メルカリ転売

メルカリで無在庫転売する場合の商品の発送方法 Amazonの箱はNG

メルカリの無在庫転売で商品が売れた場合の発送方法

初期費用がかからずほぼノーリスクで始められることから、副業としてとても人気のメルカリ無在庫転売。

しかし、販売した商品を発送する際には細心の注意が必要です。

発送時に注意を怠ると、購入者を通じてメルカリ運営に無在庫転売がバレてしまい

・アカウントの停止

・圏外飛ばし(出品しても上位表示されない)

といった規約違反処分を受けることにも繋がりかねません。

「規約違反処分か…嫌だな」

「購入者に絶対バレない発送方法ってないかなぁ…」

そうですよね。

せっかく利益を上げやすく損をしないビジネスモデルで稼ごうというのに、ここでリスキーな選択をするのは避けたいところです。

結論からお伝えしますと、

「Amazonプライム配送に絞って仕入れを行う」

この方法で、限りなく安全に稼ぐことが可能です。

この記事では、

メルカリに出品

受注後Amazonを利用して商品仕入れ

購入者へ発送

上記の販路で気をつけるべき、商品発送時の注意点についてまとめてみました。

メルカリ無在庫転売を行うにあたり、リスクは最小限に抑えたい方

実際に商品が売れた時、発送はどんな方法で行うのが適切か悩んでいる方

こういった方は是非、この記事をご覧ください。

「やってはいけない事」と「やるべき事」を正確に把握することで、あなたもリスクゼロから副業をスタートさせることが出来ますよ。

 

メルカリで無在庫転売をする場合には発送に気を配れ!

 

発送に気を配るべき一番の理由は、

購入者にバレて通報されることを防ぐため

です。

中でも特に重要でみなさんに徹底していただきたいのが、Amazonロゴが入った箱の使用を避けることです。

 

Amazonの箱で商品を発送してはいけない理由

「せっかくAmazonで仕入れるのだから、ギフト設定にして購入者へ直送しちゃえば良いじゃないか」

「一度自宅を経由するにしても、送られてきたAmazonの箱はサイズがちょうどいいし、そのまま使えばいいや」

このようにお考えの方も中にはいらっしゃるかもしれません。

お気持ちはわかりますが、どちらも危険ですのでやめましょう。

安全に整備された歩道があるにも関わらず、自ら車道を歩くような行為は控えたほうが良いです。

以下、Amazonの箱で商品を発送してはいけない理由をご説明します。

 

無在庫転売であることがバレるから

Amazonから商品を直送してしまうと、高確率で購入者に無在庫転売であることがバレます。

メルカリで注文した商品の発送元がAmazonや会社名になっていたら、誰でも「怪しい」と思いますよね。

直送は一見メリットばかりのようにも思えるのですが、実際は背負うべきリスクが大き過ぎるので、やめておくのが賢明です。

【メリット】

・購入者の手元に商品が届くスピードが早い

・梱包の手間が省ける

・送料がかからない

・破損リスクが軽減できる(Amazonスタッフによる質の高い梱包)

【リスク】

・無在庫転売であることがバレる

・個人情報を無断で第三者(Amazon)へ渡すことになる

・購入者から質問が来た時に答えることが出来ない(目視しないと分からない細かい部分など)

これらを総合的に考え、結論として直送はやめましょう、ということになります。

たとえ自宅を経由するにしても、Amazonの箱を使用することは怪しまれる種を自ら蒔くようなものなので、やめておきましょう。

 

通報される確率が高まるから

無在庫転売がバレれば、当然通報される確率も高まります。

たとえ購入者がハッキリと無在庫転売を認識していなかったとしても、「あれ?おかしいな?」と思われた時点でほぼアウト、と思った方が良いでしょう。

何故ならメルカリには「メルカリボックス」という質問箱があり、疑問に思ったことを何でも気軽に相談できる環境が整備されているからです。

(ユーザーの質問に対しユーザーが答えてくれるYahoo!知恵袋のようなもの)

現に先日も、このようなやりとりを見つけました。

メルカリボックスより

通報されると運営側から調査が入り、即処分を受けるハメになるので注意が必要です。

 

リピーターになってもらえないから

たとえ運良く通報は免れたとしても、購入者から「なんかイヤだな」と思われた時点でリピート購入はありえません。

メルカリ出品者の多くは、リピーターを増やしたり良い評価を貯めるべく、梱包や発送にとても気を配っているもの。

そんな中、注文した商品がAmazonの箱で、いつも見ているAmazonの梱包で届いたとしたら…。

「あれ?」と思うと同時に、その時点で出品者に対し少なくとも良い印象は持ちませんよね。

中には「コレ、Amazonの買い物だったかな…?」と自身の購入履歴を確認し、そのタイミングで実際の(Amazonの)販売価格を知って不快な気持ちになる方もいるでしょう。

リピーターを増やすためには、購入者のちょっとした違和感も徹底的に排除する姿勢でいることをおすすめします。

 

メルカリで無在庫転売を行う際の発送方法

ここまでは主に、「やってはいけないこと」について述べてきました。

ここからは具体的に「やってほしいこと」を書いていきますので、発送方法に悩んでいる方は是非参考になさってください。

 

Amazonプライムで発注する

まず、仕入れ方法は

Amazonプライム配送で自宅宛

に限定するべきです。

自宅からの送料負担が発生することにはなりますが、それを加味してもこの方法をとるのがベストです。

理由をご説明するため、以下に【プライム】と【プライム対象外】それぞれの特徴をまとめてみました。

【プライム】

・早く届く(最短で当日、遅くても2日以内)

・全国どこでも送料無料

・破損リスクの軽減(Amazonスタッフによる質の高い梱包)

一言で言うと、安全。

見通しが立てやすい。

【プライム対象外】

・発送日が不確実(出品者任せ)

・送料は有料のことも多い

・そもそも無在庫出品で商品が届かない可能性がある(Amazonにも無在庫転売セラーは多数存在します)

一言で言うと、リスキー。

見通しが立てにくい。

比較してみると、リスクヘッジの観点からメルカリ無在庫転売に向いているのは圧倒的に前者である、ということがお分かりいただけるかと思います。

メルカリではユーザーを不安にさせないよう、商品の注文から到着まで、比較的頻繁なメッセージのやりとりを推奨しています。

自宅宛のプライム配送であれば、発送予定日やその他質問にも自信をもって答えることができますよね。

プライム会員(年会費3,900円)になることが前提条件ではあるものの、このメリットを活用しない手はないと思います。

 

Amazonの箱から別の箱にうつす

しつこいようですが、ここは是非とも徹底していただきたいところです。

無在庫転売を疑われる原因となりますのでやめましょう。

今はユーザーもどんどん知識をつけてきています。

違反の確信には至らずとも、「とりあえず通報しておこう」というユーザーも一定数いますので、できる対策はきちんと講じて怪しまれないようにしましょう。

 

メッセージなどを添える

メルカリで買い物をしたことがある人ならお分かり頂けるかと思いますが、メルカリには

出品者がメッセージを一言添えて商品を送る

といった独自の文化があります。

個人間取引のフリマアプリだからこそ生まれた、顔を合わせぬ購入者に気持ちよく受け取ってもらうための「気遣い」ですね。

メッセージは、何も手書きでなくても良いのです。

フォーマットを作り、事前にまとめてお礼の挨拶を印刷しておけば、発送の際それを入れるだけでOKです。

是非、逆の立場だったらあなたはどう感じるか?ということを、ちょっとだけ立ち止まって想像してみてください。

一言添えられていればそれだけで安心できますし、内容によってはほっこり幸せな気持ちになることだってあるかもしれません。

メルカリは、顔も素性も知らない赤の他人同士の売買プラットフォーム。

このメッセージがあるとないとでは、購入者があなたに抱く印象は全く違ってきますので侮れません。

 

まとめ

ここまで気を配って発送を行えば、購入者に無在庫転売を疑われ通報される、ということはそう起こらないはずです。

発送時の少しの気配りが、通報されるリスクを減らし、リピーターを増やすチャンスを生みます。

せっかく無在庫転売にチャレンジするのですから、しっかりアカウントを守って賢く稼いでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。