メルカリ転売

メルカリで複数アカウントを家族で持つのは違反?同じ住所での登録や共有の注意点まとめ

メルカリでは、複数のアカウントを所持することは規約違反とされています。

複数アカウントの所持がバレると、アカウントの無期限停止や退会処分などの重いペナルティを課される可能性が高いです。

そこで気になるのが、同じ住所に住む家族のアカウントについてです。

「妹がメルカリを始めたいと言っているけど、私と同じ住所で登録をしても大丈夫?」

「自宅のWi-Fiで家族もログインしたら、複数アカウントって思われないかな」

複数アカウントのペナルティが厳しい分、不安になりますよね。

でも、安心してください。

同じ住所であっても、家族それぞれがアカウントを所持することは問題ありません。

禁止されているのは1人で複数のアカウントを所持することだからです。

ただ、家族でメルカリを利用する場合は、注意点が幾つかあります。

思わぬことで同一人物とみなされて複数アカウント所持違反の通知を受ける人が後を絶ちません。

また、アカウントの共有や家族間での取引は禁止行為となっています。

そこで、この記事では、家族でメルカリを楽しむために知っておくべきことや、注意点をまとめました。

・同居の家族がこれからメルカリを始めようとしている方

・家族もメルカリアカウントを持っている場合、何に注意すべきか知りたい

こういった方は、是非この記事を読み進めてください。

どういった場合に規約違反になるかを理解し、家族で快適にメルカリを楽しんでいきましょう。

メルカリで複数アカウント所持は違反

メルカリでは、1人で複数のアカウントを所持することは規約違反です。

複数アカウント所持は、メルカリの利用規約で禁止されています。

メルカリ利用規約

第4条ユーザー登録及びアカウント情報

2.複数登録の禁止

ユーザー及びユーザー登録をされようとする方(以下併せて「ユーザー等」といいます)は、複数のユーザー登録を行うことができないものとします。

引用:メルカリ利用規約

 

メルカリガイドの「禁止されている行為」でも表記されています。

メルカリガイド

禁止されている行為(その他)

複数のアカウントを所持(登録)すること

引用:メルカリガイド「禁止されている行為」

 

メルカリは、1人につき1アカウントです。

1人でスマホを3台持っている場合も、メルカリのアカウントは1つしか持つことができません。

それぞれのスマホ端末でアカウントを作るのは複数アカウント違反になります。

所持しているスマホの数は関係なく、1人につき1アカウントということです。

ちなみに、ヤフオクでは、1人で複数のアカウントを所持することは許可されています。

ヤフオクでは大丈夫だったからと、知らずにメルカリで複数のアカウントを作ってしまって、規約違反とならないように注意が必要です。

複数アカウントとは?

複数アカウントとは、文字通り、1人で複数(2つ以上)のアカウントを所持(登録)することを言います。

アカウントが複数あれば、出品する商品を増やしてガンガン稼げる・・・そんな理由で、メルカリで複数のアカウントを作って利用する転売屋が横行していた時期がありました。

中にはヤフオクで、他人のアカウントを購入する転売屋などもいます。

メルカリもこういった転売屋の取り締まりを強化したことで、2019年の現在、複数アカウントを所持して稼ぐ方法はとても厳しくなっています。

そして、複数アカウントの監視が厳しくなったことで、違反をしていない家族のアカウントが複数アカウントとみなされて利用停止となる例が最近になって増えてきているのも事実です。

複数アカウント所持が違反となる理由

メルカリが複数アカウントの所持を規約違反としている主な理由は、市場の安定化を図るためです。

もし複数アカウントの所持を容認すると、下記のように一部ユーザーから悪用されてしまう恐れがあります。

・自作自演の値下げ交渉等により、公正な取引が出来なくなる

・自作自演の高評価稼ぎ、招待ポイント稼ぎが乱立する

・裏アカ(捨てアカ)を使い、ストレス発散の誹謗中傷コメント、いたずらなやりとりが増える

こうした弊害によりアプリの良さが失われると、マーケットはどんどん衰退してしまいます。

多くの人が楽しめる平和な取引を守るため、運営側がルールを課し、取り締まっているのですね。

複数アカウント所持違反は無期限停止の可能性

複数アカウントの所持違反が見つかると、「無期限停止」の重い処分を受ける可能性が高いです。

この処分を言い渡された場合、該当アカウントは問答無用で利用停止となります。

・現在出品中の商品がすべて削除される

・コメント、購入、出品といったすべての操作が出来なくなる

・同一の電話番号で再登録が出来なくなる

このように、メルカリの機能の殆どすべてが使えなくなってしまいます。

進行中の取引に限り継続して行うことができますが、完了後は一切の操作ができません。

一度アカウントを失うと復活させるのは本当に大変なので、複数のアカウントを作るのは絶対にやめましょう。

メルカリで家族で複数アカウントを持つのはOK

メルカリで、家族がそれぞれアカウントを持つことは複数アカウント違反には当たりません。

メルカリの原則は1人1アカウントであり、1家族1アカウントではないからです。

同じ住所で家族それぞれのアカウントは持てる

メルカリでアカウント登録時の住所が同じであっても、複数アカウントにはなりません。

これがもしNGだったらなかなか大変ですよね・・・。

例えば、ご主人の趣味がゴルフだった場合を考えてみましょう。

「もう不要だから出品して」と言われ、メルカリをやっている奥様のあなたがゴルフクラブを出品することになりました。

フリマアプリという性質上、商品に興味を持ったユーザーからは細かい質問が寄せられることがよくあります。

その度にご主人をつかまえてあなたが仲介役になるのは、面倒ですよね。

かといって中途半端な返信をしてしまって、後々、お客様とトラブルになるのも問題です。

旦那には旦那のスマホでメルカリのアカウントを作ってもらって、責任を持って出品・販売をしてもらうのが正しいですよね。

家族でのアカウント共有はNG

そもそも、家族のものでも「本人以外が代理で出品する」ことを、メルカリは禁じています。

メルカリガイド「禁止されている行為」

出品

・出品者とは別の第三者の商品を代理で出品すること

引用:メルカリガイド「禁止されている行為」

 

本人の所有物以外、誰であろうと出品することを禁止しているんです。

つまり、家族で共有のアカウントを持つことの方が違反なんです。

自分の物は自分で管理し、自分で出品しましょうというのがメルカリのルールです。

同一住所であっても、家族それぞれがアカウントを登録し、メルカリを利用していきましょう。

同じ住所で家族がアカウントを作る時の注意点

同じ住所で家族がアカウントを作ることは違反ではないのですが、注意点が幾つかあります。

家族の場合、メルカリから同一人物による複数アカウント所持とみなされることが多いからです。

背景には、複数アカウントを利用して稼いでいた転売屋の取り締まりが厳しくなったことがあります。

「疑わしきは罰せず」という言葉がありますが、メルカリにおいては、疑わしいものは容赦なく罰されます。

家族のアカウントが、同一人物による複数アカウント所持と疑われることが無いよう、これから紹介する注意点をしっかり理解していきましょう。

複数アカウントとみなされない注意が必要

メルカリの運営に、複数アカウントとみなされないよう注意を徹底することが大切です。

同一人物とみなされる代表的な要素として、下記の6点が考えられます。

・アイコン

・ネーム

・フォローユーザー

・プロフィールの書き方

・商品説明の書き方

・掲載写真

これらの項目に類似点が多いと、メルカリ運営側からチェックが入りやすいです。

仲良し家族なので同じアイコンを使っていた、いちいち文章を考えるのが面倒なので、娘の商品説明をコピペした、こういった行為が同一人物による複数アカウント所持とみなされる原因になります。

また、プロフィール欄などでのアカウント紹介にも気をつけましょう。

例)こちらは、アクセサリーアカウントです。

こういう書き方をすると、「私は他にもアカウントを持っている」と捉えられてしまう可能性があります。

思い当たる箇所がある場合はすぐに訂正しましょう。

同じスマホ(端末)での登録はNG

メルカリでは、同じスマホ(端末)から複数のアカウントを登録することは出来ません。

登録しようとすると、エラーが出て先に進めないようになっています。

これはメルカリ側で、それぞれの端末の個体識別番号を記録し、管理しているためです。

過去に使っていたスマホ端末にも注意が必要です。

例えば、ある家族で、お姉さんがスマホを使いメルカリを利用していたとします。

お姉さんが新しくスマホを買うことになり、妹にお下がりのスマホをあげることにしました。

この場合、妹は、もらったスマホで新規のメルカリアカウントを作ることは出来ない、ということです。

(アプリをアンインストール後、再インストールしてもだめです)

新規にアカウントを登録したい場合は、過去に一度もメルカリに登録したことがない端末が必要です。

SIMカードを入れ替えただけでは登録できませんので、注意しましょう。

同じ口座での登録NG

メルカリに登録する銀行口座は、必ず本人名義の口座である必要があります。

個人情報と口座情報が一致しないと、売上金を引き出すことはできません。

つまり、家族のメルカリでの売上げを同一口座に振り込むことは不可能です。

反対に言えば、同じ住所の家族であってもそれぞれ名義の銀行口座を登録することで別人であることの証明になります。

家族が新規でアカウントを作成した場合、売上げがまだなくても銀行口座の登録をしておくことで、同一人物と疑われるリスクを低くすることができます。

家族共有のタブレット等でのログインはNG

家族で共有しているタブレット等でのログインは、絶対にやめましょう。

ログイン記録から同一人物の複数アカウントとみなされる可能性があります。

複数アカウントを所持していると判断されれば、おそらく一発アウト(強制退会)でしょう。

メルカリは、ログイン時の端末情報やネット回線(IP情報)など、すべてを記録しています。

Aの端末 → Aのアカウントにログイン

Bの端末 → Bのアカウントにログイン

このように、アカウントごとに完全に切り離して利用するのがおすすめです。

くれぐれも共有タブレット等からのログインはしないよう、気をつけましょう。

家族間での購入はNG

メルカリでは、家族間での購入を規約で禁止しています。

メルカリガイド「禁止されている行為」

取引

・商品の出品者自身や親族、その他関係者などが購入すること

引用:メルカリガイド「禁止されている行為」

 

禁止の理由は、以下のような不正や悪用を未然に防ぐためです。

・送料の節約に使われる

・マネーロンダリングに使われる

・取引相手を特定した出品方法になる

・ポイントの移行や高評価稼ぎに使われる

不正の意図は無かったとしても、禁止行為をしてしまったらペナルティを課せられても文句は言えません。

規約は事前にきちんと理解するようにしましょう。

まとめ

メルカリでは、登録住所が同じでも、家族がそれぞれのアカウントを持つことが可能です。

しかし、最近の複数アカウント所持ユーザーへの監視の厳しさから、家族のアカウントが同一人物による複数アカウントとみなされる危険が高いので注意をする必要があります。

気を付けるべきポイントをしっかり理解し、違反とみなされないように利用していきましょう。