メルカリ転売

メルカリアカウントの無期限利用停止(垢BAN)から復活できるのか

【重要】メルカリ事務局です。

ドキッとした方はおそらくこの文面を目にした事があるのだと思います。

メルカリで稼いでいる方にとってアカウントのペナルティは大きな痛手ですよね。

これは無在庫転売など、明らかな規約違反をしている出品者だけの問題ではありません。

ブランド商品を偽物と知らずに販売してしまい、購入者の通報によってアカウント無期限利用停止のペナルティを受けてしまうケースもあります。

メルカリ事務局の判断によってはアカウント削除(強制退会)といったさらに重いペナルティを受ける可能性もあるでしょう。

普通に販売をしていたつもりなのに突然アカウント停止を告げるメッセージが届いたら

「えっ…なんで?」

とパニックになってしまいますよね。

副業を一つ失ってしまったと絶望している方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、まずは深呼吸をして気持ちを落ち着けましょう。

諦めるのはまだ早いです。

メルカリを続けていく方法がないわけではありません。

・アカウントの復活

・メルカリに再登録

この二つの道がまだ残されています。

停止されたアカウントを復活できる可能性はかなり低いですがゼロではありません。

違反理由や事情よっては、メルカリ事務局も再考してくれる可能性はあります。

まずはそれに賭けてみましょう。

もしアカウントの復活をしてもらえなかったとしても、まだメルカリに再登録するという道があるので安心してください。

この記事を読めばメルカリアカウントのペナルティや再登録の仕方について全てわかります。

これからもメルカリで稼ぎたい

もう垢BANに怯えたくない

という方はぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

正しい理解と正しい対処をすれば、これからもメルカリで稼ぐことができるでしょう。

メルカリアカウントのペナルティの種類

メルカリアカウントのペナルティは違反の程度によって様々です。

まず、自分が受けたペナルティの種類を理解しましょう。

アカウント一時停止

比較的軽い違反や初犯に対する警告の意味合いが強いペナルティです。

メルカリ事務局からの個別メッセージに

「24時間の利用制限を行わせていただきました」

というような記載がされていたらそれはアカウントが一時停止されたということです。

上記の場合、24時間は購入・出品といった取引やコメントのやり取りをすることができません。

このペナルティを受けてしまったとしても指定の時間だけ待てば解除されるので、そこまで悲観的になる必要はありません。

メルカリから休暇をもらったと前向きに考えましょう。

久しぶりに趣味を楽しむ時間ができましたね。

アカウント無期限利用停止

こちらは無期限という名前の通り、再開の見込みはない利用停止です。

一時利用停止と同じく購入・出品やコメントができなくなります。

ただし売上金が残っている場合、それを受け取ることはできます。

鬼の目にも涙、といったところでしょうか。

そもそも鬼にならないでもらえると助かりますよね。

この無期限利用停止は、後に解説する強制退会に次いで重いペナルティです。

ただ、無期限利用停止と強制退会の基準は明確には示されていません。

事務局の判断で行われるので同じ違反でも処罰が変わることもありえます。

例えばブランド物を出品した際、

・9個が本物、1個が偽物 →アカウント無期限利用停止

・9個が偽物、1個が本物→アカウント削除

事務局がこのような判断をする可能性もあるということです。

圏外飛ばし

出品したばかりの自分の商品が

・上位に表示されない

・検索しても出てこない

といったケースがあります。

利用停止とは違い個別にメッセージは届きませんが、これもペナルティの一つと言われています。

短期間で大量に出品をするなど、特定の条件を満たすとこのペナルティを受ける可能性があるようです。

ただこれは憶測でしかありません。

なぜならメルカリ事務局が明確な基準を示しているわけではないからです。

そのため解除条件もわかっておらず、数日後には元に戻っているケースもあります。

圏外飛ばしになってしまった時は、まず自分の出品に問題がなかったかを考えてみましょう。

例えば、恋人の機嫌が悪い時に

「何か怒らせるようなことしちゃったかな…」

と自分の行動を振り返りますよね。

それと同じです。

自分の悪かった点を考え、それを正すようにするといいですね。

そうすれば後は時間が解決してくれるでしょう。

アカウント削除(強制退会)

これが最も重いペナルティです。

利用停止とは異なり、アカウント自体が削除されてしまいます。

ログインもできないため、当然今までの売上金を受け取ることもできません。

一時利用停止を何度も受けるなど、警告に従わずに違反を繰り返すとこのペナルティを受ける可能性があります。

その場合にはアカウントを復活することは不可能と考えていいでしょう。

先の恋人の例で言えば完全な破局です。

よりは戻せません。

下記の方法で新しいアカウントを作りましょう。

アカウント停止からの復活方法

アカウント無期限利用停止されてしまった時は

・事務局に謝罪をし、アカウントの復活をお願いする

・アカウントを再登録する

この二つの方法を使いましょう。

まずは、メルカリ事務局への問い合わせです。

誠心誠意、謝罪をしましょう。

事情や誠意が伝わればアカウントを復活してくれるかもしれません。

復活をしてもらえなかった場合にはアカウントの再登録が必要です。

しかし、再登録も簡単にできるものではありません。

言ってみれば別人になる必要があります。

・IPアドレス

・電話番号

・住所

・クレジットカード

・銀行口座

これらの情報を全て変更しなければなりません。

一つでも一致してしまうとペナルティを受けたアカウントと同一人物とみなされ、登録ができません。

この中で一番変更が難しいのが電話番号ですね。

そこで、格安のSIMカードを使う方法があります。

SIMカードとは電話番号など、データ通信や通話をするための情報が詰まったカードと考えてください。

・UQモバイル

・mineo

・LINEモバイル

こういった大手携帯キャリア以外の会社からであれば、SIMカードを格安で手に入れることができます。

・格安SIM

・ヤフオクなどで購入した携帯端末

これらを使えば電話番号の問題は解決します。

アカウント停止にならない為の対策

アカウントを再登録しても再び停止されたら意味がありません。

ペナルティを受けないための対策をみていきましょう。

出品頻度が高くなり過ぎないようにする

メルカリではツールを使用した大量出品を規制しています。

そのため、ツールを使っていなくても出品頻度が高いだけでペナルティを受けてしまう可能性があります。

過度な出品をせず、多くても一日50品程度に留めるのが良いと思います。

こちらも基準はないため注意しながら出品しましょう。

再出品を繰り返さない

出品したばかりの商品は検索結果の上位に表示されます。

しかし、時間が経つにつれて自分の出品した商品は埋もれていってしまいますよね。

その対処として、出品した商品を削除して再出品する方法があります。

芸能人がテレビで

「自分が表紙になっている雑誌を見かけて、目立つ位置にこっそり移動した」

というエピソードを語っていればかわいいと言われそうですが、メルカリではそうはいきません。

削除と再出品を繰り返すとツールを使った自動出品とみなされる可能性があります。

こちらも頻度に気を付けながら行うようにしましょう。

規約を守ることが前提

アカウント停止にならないためにはまずメルカリを理解することが大切です。

規約に沿って普通に取引をしていればペナルティを受けることはまずありません。

メルカリには

・商品画像の無断転載

・スパム行為

・禁止商品の出品

など様々な禁止行為がありますが、知っていれば回避できるものばかりです。

まずはメルカリの規約をしっかりと読んでから慎重に出品するものを決めましょう。

まとめ

今回の記事ではアカウントの復活方法を扱いました。

しかしアカウントを復活させることよりも、復活させた後の方が大切です。

メルカリを安心して利用できるように規約に沿った健全な取引を心掛けましょう。

メルカリのアカウントの作り直しは不可能 電話番号を変更しても無理メルカリのアカウントの作り直しについて解説を行います。メルカリでは一人一つのアカウントを作ることができ、一人で複数のアカウントを所有することが出来ません。一度退会をしたとしても、再登録という扱いになります。もし無期限停止処分や削除対応などに遭った場合には作り直しが出来ない為、十分に注意が必要です。...
メルカリの複数アカウントの作り方と2つ以上取得する場合の注意点メルカリで複数アカウントを作りたいあなたへ。メルカリで転売を行う場合にはリスクヘッジが必要です。一つのアカウントを運用するよりも、複数のアカウントを持っていた方が都合が良いです。あなたも複数のアカウントを持って、転売での利益を上乗せしていきましょう。...
メルカリで複数アカウントを家族で持つのは違反?同じ住所での登録や共有の注意点まとめメルカリでは、複数のアカウントを所持することは規約違反とされています。 複数アカウントの所持がバレると、アカウントの無期限停止や退...