ヤフオク転売

ヤフオクは直接の銀行振込禁止 ヤフー簡単決済で利用する方法と注意点

2018年3月1日に行われた仕様変更により、現在のヤフオクでは取引相手に対する直接の銀行振込は禁止行為とされ、商品代金の支払い方法はヤフーかんたん決済のみに限定されています。

そのため、ヤフオクを初めて利用する方や、久しぶりに利用する方は

「それって改悪なんじゃないの?」

「使い慣れている銀行振込で取引したいんだけど…」

このように感じてしまうかもしれません。

これは非常に勘違いしやすい点なのですが、支払い方法が以前と少し異なるだけで、銀行振込が完全に使えなくなったというわけではありません。

ヤフーかんたん決済を経由すれば、現在でも銀行振込での支払いは可能です。

この仕様変更には出品者と落札者の間で起こるトラブルを防止する目的もあるため、決して改悪ではなく、むしろ以前より安心して取引ができるようになっています。

このように時代や状況に応じて規約やルールが変わることは、どんなサービスでもありえることです。

今まで当たり前にしてきたことがある日突然、規約違反に該当する行為になってしまうこともあります。

知らずに違反をして、アカウント停止などのペナルティを受けることがないように、利用する側も正しい知識を身につけ、柔軟に対応するようにしましょう。

この記事では、現在のヤフオクで銀行振込を利用する方法や注意点などを紹介しているので

規約違反をしたくない

取引相手とのトラブルを避けたい

これからヤフオクを使い始めたい

このような方はぜひ参考にしてみてください。

自分が出品者、落札者のどちらの立場になった場合でも、きちんとルールを守り、健全な取引を心がけましょう。

ヤフオクが直接の銀行振込を禁止へ

現在のヤフオクでは、取引相手の銀行口座へ商品代金の振込をすることは禁止されています。

ヤフオクのガイドラインを見ると

A.出品者の禁止行為

(中略)

23. Yahoo!かんたん決済以外の決済手段を用いること(以下の場合を除く)
(1) 特定カテゴリの取引
(2) ギフト券、興行チケット、携帯電話本体、カーナビの取引
(3) その他当社が認めた場合

【引用元:ヤフオク!ガイドライン細則

E.入札やご利用についての禁止行為および注意事項

(中略)

6. 当社が指定する決済手段以外の取引を行うこと、また誘引することを禁止します。
7. 当社が認めた決済手段を利用しない取引後のトラブルについては、出品者、落札者を問わず、未着・未入金トラブルお見舞い制度の対象外となりますのでご注意ください。

【引用元:ヤフオク!ガイドライン細則

このように、出品者側だけではなく入札する側も、ヤフオクが指定する以外の方法で支払いを行うことは禁止されています。

ヤフオク規約変更はいつから?

この仕様変更は2018年3月1日午後0時より行われました。

既に1年以上が経過していますが、今でも直接の銀行振込での取引を希望する記載や出品者からの要求がある可能性はあります。

仕様変更を知らないだけかもしれませんし、やましい気持ちがあるのかもしれません。

ただ、どちらにしてもガイドライン違反であることには変わりはありません。

そういった場面に遭遇したときには絶対に応じないようにしてください。

銀行振込が禁止になった理由

取引トラブルの防止を目的として、直接の銀行振込が禁止されました。

例えば

・商品を発送したのに落札者が支払いをしてくれない

・口座に商品代金をを振り込んだのに商品を送ってこない

このようなトラブルです。

支払い方法がヤフーかんたん決済に限定されたことで、出品者と落札者の間に必ずヤフオクが介入することになるため、商品代金の支払いに関するトラブルを防止できるようになりました。

かんたん決済以外が使えるカテゴリ

ヤフオクの支払い方法は基本的にはヤフーかんたん決済のみとなりましたが、実はかんたん決済以外が使えるカテゴリも存在します。

ヤフオクのヘルプによると

特定カテゴリ
・自動車、オートバイ > 中古車・新車
・自動車、オートバイ > トラック、ダンプ、建設機械 > 車体
・自動車、オートバイ > バス > 車体
・自動車、オートバイ > キャンピングカー(車体)
・自動車、オートバイ > 部品取り車
・自動車、オートバイ > オートバイ > オートバイ車体
・スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体 > セーリングボート
・スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体 > バスフィッシング用ボート
・スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体 > モーターボート
・スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体 > 水上オートバイ

上記のカテゴリは、Yahoo!かんたん決済に加え、銀行振込(出品者の銀行口座に直接振り込む)などほかの支払いを設定できます。

(中略)

一部のカテゴリ
・ 自動車、オートバイ > カーナビ
・ 家電、AV、カメラ > 携帯電話、スマートフォン > 携帯電話本体
・ チケット、金券、宿泊予約 > ギフト券
・ チケット、金券、宿泊予約 > 興行チケット

上記のカテゴリに出品する場合、Yahoo!かんたん決済または代引きどちらかを設定できます。

【引用元:ヤフオク!ヘルプ

以上のように一部例外が認められています。

逆に言うと、上記以外のカテゴリにおける支払いでは、ヤフーかんたん決済のみが認められており、他の方法を利用するのはガイドライン違反となります。

かんたん決済で銀行振込を利用する方法

出品者の銀行口座に直接お金を振り込む事はできなくなりましたが、ヤフーかんたん決済を利用すれば、銀行振込で支払いをすることは可能です。

振込先は出品者の口座ではなく、取引ごとに発行される専用の振込口座です。

具体的には

1.取引ナビで、「Yahoo!かんたん決済で支払う」を押す

2.支払い手続きページで「その他」→「銀行振込」と選択する

3.「確定する」を選択すると発行される振込先口座にお金を振り込む。

このような流れで銀行振込を行います。

振込先の金融機関はジャパンネット銀行と決まっていますが、支名や口座番号については取引ごとに異なるので注意しましょう。

また、口座名義も出品者の名前ではなく

・ヤフー[振込金額]エン

このようになります。

例えば、振込金額が1,000円だった場合には「ヤフー1000エン」になるということです。

かんたん決済で銀行振込を利用する際の注意点

ヤフーかんたん決済で銀行振込を利用する際にはいくつか注意点があります。

ヤフオクの支払いで銀行振込の利用を考えている方は覚えておきましょう。

ヤフオクストアでの利用はできない

商品をヤフオクストアで落札した場合は、ヤフーかんたん決済経由での銀行振込を利用することはできません。

ヤフオクストアとは、ヤフー公認の法人や個人事業主のことです。

ヤフオクストアが出品している商品にはストアアイコンが表示されているため、銀行振込を希望している方は、これらの商品は落札しないようにしましょう。

支払い内容の確定後は変更・キャンセル不可

銀行振込を選択して振込先口座が発行されると、他の支払い方法に変更することや自分でキャンセルすることはできなくなります。

代金の振込前にキャンセルをしたい場合には、振込先口座の有効期限が過ぎるのを待たなければなりません。

有効期限が過ぎると自動的にキャンセル処理がされます。

ただし、再度ヤフーかんたん決済を使うことはできません。

したがって、取引を続行する場合には出品者と支払い方法の相談をする必要があります。

その結果、出品者の銀行口座に直接振込を行うことになるかもしれません。

やむを得ない事情によるものなので問題はないと思いますが、当事者間で十分に話し合い、さらにトラブルが起こらないように注意しましょう。

かんたん決済の支払期限に注意

ヤフーかんたん決済には支払い方法に応じて、支払い期限が定められています。

銀行振込の場合

・振込先口座の発行は、落札日から5日以内

・支払いは、振込先口座の発行から5日以内

このようになっています。

この支払い期限を過ぎてしまうと、ヤフーかんたん決済では支払いができません。

取引メッセージで出品者と相談して支払い方法を決めましょう。

まとめ

現在のヤフオクでは出品者の銀行口座に直接代金を振り込む方法は禁止されています。

銀行振込を利用したい方は、必ずヤフーかんたん決済を経由して行いましょう。

ヤフオクを通して代金のやり取りが行われるのでトラブルも起きにくく安心です。

ヤフーかんたん決済の支払期限が過ぎてしまったなど、やむを得ない場合は仕方ありませんが、もし正当な理由もなく、直接指定の口座に振り込んで欲しいと言われた場合には絶対に応じないようにしましょう。