ヤフオク転売

ヤフオクで評価されない場合の対処法 理由や予防策、催促はしていいの?

ヤフオクにおける「評価」は、ユーザーの信頼度を測るための重要な指標です。

特に出品者の場合は、落札者からの評価の数や質が売上に影響することもあるので、敏感にならざるを得ない部分です。

しかし、ヤフオクでの評価は強制ではないため、時には取引相手から評価されないこともあります。

「もしかして何か不満があったのかな…」

「初心者だし、評価が欲しいんだけど…」

「評価の催促ってしていいのかなあ…」

このように、せっかく取引が終わったのにスッキリしないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時、取引相手に対して評価の催促をすることは、決して悪い対処法ではありません。

ただし、評価をされない理由も様々であり、理由によっては催促が逆効果になってしまうこともあります。

まずは、この記事を参考にしながら取引を振り返り、相手に評価されない理由を考え、その上で適切な対処法を選択しましょう。

その他、相手に評価されやすくするためにとれる予防策についても解説しているので、

評価数を増やしたい方

悪い評価を付けられたくない方

評価される可能性を高めたい方

こういった方はぜひ最後までご覧ください。

評価の催促をするのか、それとも諦めるのか、慎重な判断と適切な対処をすることが、心に残るモヤモヤの解消に繋がります。

気がかりな点を払拭し、心置きなく次の取引に進めるようにしましょう。

ヤフオクでの評価は強制ではないがマナー

ヤフオクでの評価は強制ではありませんが、取引におけるマナーのひとつです。

これは当事者間だけの問題ではなく、ヤフオク全体として重要なことです。

例えば、落札した商品の梱包が雑で不快だった場合、その出品者に対してきちんと悪い評価を付ければ、他の落札者への注意喚起にもなります。

あるいは、出品者の意識が変わり、今後は丁寧に梱包するようになるかもしれません。

このように、利用者の一人一人が適切な評価をすることによって、全員が安心して取引ができる環境が作られていきます。

ヤフオクで評価されない理由とは?

ヤフオクで相手に評価されない場合、様々な理由が考えられます。

まずはその理由を考えてみましょう。

相手とのメッセージのやり取りや取引の流れを思い返すことで、理由を推測できることもあります。

評価するのが面倒

評価やコメントを考えるのが面倒で評価をしないという人もいます。

・商品や売上金が手に入ればそれでいい

・コミュニケーションが苦手

・ヤフオクを使う機会が少ないため評価はどうでもいい

このようなタイプは自分から評価をする可能性が低いため、評価をもらいたい場合は催促をする必要があります。

評価するのを忘れている

相手が評価をするのを忘れている可能性もあります。

例えば

・評価システムがあること自体を忘れている

・あとで評価しようと思っていたが忘れている

このような場合です。

いずれにせよ、この理由であれば悪気はありません。

相手が思い出すのを待ち、それでも評価されなければ取引ナビで評価をお願いすると良いでしょう。

悪い評価をつけたくない(取引に不満がある)

取引に不満があるとき、あえて評価をしない人もいます。

・悪い評価をつけるのが申し訳ない

・悪い評価をつけると、自分にも悪い評価をつけられそう

こういった考えが生まれるからです。

取引を思い返し、相手に不満を与えるような事をしていないか考えてみましょう。

そして思い当たる節がある場合は、評価の催促を控えるのが賢明です。

催促をすることで、悪い評価を付けられてしまう可能性が高まるためです。

出品・落札した商品を知られたくない

出品や落札した商品を知られたくない人は「評価を付けられたくない、だから相手にも評価を付けない」という考え方をします。

例えば、転売をしていることを隠したい出品者です。

ヤフオクのユーザーの評価を見ると、過去に出品した商品に対する評価を一覧で見ることができるため、評価が残っていると出品傾向などから転売を疑われる可能性もあります。

そこで、落札者から評価を付けられる確率を少しでも下げるために、自分からは評価しない作戦をとるのです。

一方で、現在のヤフオクでは、落札で獲得した評価の一覧に関しては商品名が非公開となっていますが、その事を知らない人が、落札した商品を知られたくないという理由で評価をしない場合もあります。

たくさんの評価があるのでいらない

すでに十分な数の評価を獲得しているユーザーの場合、これ以上評価を増やす必要がないと考えることもあります。

つまり「自分は評価がいらないから、相手に対しても評価をしない」というスタンスをとるのです。

とはいえ、悪い評価を付けられたくはないはずなので、催促をすれば、評価をしてくれる可能性は高いでしょう。

ヤフオクで評価されない場合の対処法

ヤフオクで評価されない場合の対処法は大きく分けて

・評価の催促をする

・評価を諦める

この2つのどちらかです。

押すだけではなく、時には引くことも重要です。

取引ナビからお願い(催促)してみる

評価が欲しい場合、催促をすると意外とあっさり応じてもらえることがあります。

「この度はお取引いただきありがとうございました。商品は無事に届きましたでしょうか。もしよろしければ、お手隙の際にでも評価をしていただけると幸いです。」

というように、取引ナビから評価をお願いするメッセージを送るとよいでしょう。

評価を忘れているなど、些細な理由の場合には問題なく応じてくれるはずです。

ただし、あまりにしつこい催促は逆効果になりかねないため注意しましょう。

理由が悪い評価ならされない方がいい場合も

もし「取引に不満があるけど、悪い評価は付けたくない」という理由で評価をされていないのであれば、そのまま何もしない方がよいかもしれません。

催促をすることで、悪い評価を付けられてしまう可能性が高まるためです。

取引を思い返し、

・連絡が遅れた

・発送が雑だった

・商品に傷があった

など、思い当たる節がある場合には、評価を諦めるのも賢明な判断と言えるでしょう。

ヤフオクで評価されるための予防策(出品者)

あらかじめ、予防策を講じておくことで、ヤフオクで評価される可能性を高めることもできます。

特に評価が重要となる、出品者の立場から予防策をご紹介します。

入金/発送時に落札者に「非常に良い」の評価をする

入金を確認し、商品を発送したら落札者に対して「非常に良い」の評価をしましょう。

相手に評価をされたから自分もお返しに評価をしよう、と思うのが人の心理です。

早い段階で相手に対して「非常に良い」の評価をつけることで、自分も「非常に良い」の評価をもらえる可能性が高くなります。

商品と一緒に評価依頼のメッセージを入れる

商品を梱包する際、評価依頼のメッセージを入れておくのも良い方法です。

「この度は落札していただきありがとうございました。商品が到着しましたら、ヤフオクにて受取連絡と評価をしていただけると幸いです。」

このような簡単なメッセージを書いた手紙やポストカードを商品に同梱すると、相手に誠意が伝わり、評価をしてもらいやすくなります。

まとめ

ヤフオクでは、取引が終わっても相手から評価をされない事がありますが、これは大抵の場合、取引ナビから催促をすることで解決する問題です。

しかし、相手が取引に何らかの不満があった場合、催促がきっかけとなって悪い評価を付けられてしまう恐れもあります。

心当たりがあるときにはあえて催促をせず、評価されない道を選びましょう。