Amazon輸入

輸入ビジネスで気をつけたい電波法とは

電波法とは、電波を発生させるような機械や無線通信をするような
製品の製造・販売に対する法律になります。
電波というのは全て周波数によって管理がされていますが、
テレビやラジオ等は代表的な例ですが、ラジオやテレビ局は、周波数によって
どこの局がどの周波数で配信をするかなどが全て決まっています。

今のテレビやラジオは、リモコンでボタンを押せば直ぐに切り替わりますが
超アナログで、つまみを手動で回して
チャンネルの切り替えをしていました。

その後、製品の性能が上がるとともに、電波を使う物が
沢山増えてきました。

携帯電話が普及してきており、今では1人1台持つのは
当たり前になってきています。

また、、インターネットも一昔前では電話回線を
使用していましたが、WIFIが飛んでいて無料でインターネットを
使える所まで出来てきました。

そのほか、bluetooth製品は電波を使う事により
ケーブルなしでパソコンやタブレットからスピーカーや
キーボード・マウス等に接続する事が出来るように
なりました。

電波の周波数というのは無限に有るわけではなく
商品に使用できる周波数帯というのは限られています。

色々な商品で色々な周波数の電波が行きかうようになると
製品が誤作動を起こしたり、テレビやラジオが受信できなくなったり等の
トラブルが発生するため電波法によりメーカーや販売者等に
規制が加えられるようになりました。

対象製品は技適マークで管理

製品には電波法の規制条件をクリアしている証として議適マークが
貼りつけられるように義務付けられました。

ちなみに、電波法や技適マークというのは、世界基準の物ではなく
日本独自の法律で、日本の公的機関の承認が必要な物なので、海外の商品は
技適マークはありません。

国ごとに電波法のような法律が有り各国ごとで管理をしていますが
日本の法律に適用している商品はメーカー正規代理店がきちんとしたルートで
販売しているものだけになります。

電波法に該当する商品

amazonでの販売をご検討の方は、bluetooth機器、トランシーバー、スマートフォン
ラジコンは要注意です。

普通にebayやamazon.comで販売している商品は技適マーク無しの商品であると
考えて頂いて結構です。

アマゾンに出品した場合

技適マークの無い商品をアマゾンで販売する事は、規約違反になります。

amazonで販売した場合は、メーカーの正規代理店などがアマゾンに通報し
出品の取り下げを要求される事が頻繁に有りますのでご注意ください。

こうなると、規約違反による出品取り下げになるので、一発アウトです!

再出品などの対応は出来ないので一度自分の手元に引き戻しを
しないといけません。

amazonの返送はやった事が有る方は分かるかもしれませんが、
普通に返送依頼をかけると、1週間~10日程度の時間が掛ります。

勿論ですが、送料も負担しなければいけません。

その間の収入はストップしてしまいますので多少の手数料はケチらずに
マルチチャネルで発送する事をお勧めいたします。

間違っても返送した商品をまたアマゾンに再納品をする事だけは
辞めて下さい。
規約違反で最悪はアカウントが凍結されてしまう可能性が有りますので
くれぐれもご注意願います。
そして、amazonで販売する事が出来なくなるので、ヤフオクやメルカリなどで
売り抜けるしか無くなってしまいます。
商品ページを作ったり、お客さんとのやり取りなどが発生して手間も
増えてしまいますので余りお薦めは出来ません。

最後に

食品衛生法やPSEマークと同様で電波法に該当するような商品は
利益率が高い商品が多い傾向が有ります。

輸入禁止商品ではないので、普通に輸入する事が出来ますので
電波法を知らずに販売されているセラーさんが多いのではないかと
思いますが、amazonは特に規約違反になって販売する事が出来なくなり
その後の損失を考えたら非常に危険なので取り扱いはくれぐれも
避けるようにして頂ければと思います。