売をおそるおそる始めたあなた。

どんなクレームが原因になって事務局への通報につながるのかはっきり掴んでいないと、不安を抱えたままビジネスを続けることになりますよね。

「納品書が問題なのは分かっているんだけど…」

「Amazonの箱での発送はやっぱりまずいかな?」

「事務局に通報されたら、すぐにアカウント停止になるのだろうか?」

「ツールを使った大量出品と販売はできるのだろうか?」

順調に転売を続けていくためには、不安材料をできるだけなくしていくことが最優先です。

最も大きな不安材料の一つ。

それは、「納品書問題」だと言っても過言ではないでしょう。

購入金額が記載された納品書が同梱されて購入者に発送され、不信感を抱かれる。

メルカリでの購入者は自分が支払った金額との違いに気づいて、驚きますよね。

差額が大きければ大きいほどクレームにつながるというわけです。

この場合に限って言えば、原因がわかっているのだから解決策はシンプルです。

・購入者に「納品書」が送られないように、仕入れ先の出品者に依頼する

・納品書から金額の記載を外して貰うよう、仕入れ先の出品者に依頼する

発送手配の際のこのひと手間がクレーム対策になるのですから、やり方を知って迷わず実践していきましょう。

・メルカリで無在庫転売を始めたけれど、納品書のことが心配で落ち着かない方

クレームが来た時の正しい対処法を知りたい方

転売ビジネスの足掛かりとして、メルカリ無在庫転売を継続していきたい方

ここでは、無在庫転売を不安なく続けていく際に最もネックとなる「納品書問題」について、丁寧に解説していきます。

あわせて、そもそもAmazonからの発送を疑われる「Amazonの箱問題」についても言及していきたいと思います。

将来的に無在庫転売ビジネスをさらに広げていきたいと考えている方は、ぜひ、この記事をお読みください。

リスクに対処する覚悟と、転売ビジネスを継続していく自信が生まれることまちがいなしです。

 

メルカリの無在庫転売はAmazonの納品書に注意!

メルカリは個人間のやり取りが基本の市場ですから、購入者の通報から無在庫転売業者と判断されるとアカウント停止や削除の可能性が大きいです。

通報される一つの大きな要因は、購入者が同梱されているAmazonからの納品書を見て、不信感を抱くことです。

「納品書を抜けばいいんだ!」

そうです。

納品書を抜けば、この問題は解決します。

ここで、実際に納品書を抜く方法を解説します。

【仕入れ先がAmazonのサードパーティに分類される個人や業者などの場合】

注文後すぐ、仕入れ先の出品者に直接メールで連絡を入れます。

「プレゼント用なので納品書を抜いて発送をお願いします」

これで、納品書の入ってない商品が購入者に届けられます。

メール連絡だけで不安な場合は、電話で念押しをしてもよいでしょう。

【仕入れ先がAmazonプライム会員の場合】

1、購入してレジに進んだ後、「ギフトの設定」を選ぶ

2、出てきた画面の左下「納品書に金額を表示しない」にチェックを入れる

たったこれだけで金額の入った納品書は同梱されなくなります。

ただし、「使用できるギフトの設定はありません」という商品もあるので注意が必要です。

その場合は、個人から仕入れる場合と同じように「プレゼントなので納品書を抜いてください」とメールや電話で伝えましょう。

【Amazonの箱で届くことも不信感の元】

Amazonの箱での発送は、通常であれば安心感のあるしっかりした発送ですから、問題はないはずです。

ですが、万が一メルカリの購入者が「なぜ、Amazonから?」と不信に感じて、事務局に報告すると たちまち問題発生です。

禁止されている無在庫転売を疑われ、最悪のケースは、即アカウント停止の可能性があります。

これについては、Amazonからの仕入れ先を個人や業者に限ることで解決します。

Amazonの倉庫から発送されるプライム商品を仕入れることはやめましょう。

Primeマークのついていない自社発送の個人や業者から仕入れるようにすると「Amazonから商品が届いた」というクレームをなくすことができます。

 

Amazonの納品書が購入者に見られたら

メルカリ市場で品物と価格に納得して購入した「その品物」に、Amazonの納品書が入っていたとしたら?

以下、「私」を購入者に例えて、どういうことが起こるかシミュレーションしてみましょう。

 

「無在庫転売」と言う言葉すら知らない頃の私でも、すぐにその品物をAmazonで検索してみるでしょう。

検索した結果、Amazonでの売り値を目にして二度びっくり。

「Amazonよりも500円高く買ってしまったんだ!!」

「メルカリの販売者に、コメントで問い合わせてみようかな?」

「いやいや、価格にも納得して買った訳だから…今度からは購入する時はメルカリだけじゃなくAmazonも覗いてみましょう」

 

「納品書を見た」というこの体験から、購入者としての無知な私が一つ賢くなり、転売者は一人お客を失ったというわけです。

それほど高価な品物ではなかったのが幸いして、「クレーム⇒事務局へ通報」まで行かなかっただけ、ラッキーだったと言うべきでしょう。

最近では、無在庫転売を疑わせるようなことが少しでもあると、すぐに通報する「賢い」ユーザーが増えてきました。

メルカリユーザーの無在庫転売への目が厳しくなっており、納品書や箱などAmazonを疑わせるモノを目にしただけで即通報というケースもあるようです。

ですから、Amazonを使って無在庫転売をする場合は、ユーザーよりもさらに細心に、より賢くすすめていかなければなりません。

前項でもふれましたが、仕入れ先をAmazonの箱を使わない発送のサードパーティバイヤー(個人や業者)に限った方が安全だと言えるでしょう。

 

無在庫転売はアカウント停止・削除の可能性がある

メルカリの無在庫転売を購入者に通報された場合のアカウント停止リスクは、避けられません。

何度も言いますが、メルカリでは無在庫転売を規約で禁止しているうえに、あらたな規制をどんどん追加しているからです。

この大前提は常に念頭に置いておかなければなりません。

そのうえで、撤退を余儀なくされるリスクを最小限におさえることはできます。

それは、購入者の通報を招く原因をできる限り作らないことです。

以下に原因と対処法を列記します。

・発送がAmazonの箱→Amazonの箱を使わないサードパーティバイヤーの商品を仕入れる

・購入者とのメッセージ交換→「Amazonの貸倉庫から発送しています」など、無在庫転売を悟られる言葉を使わない

・金額表示のある納品書→Amazonの「ギフト設定」で「金額を表示しない」にチェツクを入れる

・ツールでの大量出品→メルカリ側も自動チェツクツールで監視しているので、大量出品は控える

※メルカリでは、2017年に出品ツールを使用する行為が規約違反になり、取り締まりを強化しています。

 

間違って納品書入りの商品を発送してしまったら・・・

万が一、ご自分の手配ミスか仕入れ先の作業漏れでAmazonの納品書が入って発送され、購入者から質問、あるいはクレームが来たとしたら?

その時にどういう対応をするのかは、とても重要な問題です。

顔の見えないネット販売だからこそ、よけいに購入者に対する対応はしっかりとおこなっていく必要があります。

クレームが発生してしまっても、誠意をもってお客様へ接することを怠ってはいけません。

まずは、心をこめて謝罪しましょう。

 

素直に謝る

まずは、不手際を謝ることが必須です。

メルカリでの無在庫転売がこれほど問題になる以前でしたら、無視したりそれなりの言い訳でごまかすことができたかもしれません。

でも今は、不誠実な態度は通用しないと認識してください。

謝罪のコメントを送るに当たっては、相手が何を問題にしているのかをクレームコメントから読み取ることが第一段階です。

「間違えた納品書をお送りしてしまい、不快な思いをされたことでしょう。

まことに申しわけありません。

どのようなご要望にもお応えいたしますが、当方としては~」という感じですね。

 

返送してもらい返金する

謝罪したうえで、「返金と返送」を提案してください。

その場合、購入者がどう反応するかもいろいろ考えられます。

ケース①

クレームの相手がその商品を気に入っていた場合は、あなたの誠実な態度に不信感が溶けて、そのまま購入する→問題解決

ケース②

提案に応じてやり取りが終了し、事務局に通報するには至らない→まあまあ安心

ケース③

提案に応じてやり取りが終了するが、そのあと無在庫転売の疑いを事務局に通報→アカウント停止

どう転ぶかは、自分の応対次第!というくらいの覚悟で対応することが大切です。

メルカリでの無在庫転売に「100パーセントリスクのないやり方はない!」ということを肝に銘じておきましょう。

※納品書を抜いて貰う手配は、メールや電話で再確認するくらいの慎重さがあって もいいかもしれません

 

まとめ

メルカリでの無在庫転売は、資金の要らない転売ビジネスの入り口であると捉えて地道に励むことがよいのではないでしょうか。

アカウントの停止リスクがあることを常に意識しておくことも大切です。

今では、規制が厳しくなったメルカリを無在庫転売と相性がよくないと断言する方もいるようです。

しかし、メルカリは今後も伸び続ける将来性のある市場ですから、稼ぎよりも転売ビジネスの心構えを身に着ける場として臨めば意味があると思います。

月に8万円くらい稼げるようになると、ネットでお金を稼げるという感覚を掴むこともできます。

がんばって取り組んだメルカリの無在庫転売が足がかりとなり、あなたの転売ビジネスがさらに大きく飛躍していきますように…応援しています。