メルカリ転売

メルカリの発送元とは?自分の住所を伏せて匿名配送する方法と注意点

メルカリで取引をするためには、発送元を登録する必要があります。

メルカリにおける発送元とは「商品を発送する人の住所」のことですが、

「個人情報は伏せたいな…」

「適当な住所を入力しちゃおうかな」

このように自らの個人情報を守りたいという方もいらっしゃると思います。

たしかに、取引相手とはいえ見知らぬ他人に個人情報が伝わってしまうのは少し怖いですよね。

しかし、メルカリではそういった心配は不要です。

メルカリには匿名配送というシステムがあり、自分の住所を伏せて商品を発送することができるからです。

配送方法で「ゆうゆうメルカリ便」もしくは「らくらくメルカリ便」を選択すると匿名配送にすることができます。

ただし、匿名配送を利用する場合であっても発送元には必ず正しい住所を入力しましょう。

荷物の不着などといったトラブルが起きたときに、商品の返送ができなくなってしまうからです。

この記事では匿名配送の方法や注意点について解説しているため、

個人情報を知られるのが嫌でメルカリを使うのを躊躇していた方

規約違反やトラブルを回避したい方

こういった方にもおすすめです。

匿名配送を活用することで、出品者だけでなく購入者にも安心感が生まれ、お互いにとってより良い取引が出来るようになりますよ。

 

メルカリの発送元とは自分の住所のこと

メルカリの発送元とは自分の住所のことであり、メルカリを利用するときには必ず登録しなければなりません。

メルカリのアプリを開き、

「マイページ」 → 「個人情報設定」 → 「発送元・お届け先住所」

と進むと発送元住所の登録や変更をすることができます。

ここで登録する住所は商品を購入した時のお届け先にもなっているので必ず正しい情報を入力しましょう。

また、通常は商品を発送する際の送り状にも自分の住所を記載する必要あります。

メルカリガイドの「取引における迷惑行為について」という項目をみると

差出人を記載せずに発送すること

(引用元:メルカリガイド-取引における迷惑行為について )

というように発送元を記載せずに発送することを迷惑行為とした上で、

迷惑行為を確認した場合、警告や利用制限を行うケースもありますので、十分ご注意の上、お取引いただきますようお願いいたします。

(引用元:メルカリガイド-取引における迷惑行為について )

このように記載されており、メルカリにおいては違反にあたる行為であることが分かります。

その為、発送元を伏せて配送したい場合には次に解説する方法を使いましょう。

 

メルカリで発送元の自分の住所を伏せて配送する方法

メルカリには購入者に自分の住所を知らせずに発送できる「匿名配送」という方法があります。

これにより、自身のプライバシーを保護したいという方でも安心して取引をすることが可能です。

匿名配送の仕組みや利用方法について見ていきましょう。

 

匿名配送とは

匿名配送とは、出品者と購入者が互いの氏名や住所を知ることなく取引ができるシステムのことです。

匿名配送の発送手続きでは出品者が送り状を印刷しますが、この段階では購入者の情報は二次元コードで暗号化されており、出品者が購入者の個人情報を知ることはできません。

発送手続き後に配送業者が二次元コードを読み取り、ここで初めて購入者の住所が記載された宛先ラベルを作成されます。

先ほどとは反対に、この宛先ラベルには出品者の個人情報は記載されていません。

このように商品を配達する業者だけが個人情報を把握できるシステムが「匿名配送」です。

 

匿名配送を利用するには

匿名配送を利用するにはまず、匿名配送に対応している配送方法を選択する必要があります。

具体的には

・ゆうゆうメルカリ便 → 郵便局のサービス

・らくらくメルカリ便 → ヤマト運輸のサービス

この2種類からどちらかを選ぶことになります。

例えばゆうゆうメルカリ便を選択している商品が売れた場合には、

1.取引画面で郵便局かコンビニのどちらから発送するかを選択して二次元バーコードを発行する

2.商品を梱包し、郵便局かコンビニに持ち込む

3.発行した二次元バーコードを読み取って送り状を発行する

以上のような手順で匿名配送をすることができます。

 

匿名配送にするための注意点

状況によっては、匿名配送にしたくてもできないというケースもあるため注意しましょう。

匿名配送が利用可能なのは、商品が購入された時点の配送方法がゆうゆうメルカリ便、らくらくメルカリ便のどちらかである場合だけです。

つまり、配送方法を「未定」にして出品し、そのまま商品が購入されてしまったような場合には、匿名配送を利用することはできません。

商品が購入される前であれば

未定 → らくらくメルカリ便

などのように配送方法の変更をすることで匿名配送が適用されます。

 

匿名配送でも取引手続きに発送元の住所登録は必要

匿名配送を使う場合でも発送元の住所は登録する必要があり、未登録の場合には商品の発送をすることができません。

万が一、荷物の不着などといったトラブルが起こった場合に商品の返送先が必要になるからです。

発送元を登録しても匿名配送であれば購入者に伝わることはないので安心してください。

メルカリで取引を行う前にマイページから発送元住所を登録しておくと良いでしょう。

 

匿名配送以外で発送元住所を書かないのは違反

メルカリ便の匿名配送を使わず、普通郵便などで発送する際には発送元住所を必ず記載しなければなりません。

メルカリガイドに違反する行為であるため、発覚した場合には事務局から警告や利用制限を受けてしまう恐れもあります。

届いた商品の発送元が空白であることを購入者が不審に思い、クレームや低評価に繋がってしまうこともあるかもしれません。

住所を伏せて発送したい場合には必ず今回ご紹介した匿名配送を利用するようにしましょう。